第3回:アメ車がドンドン小さくなる!
〜フルサイズSUVの終焉と、Bセグメントの拡大〜(桃田健史)

2006.08.10 エッセイ

第3回:アメ車がドンドン小さくなる!〜フルサイズSUVの終焉と、Bセグメントの拡大〜

全米各地、ガソリン小売価格が「3ドルの壁」を突破。写真はダラス周辺で、このあたりは全米の中でもまだ価格が安い。
全米各地、ガソリン小売価格が「3ドルの壁」を突破。写真はダラス周辺で、このあたりは全米の中でもまだ価格が安い。
デッカイSUVはもういらない! コンパクトカーは新車だけでなく、中古車も人気に。
デッカイSUVはもういらない! コンパクトカーは新車だけでなく、中古車も人気に。

ガソリン価格高騰は世界的な問題。燃料大食いのフルサイズSUV、ピックアップが闊歩するアメリカでも、どうやら大きな影響が出ているらしい。フルサイズを捨て、人々が求めたクルマは……。

■一気に2クラスもダウンサイジング

2006年に入り、レギュラーガソリン小売価格ガロン(3.785リッター)あたり、3ドルの壁を破ることもしばしば。これは日本円でいえば、リッターあたり約91円の計算だ。
日本ならこれでも安く感じるかもしれないが、アメリカでは5、6年前までこの2分の1以下。さらに1990年代中盤では、現在の4分の1程度だったのだから、現状価格は尋常でない。現状を日本市場でイメージするなら、リッター200円、いや250円を突破したようなものだろうか。
こうしたガソリン価格高(=原油先物市場高)のトレンドは、今後数年間続くと専門筋は言う。

こうしたなか、トヨタ、ホンダを中心とした日系メーカーのディーラーでは、トレードイン(下取り車)の巨大在庫ができあがっている。「シボレー・サバーバン」「フォード・エクスペディション」「シボレー・タホ」「GMCユーコン」「フォード・エクスプローラー」「シボレー・トレイルブレイザー」「ダッジ・デュランゴ」など、米ビッグ3のフルサイズSUVたちが溢れかえっている状態だ。

では、これらSUVのオーナーは、次に何を買ったのか? よくあるパターンは、フルサイズSUVからミッドサイズSUVへの「1クラスダウンサイジング」だ。
(例:「シボレー・サバーバン」→「トヨタ・ハイランダー(クルーガー)」「ホンダ・パイロット」)
また最近は、SUVを捨ててセダンへ回帰する傾向も強くなっている。この場合のセダンとは、Dセグメントと呼ばれるミドサイズセダンである。
(例:「フォード・エクスプローラー」→「トヨタ・カムリ」「ホンダ・アコード」)
しかし、なかにはSUVから一気にCセグメントへ「2クラスダウンサイジング」するケースも珍しくはなくなった。
(例:「シボレー・サバーバン」→「トヨタ・カローラ」「ホンダ・シビック」)

ディーラー展示中の新車「ダッジ・ラムトラック2ドア」の窓。左に16MPG(市街地走行時)、21MPG(フリーウェイ走行時)の燃費表示。MPGとは、マイル・パー・ガロンで、リッターキロ換算すると市街地で6.8km/リッター、フリーウェイで8.9km/リッターとなる。

■Bセグメントに火がついた

アメリカ人たちが騒ぐ、「燃費、燃費、燃費」。まず、燃費。ふたこと目にも、燃費というのが最近のクルマの見方だ。

アメリカで販売されるクルマの燃費表記は、「23/28」のようにふたつの数字が併記されている。これは、「シティ/フリーウェイ」でのガロンあたりの走行距離(マイル)。最近のアメリカ人たちは、すっかりこの数字を頼りに新車選びをするようになった。
「大きなSUV? 燃費悪いからいらない」、と言う。

じゃあ、大きくて安全&安心だからといって大型SUVを買っていた奥様たちは? 実はこちらも「大きなSUV? 燃費が悪いから興味ないわ」という声。大型SUVブームに踊らされて、“子供の安全”を唱えていた彼女たちも、ものの見事に手の平を返した。
「セダンで十分ヨ」とまで言うありさまだ。

しょせん大型SUVはファッションだったのだ。最近、日系メーカーでも大型SUVの売り上げは大きくスローダウン。こうして90年代に火がついた大型SUVブーム(フルサイズSUV/一部のミドサイズSUV)は終焉を迎えた。

これと入れ替わりに、Bセグメント(日本でのコンパクトカー)市場に火がつき始めている。
昨2005年末から今年前半に相次いで米国初登場した「トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)」「ホンダ・フィット」は販売先の予想を大幅に上回る好調な出足。ニッサンはそれを追って今夏、「ヴァーサ(ティーダ)」投入。マツダも「デミオ」投入を模索中だ。

2006年7月、米ビッグ3の月販台数実績で異変発生! これまでのフルサイズSUVの苦戦に続き、ついに最後の砦、フルサイズピックアップトラックにまで大打撃が……。
「シボレー・シルバラード」6万6583台(前年同月比▲27.8%)、「フォードFシリーズ」6万8982台(同▲45.6%)、「ダッジ・ラム」3万2793台(同▲30.0%)。

■ビッグ3もコンパクトカーを追加予定

さらに2008年、「スマート・フォーツー」の米国正式上陸が決定された。レース界の長老であり、カーディーラー界の大御所、ロジャー・ペンスキー氏率いるユナイテッド・オートが独占輸入販売するのだ。この流れを受け、日系各社では本気で、軽自動車の米国上陸を検討している。

「アメリカ人は小さなクルマは買わない」と、長年に渡りいわれてきた。衝突時の安全を気にするし、一般的に身体の大きなアメリカ人には物理的に小さいクルマは不向き、とされてきた。

よって、アメ車は現在、Cセグメント、Bセグメント、そしてこれから旬を迎えようとしているコンパクトSUVのラインナップがかなり貧弱なのだ。

その打開策として、フォードは3年以内に新型コンパクトカー導入を明言。ここは当然、同グループ傘下のマツダの技術力に頼ることになる。またGMは自社開発せず、ニッサンから多種多様な供給に頼ると見るのが妥当だろう。ダイムラー・クライスラーは、三菱自動車から購入したコンパクトカープラットフォームを様々なカタチで実車化し始めている。

「エスカレード」「ハマーH2/H3」など、キワモノSUVには、この先も客はつくだろう。だが、ボリュームゾーンの「通常アメリカンSUV」たちは今後、限りなく小さくなっていくに違いない。ダウンサイジングのトレンドは、もう誰も止められないのだ。

(文と写真=桃田健史(IPN)/2006年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。