【スペック】フェアレディZバージョンS(ベース車):全長×全幅×全高=4315×1815×1315mm/ホイールベース=2650mm/車重=1480kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(294ps/6400rpm、35.7kgm/4800rpm)

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇) 2006.08.03 試乗記 ニスモフェアレディZ S-tune S2仕様(FR/6MT)自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加。日産車のチューニングを手がける「ニスモ」は、特別なエンジンチューンを施した「フェアレディZ」を持ち込んだのだが……。

ストリート用にはもったいない……ニスモフェアレディZ S-tune S2仕様(FR/6MT)

本諏訪(以下「も」):日産の新車でチューニングベースといえば、やはりこのクルマをおいてほかにないでしょう。
関(以下「せ」):スーパーGTにも参戦している「フェアレディZ」です。
も:ズバリ、このエアロパーツ類はGT500クラス参戦車両をイメージして作られたとか。
せ:リアウイングも新しい形状になりました。

せ:復習しておきますと、ニスモでは大まかに「S-tune」「R-tune」「Z-tune」の順で、後者ほどハードなチューニングメニューとなっています。今回のZはストリートをターゲットにした「S-tune」ですね。
も:そしてエンジンチューンには「スポーツリセッティング」「S1」「S2」の3段階があって、今回は一番手の込んだ「S2」エンジン搭載とのこと。
せ:カムシャフトから強化バルブスプリング、ガスケットが変更されるだけでなく、専用の高圧縮シリンダーヘッドやオイルパンバッフルプレートまで採用されているなど、専用パーツのオンパレード。
も:特性の変化は?
せ:純正マフラーのままだと出力で約3%、トルクは約1%向上するそうです。
も:うーん、やっぱりNAエンジンは簡単にパワーアップしないなぁ。
せ:マフラーの種類によっては出力10%アップも可能みたいですよ。

も:でも数字だけじゃないよね。フィーリングとかが大きく違ってくるから。
せ:残念なのは、エンジンルームがそれほどカラフルではないことです。
も:それはたいして重要じゃないと思うけど。

も:……という自慢のエンジンだったんだけど、実は霧がすごくて走れなかったんだよね。
せ:残念ですが、危ないことはできません。
も:ということでゆっくり走行で感じた限りの印象をば。

せ:「S-tuneサスペンションシステム」の乗り心地はどうでした?
も:バネはそんなにガチガチじゃなくて、思っていたほどは悪くない。でも、ダンパーの減衰力が大きいので、ボディの収束がすごく速いな。
せ:確かに外から見ていても、そういうチューニングカーらしい動きが見えました。
も:あとはツインプレートクラッチらしい、ミートポイントのシビアさが気になるぐらいかな。つながりが急。
せ:肝心のエンジンはいかがざんしょ?
も:2500rpm以下だと、エンジン音はジャラーンジャラーンとざらついた音がする。やっぱりまわしてナンボって感じかなぁ。
せ:とはいえ、低回転スカスカの困ったちゃんではないですね。
も:そうね。2500rpm以上をキープしている限り、基本的には純正の特性を全域で上回っているから、扱いにくさはないよ。

せ:こんな豪華なメニューでストリート用なんてもったいない気がしますけど。
も:もちろんサーキットに行ってもかなり楽しめるんだろうけどね。でも、サーキットで実績のあるニスモは、そうなればもっと上のチューニングしてくるでしょ。
せ:やはりそこはレース屋。妥協しない、こういうコテコテチューンが似合いますな。

(文=webCG本諏訪裕幸&関顕也/写真=峰昌宏/2006年8月)

・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(TRD篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018431.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(STI篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018359.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018417.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018351.html


 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像

 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像

 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)【試乗記】 2009.5.28 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)
    ……481万6350円

    2008年に登場した新型「フェアレディZ」。特徴のひとつは、MT車にシンクロレブコントロールがついたこと。これにより、操縦はさらに楽しめるものになったのか? そしてその走りは?
ホームへ戻る