【スペック】ホンダ・ストリームiS(5AT):全長×全幅×全高=4550×1695×1590mm/ホイールベース=2720mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(154ps/6500rpm、19.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=209.8万円

ホンダ・ストリームiS(5AT)vs三菱ディオンVIE-X(4AT)/オペル・ザフィーラCDX(4AT)【ライバル車はコレ】

ホンダ・ストリームの「ライバル車はコレ」 2001.04.17 試乗記 豊富な内容を誇るwebCG新車データベースのなかの人気企画「ライバル車はコレ」。自動車ジャーナリスト、河村康彦が、ホンダ・ストリームのライバルをピックアップ。2リッター、1.7リッターモデルの好敵手とは?

ホンダ・ストリーム(1.7/2リッター=158.8から199.8/189.8から227.8万円)

シビックの基本骨格をベースに生み出されたブランニューモデルが、ストリーム。とはいえ、シビックにまだ搭載されない新世代エンジン、2リッター「DOHC i-VTEC」を搭載したり、パワーステアリングも「フィーリングを重視して」シビックで用いた電気式ではなく油圧式を採用したりと、いわゆる“派生モデル”とは思えない、力(リキ)の入れられよう。
スリークな外観に似合わず、室内は3列シートのレイアウト。ところが、ホンダはストリームを「ミニバン」とは呼んでいない。それどころか、開発コンセプトは「3列シートを持った6シーターのクーペ(!)」だったという。
エンジンは、2リッターと1.7リッターSOHC VTECの2種類。前者のライバルには、三菱のミニバン、ディオンを。後者には、ヨーロッパからの参入者、オペル・ザフィーラを選んでみた。

【ライバル車 その1】三菱ディオン(159.8から232.8万円)

■ゲスト優先
3列目のシートがあくまでも“+2”的なストリームと比較すると、ディオンのサードシートはグンと本格的。ボディデザインも、ストリームと見比べるとずっとボクシーだ。“6シータークーペ”たるストリームより、遥かに本格的なミニバンなのである。
事実、室内スペースもずっと広く感じられる。特に「大人でも何とか長時間ドライブに耐えられる」サードシートの居住性は、ホンダのライバルを確実に上まわる。

一方、ストリームのルックスが、ひとり乗り、ふたり乗車でもサマになるのに対し、フロントシートにしか人の乗っていないディオンの絵は何とも締まらない。ドライバー重視のストリームとゲスト優先のディオン--両者のキャラクターはこのくらい違うのだ。
走りのテイストも大幅に異なる。右に左にとカーブが連続するワインディングロードを、水を得た魚のごとく走り抜けるストリームと、ファミリーカーというにふさわしい、ソフトな足まわりを持つディオン。

5ナンバーサイズ枠に収まる大きさながら、ディオンは身もココロも「ミニバン」そのもの。小さい子供がいるご家庭では、なかなか便利に働いてくれるだろう。

【ライバル車 その2】オペル・ザフィーラ(289.0万円)

■変化自在のシートシステム
コンパクトボディの3列シート車……となると、見逃すことのできないモデルが、オペル・ザフィーラ。全長は、ストリーム比で実に20cm以上のマイナス、でありながら、全幅は1.7mを超えるから、日本では「3ナンバー」登録となる。いかにも欧州車らしい(?)。
ヨーロッパでは、1999年の発売以来(プロトタイプのデビューは97年のフランクフルトショー)、堅調な売れ行きを示しているという。「セダンのハイトが高くなる」のは、日本だけのハナシではない。

そんなヨーロッパのヒット作も、ミニバン激戦地である日本に乗り込んでくると、いささか劣勢が否めない。何しろ、300万円近い価格である。これだけの金額を払うのなら、日本車ではストリームはおろか、兄貴分オデッセイの上級グレード、3リッターV6搭載モデルに手が届いてしまうのだ!!。

ザフィーラのウリは、いかにも合理精神の国ドイツの生まれらしい、考え抜かれたシートアレンジメントシステムだ。「フレックス7」と称されるそれは、変化自在に車内スペースを、乗員、荷物に振り分けることができる。サードシートを床下にフラットに収納してセカンドシートを前席直後に折り畳めば、ストリームが及びもつかない広いラゲッジスペースがつくりだされる。「一体何を積めばいいのか?」と呆れるばかり……。
良くも悪くもヨーロッパの香り濃厚。それがザフィーラの持ち味である。

(文=河村康彦/2001年4月)



ホンダ・ストリームiS(5AT)vs三菱ディオンVIE-X(4AT)/オペル・ザフィーラCDX(4AT)【ライバル車はコレ】の画像
【スペック】
三菱ディオンVIE-X(4AT):全長×全幅×全高=4460×1695×1650mm/ホイールベース=2705mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(135ps/5800rpm、18.7kgm/3500rpm)/車両本体価格=171.8万円

【スペック】三菱ディオンVIE-X(4AT):全長×全幅×全高=4460×1695×1650mm/ホイールベース=2705mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(135ps/5800rpm、18.7kgm/3500rpm)/車両本体価格=171.8万円


ホンダ・ストリームiS(5AT)vs三菱ディオンVIE-X(4AT)/オペル・ザフィーラCDX(4AT)【ライバル車はコレ】の画像
【スペック】
オペル・ザフィーラCDX(4AT):全長×全幅×全高=4315×1740×1675mm/ホイールベース=2695mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(125ps/5600rpm、17.3kgm/3800rpm)/車両本体価格=289.0万円

【スペック】オペル・ザフィーラCDX(4AT):全長×全幅×全高=4315×1740×1675mm/ホイールベース=2695mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(125ps/5600rpm、17.3kgm/3800rpm)/車両本体価格=289.0万円


ホンダ・ストリームiS(5AT)vs三菱ディオンVIE-X(4AT)/オペル・ザフィーラCDX(4AT)【ライバル車はコレ】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストリームの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る