【スペック】全長×全幅×全高=3815×1645×1440mm/ホイールベース=2490mm/車重=1080kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(90ps/6000rpm、12.8kgm/4000rpm)/車両本体価格=173.0万円(テスト車=同じ)

オペル・ヴィータSwing(4AT)【試乗記】

『筋金入りのプロ』 2001.02.21 試乗記 オペル・ヴィータSwing(4AT)……173.0万円オペル・ヴィータの国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面輸入される、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」のうち、Swingに自動車ジャーナリスト森慶太が乗った。

信用できる

先代ベクトラ以降、基本的にすべての日本仕様オペル車を試した経験からして、ここの会社の製品はフルチェンジすると必ず旧型比ガクッと一段(かもっと)よくなる。しかも、ほぼ全面的に。「旧型の、あの素晴らしい○○はナンだったの?」と思わすようなことがほとんどない。これはけっこう希有なことだ。
オペル車は何かが新しく出てくるたび確実に進化している。「今度はここをやってきたか」と確認できる箇所が必ずある。

車種や時期や、あるいは担当部署の違いによる出来不出来のバラつきがない。クルマのどこか一か所に突出してスゴい部分があったりはしないし、マニアを大喜びさせるようなクルマづくりも特にしていないが、しかし信用できる。なにより、筋金入りのプロである。

99%の人々に

今回のヴィータもまた同様、モデルチェンジで全面刷新。見て乗って納得。
特に各論でとりあげるべき点としては以下のごとし。

1.ブワブワしていた乗り味がパリッとした。
2.大味だった室内の品質感もパリッと向上。
3.トレッド拡大の効果もあってか、旧型のグラッとくる不安なロール挙動問題ほぼ解消。
4.「ショルダールーム80mm拡大」をまさに体感できる、室内の幅方向の余裕の大幅向上。
5.後席居住性充実度大幅アップ。天井こそ高かったが座席がちゃちだった旧型とは別モノ。
6.ちゃんと上げて使わないと違和感があり、したがって自然と安全度をアップさせる実に巧妙かつ親切な設計の後席用ヘッドレスト。
7.相変わらず同排気量の平均値より元気のいい、快活なエンジン。楽しく、かつ実用的。

さて結論。現在、内外問わずマーチ級実用車で私が自信をもってヒトに推薦できるクルマはプントELX かルーテシアかこれだ。後席を大人が使う機会の多いムキには、なかでもプントかヴィータ。そして、販売網その他のインフラを考えるとプントよりは断然ヴィータがイイ。

速い仕様が夏頃に入ってくるらしいが、とりあえず99% の人々には今ある仕様がベター、であると思われる。これまでの経験からして。

(文=森慶太/写真=河野敦樹/2001年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 新型オペルアストラ「CD」、日本発売(7/3) 1998.7.3 自動車ニュース 株式会社ヤナセは新型「オペルアストラCD」を7月11日より発売すると発表した。従来とはかなりイメージが変わったハッチバックボディが特徴的だ。価格は230.0万円だ。エンジンは新開発の1795cc4気筒DOHC16バルブユニットが搭載される。最高出力は115ps/5400rpm、最大トルクは17.3kgm/3400rpmだ。ギアボックスは電子制御4段ATとなる。ボディサイズは全長×全幅×全高=4110×1710×1420mmで、ホイールベースは2615mm(従来型プラス100mm)だ。車両重量は1210kgである。ボディはねじれ剛性が従来型より1.8倍向上したとされている。12年間の錆穴保証もつけられる亜鉛メッキ鋼板を使用しているのも特徴だ。マクファーソン・ストラットのフロントサスペションはサブフレームを用いることで振動、騒音などの低減をはかったという。リアサスペンションはトレーリングアーム付トーションビームと形式こそ従来と同じだが、新型ではレイアウトを根本から見直して、性能を上げるとともに、トレーリングアーム、ホイールキャリア、ダンパーマウントという3つのユニット構成とすることで軽量化をはかっている。能動的安全性の面ではABSの性能を上げるとともに、トラクションコントロールが標準装備とされている。受動的安全性の面では、ボディの構造をアップデートしていることに加え、前席デュアルエアバッグ、シート一体型サイドエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター付前席シートベルト、前面衝突時にブレーキペダルが室内に突出するのを防ぐフットプロテクションシステムなどが採用されている。今回は「アストラワゴンCD」も同時発売された。今回の新型アストラ発表の場でさかんに使われた表現がおもしろかった。「プレミアムコンパクト」。インポーターを務めるヤナセの稲山孝英代表取締役社長によると、サイズはコンパクトで機能、性能、品質をあげたモデルのことを指すのだそうだ。新型アストラはたしかに仕上げ、しっかり感、各部のデザイン処理などで従来型を大きくしのいでいる。「新型ゴルフはグッドだ。しかしアストラはベターだ」(オペルジャパン・インターナショナルテクニカルディベロップメントセンター・デピュティディレクター、ハーバート・シュルツ氏)と自信に満ちた発言もあるほどだ。もうひとつの特徴は、エモーショナルなスタイリング。ライバルのゴルフのパッケージングがこのクラスの基本になっているところがあるから、差別化をはかるといきおい感覚的な要素を少なからず取り込まざるをえないのかもしれない。しかしそうなると今度は流行商品におちいる危険性も出てくる。「新型アストラは日本車の“悪しき”影響をけっこう受けているなあ」という声も発表会会場で聞かれた。(WebCG=オガワ)
ホームへ戻る