ATが6段化、「マツダRX-8」一部改良

2006.08.22 自動車ニュース

ATが6段化、「マツダRX-8」一部改良

マツダは、ロータリーエンジン搭載「RX-8」を一部改良し、2006年8月22日に発売した。

これまで4段だったATが一気に6段化(アクティブマチック付き)。ワイドレンジ&クロスレシオ化することによりスムーズな加速と静粛性、燃費の向上が図られた。これでトランスミッションは、5段MT、6段のMTとATというラインナップとなった。

さらに従来は「Type S」(6段MT)のみの設定であった6つの吸気ポートを持つエンジンをATモデルにも採用。吸気効率をアップさせ最高出力を5ps増の215psとするとともに、高回転域における伸び感を向上させたという。

またドライバーの操作情報(アクセルやブレーキペダル操作など)や車両の挙動(加速度、コーナリング状態など)から、シフトパターンを最適化するAAS(アクティブ・アダプティブ・シフト)のアップデートなども行われた。

価格は、253万500円から309万2250円まで。6段ATモデルは、8月22日に予約受注スタート、10月中旬発売というスケジュールが組まれる。

(webCG 有吉)

マツダ「RX-8」:
http://www.rx-8.mazda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RX-8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダRX-8スポーツ・プレステージ・リミテッド TypeS(6MT)【試乗記】 2005.1.27 試乗記 マツダRX-8スポーツ・プレステージ・リミテッド TypeS(6MT)
    ……315万円

    マツダのロータリースポーツ「RX-8」にドレスアップを施した特別仕様車「スポーツ・プレステージ・リミテッド」。発売当初以来の試乗となる『NAVI』編集部員の塩見智には、ある不安があった。


ホームへ戻る