第274回:新イメージリーダーにチョイ乗り
クーペ407に変貌するラテン系を見た!(小沢コージ)

2006.08.15 エッセイ

第274回:新イメージリーダーにチョイ乗りクーペ407に変貌するラテン系を見た!

第274回:新イメージリーダーにチョイ乗りクーペ407に変貌するラテン系を見た!(小沢コージ)の画像
フロントサイドの“エラ”が妙に装飾的。
フロントサイドの“エラ”が妙に装飾的。

■フランス車らしさをどうするか

のっけから難しい話ですけどね。漠然と今後のプジョー、どこに行くのかなぁと思ってた部分があるわけです。というのもいまだ売れてるってハナシの、かつてオレも愛用した206シリーズはモデル末期も末期だし、かといって来年日本に入ってくる207は写真で見る限り206のかわりになりそうもない。実際、以前インタビューしたプジョー・ジャポンの社長さんはおっしゃっておりました。
「正確に言うと、207は206の後継ではありません」
それはサイズ的に拡大することもそうだし、要するに206的な大ヒット作はそうそう生まれ得ないってことでしょう。既にトータル500万台以上の超ビッグセールス。過去のプジョーラインナップのなかでも断トツナンバーワンだ。

それとオレが昔から危惧している問題があって、それは今後ますますクルマ作りがガッチリ、安全指向になっていくなかで、プジョーは独自のフランス車らしい“しなやかさ”“軽さ”と言った魅力をどう持っていくのかと。
ルノーを見ても妙にガッチリしてしまって、昔のしなやかさをなくしつつあるように思うし、プジョー307にしても、出た当初はドイツ車っぽい、ドイツ車っぽいって言われ続けたしね。

スクエアなリア。
スクエアなリア。
第274回:新イメージリーダーにチョイ乗りクーペ407に変貌するラテン系を見た!(小沢コージ)の画像
第274回:新イメージリーダーにチョイ乗りクーペ407に変貌するラテン系を見た!(小沢コージ)の画像

■典型的なラテン車テイストと決別

ってなわけで先日乗ったプジョーの新たなイメージリーダーカー、クーペ407。これは一つ考えさせられる出来映えでした。
一般的にはピニンファリーナ・デザインで有名な406クーペの後継に当たるわけだけど、プジョーは“407クーペ”とは呼ばずに、あえて“クーペ407”とひっくり返している。つまり、まったく違うラインであることをアピールしてるわけで、実際印象は406クーペとはかなり違っていた。

まずはデザインだけど、見るとかなりデジタルなテイスト。特にフロントサイドの“エラ”のような切りかきは、妙に装飾的で取って付けたよう。リアデザインのスクエアさにもびっくり。驚くほどシンプルだ。

走りも驚くほどのガッチリ感重視。ドアを開けた瞬間からして剛性感の高さが伝わってきて、実際ドアはかなり重い。インテリアの精度も質感も高く、昔の良くも悪くもいい加減というか、ラテン的な作りではなくなっているのだ。

走りもプジョーらしいしなやかさは残っているが確実に昔より骨太。なんとなく新しい味を模索しているように感じた。

そう、もはやラテンブランド車は、旧来の典型的なラテン車テイストとは決別する時期が来てるのだ。それはアルファ159にも感じたことで、GMと資本提携していた時に開発された国際基準のプラットフォームが使われているわけだけど、マジでドイツ車顔負けのガッチリした土台の上にアルファ・ロメオが味付けしたって感じだった。

そう、今後ラテンは変わるのよ。それはワインやサッカーと同じことで、昔みたいな“古きよきいい加減さ”ではいられない。ベーシックな部分、つまりボディ剛性や安全性はどこも同じような高いレベルとなり、あとはセンスの問題。逆に考えると味付け勝負になるわけだから、個性的で華やかなラテン車有利なのかも?まさにお手並み拝見って感じですな。

(文と写真=小沢コージ/2006年8月)

エンジンは210psを発生する3リッターV6、6段ATと組み合わされる。
エンジンは210psを発生する3リッターV6、6段ATと組み合わされる。
第274回:新イメージリーダーにチョイ乗りクーペ407に変貌するラテン系を見た!(小沢コージ)の画像

【webCGアーカイブで一気読み!】

「小沢コージの勢いまかせ!!」第1回〜第259回までは、「webCGアーカイブ」に収録されています。ご覧いただくには、「webCG Members」の会員登録(入会無料、年会費なし)が必要です。メルマガも読めます。詳しくは、ここをクリック!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』