【パリショー2006】スズキは「スイフトスポーツ」と“飛沫”のコンセプトカーを出展

2006.08.11 自動車ニュース

【パリショー2006】スズキは「スイフトスポーツ」と“飛沫”のコンセプトカーを出展

スズキは、2006年9月28日〜10月15日にパリで開催される「パリモーターショー2006」の出展概要を、8月11日に発表した。

まずは同社の世界戦略車「スイフト」のスポーツバージョン「スイフトスポーツ」量産型。日本では2005年9月に発売されたモデルの欧州仕様車だ。
ハンガリーのマジャールスズキ社で生産しているスイフトの3ドアをベースとし、同工場にて生産、欧州向けに出荷される。欧州各国での発売は9月末から順次開始する予定という。

もう1台は、コンセプトカー「プロジェクト・スプラッシュ」。グローバルカーのスイフト、「グランド・ビターラ」(日本名:エスクード)、そして「SX4」に続く新しいプロジェクトのデザインコンセプトモデルという。
静かな水面が飛沫(=スプラッシュ)をあげて変化するようなインパクトを持つことをイメージしてネーミングしたそうだ。

(webCG 有吉)

 
【パリショー2006】スズキは「スイフトスポーツ」と“飛沫”のコンセプトカーを出展の画像

コンセプトカー「プロジェクト・スプラッシュ」
 

	コンセプトカー「プロジェクト・スプラッシュ」
	 

関連キーワード:
スイフトスポーツスズキイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • 第81回:愚の骨頂 2018.3.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第81回は「愚の骨頂」。「スイフトスポーツ」を国民車に! と意気込む筆者だったが、そこには大きな壁が。MTが約7割を占めるカーマニア向けモデルが国民車の地位を獲得することは、可能なのか!?  
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る