【パリショー2006】ルマンを戦う5.5リッターV12ディーゼル搭載、「プジョー908 RC」

2006.08.16 自動車ニュース

【パリショー2006】ルマンを戦う5.5リッターV12ディーゼル搭載、「プジョー908 RC」

仏プジョーは、2006年9月28日〜10月15日にパリで開催される「パリモーターショー2006」に、V12ディーゼル・ターボを搭載したコンセプトカー「プジョー908 RC」を出展する。




リリースを読めば、「プジョー908 RC」がかなり突き抜けたモデルであることがわかる。
全長5m以上のボディは、カーボンコンポジットとアルミハニカムで構成。700ps、122.4kgmもの大パワー&トルクを発生させるのは、バンク角100度の5.5リッターV12ディーゼル・ターボで、これをリアにマウント。6段シーケンシャルギアを操り、300km/h以上の世界へ……と、レーシングカー並みの仕様、パフォーマンスを誇るのだ。

プジョーのディーゼル技術の旗手といえるこのモデル、エンジンは2007年にプジョーがチャレンジするルマン24時間に投入されるものである。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。