【スペック】全長×全幅×全高=3815×1645×1440mm/ホイールベース=2490mm/車重=1050kg/1.2リッター直4DOHC16バルブ(75ps/5600rpm、11.2kgm/4000rpm)/車両本体価格=169.0万円(テスト車=同じ)

オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】

オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き) 2002.01.24 試乗記 ……169.0万円総合評価……★★★

まじめに遊ぶ

いわゆる2002年モデルから日本でも販売が開始された「5段マニュアル but 2ペダル」の1.2リッターモデル。「イージートロニック」と呼ばれるマニュアルトランスミッションは、電子制御式油圧クラッチをもつので、クルマがヒトに代わって見えないクラッチペダルを踏んでくれる。フロアのシフターを前後に動かしてギアを変えられるほか、オートマチックモードも備わる。
ヴィータおまかせのオートマコースは、お味まあまあ。トルクコンバーターをもつ通常のAT車から乗り換えると、ギアを変える間合いに少々とまどう。全力加速では、シフト時に乗員がお辞儀する……が、実用レベルではある。一方のシーケンシャルモードは、操作に対する反応はいいし、ギアを落とす際には、中ぶかしを入れて回転まで合わせてくれる。
ヴィータスポーツは、にわかに1.2リッターとは信じられないトルキーな「ECOTEC」ユニット、力強い加速、高い直進性、そしてややバタつく足まわりを特徴とする。ギアボックスに目新しい機構をもちながらも、そこはオペルのクルマ、遊ぶときもクソまじめ、な感じだ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年10月のパリサロンで発表された3代目コルサ(邦名ヴィータ)。オペルのボトムレンジを担う3/5ドアのハッチバックモデルである。2001年2月1日から、「1.4リッター+4段AT」モデルの日本への輸入がはじまった。
2002年モデルは、「1.4リッター+4段AT」の「Swing」(3ドア)と「GLS」(5ドア)に、いずれも5ドアの1.8リッター「GSi」と1.2リッター「Sport」が加わった。トランスミッションは、GSiが5MT、Sportが5MTながら2ペダル、オートマチックモード付きの「イージートロニック」である。
(グレード概要)
ヴィータ スポーツは、日本におけるオペルのボトムレンジモデル。とはいえ、単なる廉価版ではない証に「イージートロニック」を搭載する。装備面でも1.4リッターモデルと遜色ない、というより、むしろ「スポーティグレード」として、ルーフスポイラー、ひとまわり大きな15インチホイール、スポーツインテリア(シルバーパネル、ホワイトメーターなど)といった演出が施される。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
右/左ハンドルに対応できるよう、左右対称なパーツが散見されるインパネまわり。グレーを基調に実用一点張りでまとめられるなか、GSiとSportには、「スポーツインテリア」と呼ばれる、センターパネル、シフトノブ、ドアインナーハンドルなどにシルバーを配した内装が採られる。計器類はホワイトメーターだ。3本スポークの革巻きステアリングホイールには、オーディオ操作ボタンが付く。
(前席)……★★★
ヴィータSportのインテリアは、グレーのクロス地のみ。有無を言わさぬ硬いシート。形状、シート地とも質素なものだが、運転席にはシート全体を動かすハイトコントロールが装備される。背もたれの角度調整は、無段階で選べるダイヤル式。シートバックの内側側面にモノ入れのポケットが付く。丈夫なヘッドレストは、追突されたときに前方に動いて頸椎のダメージを減じる「アクティブヘッドレスト」だ。
(後席)……★★★★
3.8mのボディ長にして、最大限採られたリアスペース。座面長は短めだが、大人用として使える。前席背もたれの後ろがえぐられ、またシート下に足先が入れられるようにして、膝前空間を稼ぐ。背もたれが立ち気味なので、後席の乗員は背筋を伸ばして座る必要がある。当たり前のように3人分の立派なヘッドレストと3点式シートベルトが装備され、センターシートにおいても安全性に遜色ないのは、さすが。立派なクソ真面目。
(荷室)……★★
床面最大幅108cm、奥行き65cm、パーセルシェルフまでの高さ45cmと、後席の居住性アップにスペースを取られ、ラゲッジルームは日常ユースレベル。もっとも、リアシートが6:4の分割可倒式(ダブルフォールディング時、座面は一体で前に折れる)になっているから、荷室容量は260リッターから最大1060リッター(VDA方式)まで拡大可能だ。それにしても、追突時に荷物がキャビンに飛び込まないよう、後席シートバックを固定する金具のゴツイこと! 使い勝手に考慮して、ハッチゲイト内側には取っ手が付く。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
オペル自慢のECOTECツインカム搭載。体感上は、75ps、11.2kgmというスペック以上にトルキー。加速のカギとなる5段MTのギア比は1.8リッターモデル「GSi」と同じだが、(当然ながら)ファイナルは3.735から3.944へと大幅に落とされる。100km/h巡航時のエンジン回転数は約3400rpmとやや高め。注目の「イージートロニック」は、LUKとボッシュの共同開発。渋滞にはまった際には便利なオートマモードをもつ。マニュアル(シーケンシャル)モードにしていても、条件が合えばキックダウンが効くし、エンジン回転数がレブリミットに達すればシフトアップする、優等生なセッティングだ。また、弱めながらクリープもする。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
小柄なボディに似合わず、どっしりした乗り心地。高速道路での直進性は高い。一方、街なかではややバネ下がドタつく。少々荒いと感じるヒトがいるかも。ちなみに、ヴィータ スポーツのタイヤサイズは、1.4リッター車よりひとまわり大きな185/55R15。1.8リッターモデルと同じだ。ステアリングは正確で、挙動は安定志向。ただし、ピリリとホットなコンパクトスポーツ、を期待すると、ややサビ抜き。

(写真=郡大二郎)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2002年1月22日から23日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年
テスト車の走行距離:2467km
タイヤ:(前)185/55R15 82H/(後)同じ(いずれもMichelin Energy)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(5):山岳路(1)
テスト距離:489.6km
使用燃料:42.3リッター
参考燃費:11.6km/リッター



オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像


オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像


オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像
クリックするとリアシートの倒れるさまが見られます。

クリックするとリアシートの倒れるさまが見られます。


オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像


オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 新型オペルアストラ「CD」、日本発売(7/3) 1998.7.3 自動車ニュース 株式会社ヤナセは新型「オペルアストラCD」を7月11日より発売すると発表した。従来とはかなりイメージが変わったハッチバックボディが特徴的だ。価格は230.0万円だ。エンジンは新開発の1795cc4気筒DOHC16バルブユニットが搭載される。最高出力は115ps/5400rpm、最大トルクは17.3kgm/3400rpmだ。ギアボックスは電子制御4段ATとなる。ボディサイズは全長×全幅×全高=4110×1710×1420mmで、ホイールベースは2615mm(従来型プラス100mm)だ。車両重量は1210kgである。ボディはねじれ剛性が従来型より1.8倍向上したとされている。12年間の錆穴保証もつけられる亜鉛メッキ鋼板を使用しているのも特徴だ。マクファーソン・ストラットのフロントサスペションはサブフレームを用いることで振動、騒音などの低減をはかったという。リアサスペンションはトレーリングアーム付トーションビームと形式こそ従来と同じだが、新型ではレイアウトを根本から見直して、性能を上げるとともに、トレーリングアーム、ホイールキャリア、ダンパーマウントという3つのユニット構成とすることで軽量化をはかっている。能動的安全性の面ではABSの性能を上げるとともに、トラクションコントロールが標準装備とされている。受動的安全性の面では、ボディの構造をアップデートしていることに加え、前席デュアルエアバッグ、シート一体型サイドエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター付前席シートベルト、前面衝突時にブレーキペダルが室内に突出するのを防ぐフットプロテクションシステムなどが採用されている。今回は「アストラワゴンCD」も同時発売された。今回の新型アストラ発表の場でさかんに使われた表現がおもしろかった。「プレミアムコンパクト」。インポーターを務めるヤナセの稲山孝英代表取締役社長によると、サイズはコンパクトで機能、性能、品質をあげたモデルのことを指すのだそうだ。新型アストラはたしかに仕上げ、しっかり感、各部のデザイン処理などで従来型を大きくしのいでいる。「新型ゴルフはグッドだ。しかしアストラはベターだ」(オペルジャパン・インターナショナルテクニカルディベロップメントセンター・デピュティディレクター、ハーバート・シュルツ氏)と自信に満ちた発言もあるほどだ。もうひとつの特徴は、エモーショナルなスタイリング。ライバルのゴルフのパッケージングがこのクラスの基本になっているところがあるから、差別化をはかるといきおい感覚的な要素を少なからず取り込まざるをえないのかもしれない。しかしそうなると今度は流行商品におちいる危険性も出てくる。「新型アストラは日本車の“悪しき”影響をけっこう受けているなあ」という声も発表会会場で聞かれた。(WebCG=オガワ)
ホームへ戻る