チューンド「マスタング」のレンタカー、40年ぶりに再開!

2006.08.08 自動車ニュース
 

チューンド「マスタング」のレンタカー、40年ぶりに再開!

「シェルビーGT-H」のレンタカーが解禁となった。2006年4月のニューヨークショーで公開されたこのクルマ。今から40年前、1966年にフォード/シェルビー/ハーツが実現した夢のレンタカー「シェルビーGT350H」の現代バージョンだ。


【写真上】ニューヨークショーで公開された「シェルビーGT-H」
 

■レース厳禁の325psマスタング

現在発売中の全米大手自動車雑誌の誌面上には、レンタカー会社「Hertz」(ハーツ)の広告が派手に踊っている。「シェルビーGT-H」がこちらに向かって大きく迫ってくる迫力満点の図柄だ。
なかでも『Motor Trend』誌では、表紙にデッカク「シェルビーGT-H」。スペシャルストーリーとして、LAで同車を借りて、ワインディングでドリフトして、最後にはドラッグレース場でバーンアウト(!)を演じている。

シェルビーGT-Hは500台限定生産。ゴールドのコブラストライプに、ボンネットの開閉はレーシーなピンタイプを採用。パワーユニットは、ノーマル「マスタングGT」用のV8 SOHC3バルブを、ECUチューンしてプラス25psで325ps化。ファイナルギアを低め加速重視にし、トランスミッションはノーマル同様5AT。サスはFR3(フォード・レーシングハンドリング・パック)装着で、約30mmのローダウン。車内は、助手席前の「キャロル・シェルビー」シグネチャー(サイン)以外はノーマル版同様だ。


左は40年前にハーツ社でレンタルされた「シェルビーGT350H」
 

40年前に発表されたシェルビーGT350Hは、レースカーをレンタルするという、宣伝効果を狙った企画モノのクルマだった。
今回も同様に、ハーツ社を通してレンタルされることになる。

しかし先の『Motor Trend』誌のような乗り方は御法度。これはあくまでも雑誌企画上のことであり、実際に普通の人がレンタルした場合は、レースなど危険行為を伴う走行はしてはいけない。もちろん保険の対象外となる。

ちなみにレンタル料金は、1日あたり149.99〜189.99ドル(約1万7250〜2万1850円)也。

(文=桃田健史(IPN)/写真=フォード)

関連キーワード:
マスタングフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • 谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(前編) 2018.4.19 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回試乗したのは、フルモデルチェンジで6代目となったフォルクスワーゲンのコンパクトモデル「ポロ」。その仕上がりを、プロはどう評価するのか?
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
ホームへ戻る