「インプレッサ」ラリーマシン、スケボーイベント前座で登場

2006.08.09 自動車ニュース

「インプレッサ」ラリーマシン、スケボーイベント前座で登場

2006年8月3〜6日、LA(ロサンゼルス)で開催された「Xゲーム12」。スケートボードやBMXのトリック、スリースタイルジャンプが主体のこのイベントに、「スバル・インプレッサ」ラリーカーが登場した。

■ラリーは超マイナースポーツ

「Xゲーム12」は、米放送局ABC系列のスポーツ専門チャンネルESPNが12年前に始めた、新種スポーツのオリンピックともいえるイベントだ。
スケートボード、BMXことバイシクル・モトクロスなどに加え、「モトX」と呼ばれるオフロードバイクでのレースやフリースタイルジャンプも種目化されている(詳細はhttp://expn.go.com/expn/)。

そんな若者オリンピックに今年、BMXやモトXが走行するスタジアムでのタイムアタック競技「ラリーカー・レーシング」が登場した。
14台がゴールド、シルバー、ブロンズのメダルを争い、総額賞金は11万ドル(約1265万円)に及ぶ。このマシンたちは日頃、ラリーアメリカ(http://www.rally-america.com)に参戦しているもの。同シリーズは2004年にSCCAプロラリーから全米ラリー選手権の興行権を引き継いだ競技団体が運営している。

いま、NASCAR、IRLなどのアメリカレース業界では、レースファンの高齢化が問題となっている。
そんな状況下、ラリーの現状はより深刻だ。ラリーはアメリカで超マイナースポーツ。PS2『グランツーリスモ』の登場マシンとしてインプレッサやランエボは知っていても、実車走行シーンには興味がない若者がほとんどなのだ。

今回の「Xゲーム12」に初登場の「ラリーカー・レーシング」。 正直なところ、競技のなかでひときわ「浮いている」。クルマ競技は、二輪競技と違い、生身の人間が戦っている様子が外からシッカリ見えないからだ。ラリーとXゲーム、相性は本当に良いのだろうか。

熟成された「スバル・インプレッサWRX STI」2.5リッター北米ラリー仕様車が、スケボーの前座というのはなにか悲しくも感じる。

(文=桃田健史(IPN))


「インプレッサ」ラリーマシン、スケボーイベント前座で登場の画像

関連キーワード:
インプレッサスバルイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
    「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ
    2018.2.8 エディターから一言 新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る