MINI一新、2006年後半に販売スタート!

2006.08.16 自動車ニュース

MINI一新、2006年後半に販売スタート!

独BMW AGは、「MINI」のフルモデルチェンジを、2006年8月14日に発表した。2006年後半に「Cooper」「Cooper S」を、2007年前半にはベーシックな「One」と「Diesel」を投入する。




■デザイン踏襲、中身は進化

初代誕生から41年もの歳月を経て、2001年に生まれ変わった「MINI」。世界で80万台以上が販売されたという“プレミアム・コンパクト”のヒットモデルが、間もなく一新される。
新型の内外装は基本的にコンセプトを踏襲し、どこから見てもMINIそのもの。とはいえ、エンジンをはじめとする中身は進化している模様だ。

外見上は、フロントセクションを大型化し安全性の向上を図った。サイズはCooperで60mm、Cooper Sでは61mmの延長となる。
アイコン的なモデルゆえ、MINIのイメージを壊さぬようルックスには配慮。六角形のラジエーターグリル、外側に移動した大径丸形ヘッドランプ、縦型テールランプクラスターなど、「MINIとして当然維持されている特徴」(プレスリリース)を備える。




インテリアは円と直線を基調とした意匠。最大の変更点は、先代よりもさらに大型化されたセンター・スピードメーターだ。アナログ式のスピードメーターだけでなく、オプションのエンターテイメント機能やナビゲーション・システムなどのあらゆる機能を組み込むことができるという。
センター・コンソールがコンパクトになり、足もとスペースが広くなったのも見逃せない。エンジン始動、停止はボタンで行う。

■新しいエンジン

Cooper向けの1.6リッターNAエンジンは、BMWのバルブトロニック付きで、120psと16.3kgmを発生。従来型から4psと1.1kgm増、燃費は最大20%よくなり、CO2排出量も低減されたという。

いっぽう、Cooper S用の1.6リッター直噴ターボは、175psと24.5kgmというアウトプット。従来型スパーチャージャーユニットよりも5psアップした。
2気筒ずつ分離されたエグゾーストラインそれぞれに、スクロール・ターボチャージャーが2基装備され、エンジン低回転域からでもターボ過給効果が発揮できるというもの。アクセルを踏み込めば、オーバーブーストで26.5kgmまでトルクが上がる設定だ。

遅れてくるOneは、95psの1.4リッターを搭載。しんがりは、ターボ・ディーゼル技術を採用した「Diesel」がつとめる。




スポーティなCooper Sではシャシーと足まわりを強化するいっぽう、Cooperを含む両方にスポーツ・サスペンションをオプションとして用意した。

6個のエアバッグは標準装備。Cooper Sには、EBD付きABS、CBS(コーナリング・ブレーキ・コントロール)、オートマチック・スタビリティ・コントロール+トラクション(ASC+T)が標準で備わる。さらに任意で解除もできるDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)も用意。坂道発進を補助するヒル・アシスト機能も、DSCに組み込まれるという。

(webCG 有吉)

MINI:
http://www.mini.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る