【スペック】全長×全幅×全高=4495×1710×1425mm/ホイールベース=2635mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2.6リッターV6DOHC24バルブ(170ps/5800rpm、25.5kgm/3600rpm)/車両本体価格=325.0万円(テスト車=同じ)

オペル・ベクトラCDX【ブリーフテスト】

オペル・ベクトラCDX(4AT) 2001.06.29 試乗記 ……325.0万円総合評価……★★★

贅沢すぎる

日本導入時には、美しい造詣のドアミラーばかりがクローズアップされたベクトラだが、撮影時の朝早い光のなか、ボディサイドやトランクリッドなどに、ハッとするほどキレイな「線」が使われていることに気が付く。
2001年型ベクトラCDXは、「常用域でのトルクを太くして使い勝手を向上、エンジンの使用回転域を下げて結果的に燃費を良くする……」、そんな思惑をもってニュー2.6リッターV6「ECOTEC」ユニットを搭載した。ステアリングホイールを握って走り出したとたん、1410kgの車重をものともしない力強さに感心する。速いゾ!! 6気筒エンジンにしてはフィールがザラつき気味で、サウンドも冴えないが、使い勝手に文句はない。ただ、ハンドリング面では、やや頭の重さが気になる。直4モデルよりスポーティな「205/55R16」の足もとも、見かけはいいけれど、乗り心地の面ではいまひとつ。CDXは、どうも贅沢すぎるベクトラだ。



オペル・ベクトラCDX【ブリーフテスト】の画像
クリックするとミラー折りたたまれるさまが見られます。

クリックするとミラー折りたたまれるさまが見られます。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1995年9月に開催されたフランクフルトショーでデビューした2代目ベクトラ。先代からシャシーを一新、ホイールベースを40mm延長し、47mm長いボディを載せる。ボディ形式は、4ドアセダンとワゴン、それに日本には入らないが、欧州では5ドアハッチもラインナップされる。わが国では、4ドアセダンとワゴンが販売され、それぞれに1.8、2リッターの直4、2.5リッターV6が用意された。2001年モデルから、2リッター直4が2.2リッターに、2.5リッターV6が2.6リッターに拡大、GL(1.8リッター)、CD(2.2リッター)、CDX(2.6リッター)でライン構成される。
(グレード概要)
CDXは、2.6リッターV6を搭載したベクトラのトップ・オブ・グレード。新しいV6「ECOTEC」ユニットは、2.5リッターV6のボアを1.6mm拡大して排気量を99ccアップ、170ps/5800rpmの最高出力こそ変わらないものの、最大トルクが2.1kgm増して25.5kgm/3600rpmとなった。直4モデルとの外観上の違いは、ひとまわり大きなタイヤを履き、テイルパイプがツインになること。装備面では、センターコンソールにウッド調パネルが使われ、クルーズコントロールが付く。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
黒基調、実用一点ばりのインパネまわり。シート、ドアトリムに使われるグレーのベロア地、黒いインパネまわりと、ベクトラの内装は、いかなる基準をもってしても地味だ。センターコンソールの木目調パネルが、わずかに最上級モデルをアピールするが……。
(前席)……★★★
運転・助手席ともに、レバー式の座面ハイトコントロール、腰への圧力を変化させるダイヤル式のランバーサポートが備わる。座り心地は無愛想に硬い。2001年モデルから、同じGMグループのサーブをオリジンとするフロントアクティブヘッドレストを新たに採用。これは、追突時にヘッドレストを前に動かし、むち打ち症の危険性を低減するものだ。
(後席)……★★★★
多少傾斜がついた、お尻を沈め気味に座らせる、前席と遜色ないサイズのリアシート。足もとの広さ、ヘッドクリアランスとも余裕たっぷり。中央の席でも3点式シートベルトが無理なく使えるのはもちろん、ステーが長く頑強な、おざなりでないヘッドレストが備わるのがエライ。肘掛けおよびトランクスルー機構付き。
(荷室)……★★★
横に倒したスプリングで軽く引かれるリッドを開けると、ガランと広いラゲッジルーム。床面最大幅130cm、奥行き100cm、高さ55cm。分割可倒かつダブルフォールディング式のリアシートを倒せば、奥行きは165cmになる。



【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
排気量が、2.5から2.6リッターにアップしたニューV6ユニット。無段階で吸気をコントロールする「マルチラム」を搭載。スロットルペダルの踏み始めから太いトルクを供給する。ただ、ゴロゴロとした回転フィール、こもったエンジン音と、マルチシリンダーのありがたみは薄い。「オペルらしい」ともいえる純実用ユニットだ。トランスミッションには、これまたオペル得意の「ニュートラルコントロール機構」を装備、停車時にシフトポジションを自動的にニュートラルにして、燃費の向上を図る。走行距離2200km余のテスト車の場合、発進時の違和感はほとんどなかった。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
205/55R16と、4気筒モデルよりひとまわり太く薄いタイヤを履くCDX。乗り心地は硬く、ときにバネ下がバタつく。ハイスピードクルージングでは頼もしいが、継ぎ目の多い道では、路面からの突き上げが気になるだろう。いかにも“ドイツ車っぽい”といえなくもないが……。ハンドリングは安定方向に大きくふったもの。“ココロ躍らせる”類のものではないが、フロントの接地感はキチンとあるし、リアの挙動も穏やか。まっとうな実用セダンのそれ。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2001年5月18日から22日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:2201km
タイヤ:(前)205/55R16 91V/(後)同じ(いずれもMichelin Pilot HX)
オプション装備:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ベクトラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • オペル・ベクトラの2001年モデルが発売 2001.3.9 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、オペルのミドルレンジを担う「ベクトラ・セダン/ワゴン」の2001年モデルを、2001年3月8日に発売した。2001年モデル最大の特徴は、セダン、ワゴンともパワーソースたる「ECOTEC」エンジンの改変。最上級グレード「CDX」は、従来の2.5リッターV6を2.6リッターに排気量拡大。パワーは170psと従来どおりながら、最大トルクを23.4kgmから25.5kgmに太らせ、ドライバビリティの向上を図った。中堅グレード「CD」には、「アストラ」やミドシップスポーツ「スピードスター」(日本未発売)と同じ、2.2リッターユニットを採用。アルミ製ブロックを用いた同エンジンは、2005年に欧州で施行される排ガス規制「EURO4」に適合しているという。最高出力は147ps。さらに、ベーシックグレード「GL」の1.8リッターエンジンも改良し、出力を10psアップし125psとした。なお、トランスミッションは全車4ATとなる。装備面では、衝突時の頚椎損傷軽減装置「フロントアクティブヘッドレスト」およびCDチェンジャーを全車に標準装備。CDXに、従来より1インチアップした205/55R16タイヤを新採用した。ボディ色は、新色ペルシャ(マイカ)を含む計6色。また、防錆品質の向上を図り、ベクトラ全車において、錆保証をこれまでの6年から10年に延長した。 価格は以下のとおり。すべて右ハンドル。(写真は2000年モデル)●セダンGL 268.0万円CD 299.0万円CDX 325.0万円 ●ワゴンGL 283.0万円CD 314.0万円CDX 340.0万円(webCG 有吉)
  • オペル・ベクトラ2.2(5AT)【ブリーフテスト】 2002.12.4 試乗記 ……335.0万円
    総合評価……★★★★




  • オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.3.25 試乗記 オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    2003年3月24日、オペルの中核モデル「ベクトラ」に、5ドアハッチバックの「GTS」が加わった。スポーティイメージを訴求し、「ベクトラの本命」と謳われる新型に、webCG記者が箱根で乗った。


ホームへ戻る