インテリアの質感アップ、「マツダ・ベリーサ」マイナーチェンジ

2006.08.04 自動車ニュース

インテリアの質感アップ、「マツダ・ベリーサ」マイナーチェンジ

マツダは、ちょっと上級を狙ったコンパクトカー「ベリーサ」をマイナーチェンジし、2006年8月4日に発売した。

ポイントは、インテリアの質感向上。シートなどを含む内装色、素材の変更、ブラックメタリック調パネルの採用、メッキ調パーツの追加などでイメチェンを図る。

外観では、ボディカラーに高輝度の「クリスタルホワイトパールマイカ」、鮮やかな「パッションオレンジマイカ」、深青色の「ストーミーブルーマイカ」などを新規追加。さらにメッキパーツを加えるなどしている。

また、ブルーLEDの室内間接照明による“夜間の室内空間の雰囲気づくり”、ドアミラー内蔵グラウンドイルミネーションランプによる乗降時の足もと照明など、「夜間のドライブを演出する新装備も追加している」(プレスリリース)。

価格は、156.0万円から184.9万円まで。月間販売台数1500台を計画している。

(webCG 有吉)

マツダ「ベリーサ」:
http://www.verisa.mazda.co.jp/

関連キーワード:
ベリーサマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ベリーサ(4AT)【試乗記】 2004.7.22 試乗記 マツダ・ベリーサ(4AT)
    ……222万750円

    「車格という従来の概念を打ち破る新しいクルマ」としてリリースされた「マツダ・ベリーサ」。上質なコンパクトを標榜するそれは、どうなのか? 自動車ジャーナリストの笹目二朗が、第一印象を報告する。


  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • マツダ・ベリーサに、本物感表現した特別仕様車 2015.4.23 自動車ニュース
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記