モデル末期でもお構いなし、アメリカで「カローラ」が大人気なワケ

2006.08.10 自動車ニュース

モデル末期でもお構いなし、アメリカで「カローラ」が大人気なワケ

アメリカでいま、「トヨタ・カローラ」が売れに売れている。2006年7月の月間販売台数は、4万1892台。これは前年同月比のプラス42.3%(!)という大躍進である。

■大ブレイクしている理由はただひとつ

北米トヨタのウェブサイト(http://www.toyota.com/)でも、トップページに「カローラ」が大写しになるなど、同車への注目度はウナギ上りだ。

しかし、よく考えてみればカローラ、もうすぐ10代目へとフルモデルチェンジされる。つまりいま売れているのは、モデル末期版なのだ。

では、北米各地のトヨタ店が在庫一掃処分の大安売りをしているかと思えば、さにあらず。あくまでも、適正価格と適正リベート(トヨタ本部が一律に負担する顧客への割引額)で販売されているのだ。これは、日本では考えられない現象だ。

一般的に日本でのクルマの売れ方は「新車効果」と呼ばれ、フルモデルチェンジ直後は売れるが、短期間のうちに販売台数は急激に落ちる。その後は特別仕様、マイナーチェンジを受けながら6年前後のモデルライフを生き抜くのが常識とされている。

いま、モデル末期カローラが大ブレイクしている理由はただひとつ。ガソリン価格の高騰による“クルマのダウンサイジング”だ。
巨大SUVブームは急激に冷め、「シボレー・サバーバン」からカローラへの買い替えすら珍しくなくなった。カローラの販売ペースがこのまま続けば、「カムリ」と並んで年間販売台数40万台級の大台に手が届きそうだ。

(文=桃田健史(IPN))

モデル末期でもお構いなし、アメリカで「カローラ」が大人気なワケの画像

関連キーワード:
カローラ アクシオカローラ ランクスカローラ フィールダートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • トヨタ、「カローラフィールダー/アクシオ」をマイナーチェンジ 2017.10.11 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年10月11日、「カローラフィールダー」と「カローラアクシオ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは「Toyota Safety Sense C」を全車標準装備とするなど、予防安全装備の充実を図った。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
ホームへ戻る