「インプレッサ」ラリーマシン、スケボーイベント前座で登場

2006.08.09 自動車ニュース

「インプレッサ」ラリーマシン、スケボーイベント前座で登場

2006年8月3〜6日、LA(ロサンゼルス)で開催された「Xゲーム12」。スケートボードやBMXのトリック、スリースタイルジャンプが主体のこのイベントに、「スバル・インプレッサ」ラリーカーが登場した。

■ラリーは超マイナースポーツ

「Xゲーム12」は、米放送局ABC系列のスポーツ専門チャンネルESPNが12年前に始めた、新種スポーツのオリンピックともいえるイベントだ。
スケートボード、BMXことバイシクル・モトクロスなどに加え、「モトX」と呼ばれるオフロードバイクでのレースやフリースタイルジャンプも種目化されている(詳細はhttp://expn.go.com/expn/)。

そんな若者オリンピックに今年、BMXやモトXが走行するスタジアムでのタイムアタック競技「ラリーカー・レーシング」が登場した。
14台がゴールド、シルバー、ブロンズのメダルを争い、総額賞金は11万ドル(約1265万円)に及ぶ。このマシンたちは日頃、ラリーアメリカ(http://www.rally-america.com)に参戦しているもの。同シリーズは2004年にSCCAプロラリーから全米ラリー選手権の興行権を引き継いだ競技団体が運営している。

いま、NASCAR、IRLなどのアメリカレース業界では、レースファンの高齢化が問題となっている。
そんな状況下、ラリーの現状はより深刻だ。ラリーはアメリカで超マイナースポーツ。PS2『グランツーリスモ』の登場マシンとしてインプレッサやランエボは知っていても、実車走行シーンには興味がない若者がほとんどなのだ。

今回の「Xゲーム12」に初登場の「ラリーカー・レーシング」。 正直なところ、競技のなかでひときわ「浮いている」。クルマ競技は、二輪競技と違い、生身の人間が戦っている様子が外からシッカリ見えないからだ。ラリーとXゲーム、相性は本当に良いのだろうか。

熟成された「スバル・インプレッサWRX STI」2.5リッター北米ラリー仕様車が、スケボーの前座というのはなにか悲しくも感じる。

(文=桃田健史(IPN))


「インプレッサ」ラリーマシン、スケボーイベント前座で登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
ホームへ戻る