フォルクスワーゲン「ポロ」に1.6リッターモデルを追加、2ドアのエントリーグレードも

2006.08.21 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ポロ」に1.6リッターモデルを追加、2ドアのエントリーグレードも

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトカー「ポロ」に1.6リッターエンジンを搭載した「1.6スポーツライン」を追加設定。同時に、1.4リッター2ドアモデルの装備を見直し、エントリーグレード「1.4トレンドライン」として販売すると発表した。販売は2006年9月2日から。

「1.6スポーツライン」は、同日に発表された「クロスポロ」と同じく、日本初登場の1.6リッターエンジン(105ps/15.1kgm)+ポロ初となるティプロトニック付き6段ATを採用する新グレード。
エクステリアはラジエーターグリルにクロームトリムが備わる他、フロントフォグランプ、15インチアルミホイールも奢られる。全高を15mm低めたスポーツサスペンション、さらにインテリアにはスポーツシートやレザーのステアリングホイール/シフトノブなども装着され、スポーティ感を演出する。価格は219.0万円。

同時に、従来からの1.4リッター2ドアモデルは装備が見直され「1.4トレンドライン」と名称を変更。リモコンドアロックやリアセンターアームレストがはずされ、シートやステアリングホイールが廉価なものに交換されるなどしたが、6エアバッグ、ESP、ブレーキアシストなどの安全装備はそのまま残される。
これにより従来の2ドアモデルより、9万5千円の値下げが行われ、価格は169.0万円となった。

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/


フォルクスワーゲン「ポロ」に1.6リッターモデルを追加、2ドアのエントリーグレードもの画像

ポロ1.4トレンドライン

ポロ1.4トレンドライン

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記