【スペック】フェアレディZバージョンS(ベース車):全長×全幅×全高=4315×1815×1315mm/ホイールベース=2650mm/車重=1480kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(294ps/6400rpm、35.7kgm/4800rpm)

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇) 2006.08.03 試乗記 ニスモフェアレディZ S-tune S2仕様(FR/6MT)自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加。日産車のチューニングを手がける「ニスモ」は、特別なエンジンチューンを施した「フェアレディZ」を持ち込んだのだが……。

ストリート用にはもったいない……ニスモフェアレディZ S-tune S2仕様(FR/6MT)

本諏訪(以下「も」):日産の新車でチューニングベースといえば、やはりこのクルマをおいてほかにないでしょう。
関(以下「せ」):スーパーGTにも参戦している「フェアレディZ」です。
も:ズバリ、このエアロパーツ類はGT500クラス参戦車両をイメージして作られたとか。
せ:リアウイングも新しい形状になりました。

せ:復習しておきますと、ニスモでは大まかに「S-tune」「R-tune」「Z-tune」の順で、後者ほどハードなチューニングメニューとなっています。今回のZはストリートをターゲットにした「S-tune」ですね。
も:そしてエンジンチューンには「スポーツリセッティング」「S1」「S2」の3段階があって、今回は一番手の込んだ「S2」エンジン搭載とのこと。
せ:カムシャフトから強化バルブスプリング、ガスケットが変更されるだけでなく、専用の高圧縮シリンダーヘッドやオイルパンバッフルプレートまで採用されているなど、専用パーツのオンパレード。
も:特性の変化は?
せ:純正マフラーのままだと出力で約3%、トルクは約1%向上するそうです。
も:うーん、やっぱりNAエンジンは簡単にパワーアップしないなぁ。
せ:マフラーの種類によっては出力10%アップも可能みたいですよ。

も:でも数字だけじゃないよね。フィーリングとかが大きく違ってくるから。
せ:残念なのは、エンジンルームがそれほどカラフルではないことです。
も:それはたいして重要じゃないと思うけど。

も:……という自慢のエンジンだったんだけど、実は霧がすごくて走れなかったんだよね。
せ:残念ですが、危ないことはできません。
も:ということでゆっくり走行で感じた限りの印象をば。

せ:「S-tuneサスペンションシステム」の乗り心地はどうでした?
も:バネはそんなにガチガチじゃなくて、思っていたほどは悪くない。でも、ダンパーの減衰力が大きいので、ボディの収束がすごく速いな。
せ:確かに外から見ていても、そういうチューニングカーらしい動きが見えました。
も:あとはツインプレートクラッチらしい、ミートポイントのシビアさが気になるぐらいかな。つながりが急。
せ:肝心のエンジンはいかがざんしょ?
も:2500rpm以下だと、エンジン音はジャラーンジャラーンとざらついた音がする。やっぱりまわしてナンボって感じかなぁ。
せ:とはいえ、低回転スカスカの困ったちゃんではないですね。
も:そうね。2500rpm以上をキープしている限り、基本的には純正の特性を全域で上回っているから、扱いにくさはないよ。

せ:こんな豪華なメニューでストリート用なんてもったいない気がしますけど。
も:もちろんサーキットに行ってもかなり楽しめるんだろうけどね。でも、サーキットで実績のあるニスモは、そうなればもっと上のチューニングしてくるでしょ。
せ:やはりそこはレース屋。妥協しない、こういうコテコテチューンが似合いますな。

(文=webCG本諏訪裕幸&関顕也/写真=峰昌宏/2006年8月)

・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(TRD篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018431.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(STI篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018359.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018417.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018351.html


 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像

 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像

 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)【試乗記】の画像
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産が「フェアレディZ」の快適装備を充実 2016.8.9 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」の一部仕様を変更。「バージョンS」には「カーウイングスナビゲーションシステム」を、「バージョンST」「NISMO」には上記に加え「BOSEサウンドシステム」「アクティブ・サウンド・コントロール」などを標準装備とした。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る