フォルクスワーゲン「ポロ」に1.6リッターモデルを追加、2ドアのエントリーグレードも

2006.08.21 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ポロ」に1.6リッターモデルを追加、2ドアのエントリーグレードも

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトカー「ポロ」に1.6リッターエンジンを搭載した「1.6スポーツライン」を追加設定。同時に、1.4リッター2ドアモデルの装備を見直し、エントリーグレード「1.4トレンドライン」として販売すると発表した。販売は2006年9月2日から。

「1.6スポーツライン」は、同日に発表された「クロスポロ」と同じく、日本初登場の1.6リッターエンジン(105ps/15.1kgm)+ポロ初となるティプロトニック付き6段ATを採用する新グレード。
エクステリアはラジエーターグリルにクロームトリムが備わる他、フロントフォグランプ、15インチアルミホイールも奢られる。全高を15mm低めたスポーツサスペンション、さらにインテリアにはスポーツシートやレザーのステアリングホイール/シフトノブなども装着され、スポーティ感を演出する。価格は219.0万円。

同時に、従来からの1.4リッター2ドアモデルは装備が見直され「1.4トレンドライン」と名称を変更。リモコンドアロックやリアセンターアームレストがはずされ、シートやステアリングホイールが廉価なものに交換されるなどしたが、6エアバッグ、ESP、ブレーキアシストなどの安全装備はそのまま残される。
これにより従来の2ドアモデルより、9万5千円の値下げが行われ、価格は169.0万円となった。

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/


フォルクスワーゲン「ポロ」に1.6リッターモデルを追加、2ドアのエントリーグレードもの画像

ポロ1.4トレンドライン

ポロ1.4トレンドライン
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.9 試乗記 運動性能と燃費性能を高次元で両立したという「フォルクスワーゲン・ポロ」のスポーツグレード「ブルーGT」の実力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ポロ 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」の新型を発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも用いられる横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を採用。より洗練されたエクステリアデザインや最新のコネクティビティーも手に入れた、その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
ホームへ戻る