第273回:ウィッシュなんて知りません!?
新型ストリームに見る“上手な失恋ショックの癒し方”(小沢コージ)

2006.08.12 エッセイ

第273回:ウィッシュなんて知りません!?新型ストリームに見る“上手な失恋ショックの癒し方”

ちょっとエディックスに似てるような……。
全体のバランスは初代より確実に良い。

■破格に乗り心地が良い

新型ホンダ・ストリームの試乗会に行って参りました。
率直に言って、完璧な出来であります。ホンダ得意の低床プラットフォームにより、スタイルよし、走りよし、使い勝手よしと三拍子そろってる。お値段も全体的に10万円ぐらい上がっちゃったけど、ベースエンジンの排気量が100ccアップし、なによりボディがプラットフォームから完全新設計になってることを考えると文句なし。国内専用車なんで安いくらい。

モノとして特に感動したのは走りかなぁ。とにかくこの手のミニバンとしては破格に乗り心地が良く、なおかつステアリングにキレがある。

さらに3列目シートの足元の広さ、具体的には角まできっちりフラットにして足の置き場を確保したのにも感心したし、唯一、不満を言えばアレか。バランス良くなって、確かに“シビックの拡大版”ではなくなったけど、いま一つインパクトが足りないスタイリングかな。
逆を言うとこの“前かがみクサビ型スタイル”は2列シートミニバンのエディックスをスマートにしたようでもあり、ホンダの新たなスタイルアイデンティをも感じられるんだけどさ。

とはいえ、実はオレが一番知りたかったのは新型ストリームを作った時のキモチだ。具体的には最強のライバル、トヨタ・ウィッシュに対して、あのショックをどう消化したのか。ほとんど初代ストリームの焼き直しであり、まるで後だしジャンケン!? とも言えるクルマがあんなにも売れ、今も月販ベスト10の常連に入っている事実をどう考えているのか。新型はどうやってウィッシュに対抗しようというのか。

なんか失恋をホジくり返すみたいでヤだったんだけど、筒井LPLに聞いてみました。一応ジャーナリストなんでね(笑)。

最近のホンダらしい、ツヤのあるインテリア。意外とお金かかってなさそうだけど……。
3列目は適度な居住性。割り切ってます。
3列目の足元の広さが新型のウリ。

■決定的敗因がない――対ウィッシュ

小沢:ウィッシュのことなんですけど……
筒井:ウィッシュはまったく見てません。
小沢:えっ、ホントに?
筒井:敗因がわかりませんから。冷静にハードで言うと大きく負けているわけではなく、唯一わかりやすいのは女性的に見えるストリームに対し、ウィッシュの方が男性的に見えるってことくらいですか。走りも実用性もほとんど同等。全部でほんのちょっとずつウィッシュの方が良かったのかもしれませんが、それでも数値にして5ミリぐらいとか、そんなもんです。「営業力の差」だとか「カッコ」とかも言われるけど、結局のところこれぞという決定的敗因がない。
小沢:俺は心情的にもストリームの方を応援してましたよ。本来、創業者が勝つべきではないかって。
筒井:そこはもう考えないことにしました。もうリセットしましたよ。
小沢:なるほど。それはエライ。でも、具体的にまったく気にしなかったってことはないでしょう。ライバルなんだから。
筒井:もちろん技術進化分は見てます。ただし、スペックは比較しても、テイストは見てない。商品イメージにはまったく影響してませんよ。時計にしたってロレックスとタグホイヤー、なかのムーブメントが同じだとしても出来上がる商品はまったく違うでしょう。つまりホンダがやりたいものをやる。作りたいものを作ったってことです。
小沢:原点に返ったってことですね。
筒井:そうです。基本は若夫婦がきっちり楽しめるクルマでありたい。カッコよく見え、独身にも見え、しかしなかは広く快適で7人が乗れると。ストレスがないようにね。

■テイストはウィッシュを見てないが

小沢:とはいえそういうミニバンってほかにもゴロゴロあるんですけど。
筒井:そりゃ割り切りはありますよ。5ナンバーサイズですから。具体的には2列目重視とし、3列目の価値を変えました。これ見よがしな広さを追求しなかったんです。3列目は奥さんが乗る場合が多いことを突き止め、実質的な居住性を追求しました。だからヘッドルームを削っても足元を広くしたんですよ。ヒールはいてもラクに乗れます。
小沢:なるほど。
筒井:後はやっぱりイチからプラットフォームを新設計して、全部を理想的に考えたってことです。走りもスタイルも実用性もね。なにしろ車重なんか遮音材を入れても、旧型より18kgも軽くなってるんですから。

うーむ、凄い。俺はなんだかんだでホンダ開発陣の意地を見た気がした。確かにテイストとしてはウィッシュを見てないのかもしれないけど、全体としては無意識的にも意識してる。言ってみれば、彼を取られてしまった女性が、容姿から中身からなにからなにまでとにかくいい女になって相手を見返す! というような図式だ。セコく、ライバルを研究し尽くして細かく勝つのではなく、圧倒的な力量で勝ってみせましょう! みたいなね。

いい意味でのホンダのド根性であり、プライドを感じたのだ。結構、人もクルマも同じように成長していくもんなのかもね。

(文と写真=小沢コージ/2006年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』