【スペック】全長×全幅×全高=3815×1645×1440mm/ホイールベース=2490mm/車重=1050kg/1.2リッター直4DOHC16バルブ(75ps/5600rpm、11.2kgm/4000rpm)/車両本体価格=169.0万円(テスト車=同じ)

オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】

オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き) 2002.01.24 試乗記 ……169.0万円総合評価……★★★

まじめに遊ぶ

いわゆる2002年モデルから日本でも販売が開始された「5段マニュアル but 2ペダル」の1.2リッターモデル。「イージートロニック」と呼ばれるマニュアルトランスミッションは、電子制御式油圧クラッチをもつので、クルマがヒトに代わって見えないクラッチペダルを踏んでくれる。フロアのシフターを前後に動かしてギアを変えられるほか、オートマチックモードも備わる。
ヴィータおまかせのオートマコースは、お味まあまあ。トルクコンバーターをもつ通常のAT車から乗り換えると、ギアを変える間合いに少々とまどう。全力加速では、シフト時に乗員がお辞儀する……が、実用レベルではある。一方のシーケンシャルモードは、操作に対する反応はいいし、ギアを落とす際には、中ぶかしを入れて回転まで合わせてくれる。
ヴィータスポーツは、にわかに1.2リッターとは信じられないトルキーな「ECOTEC」ユニット、力強い加速、高い直進性、そしてややバタつく足まわりを特徴とする。ギアボックスに目新しい機構をもちながらも、そこはオペルのクルマ、遊ぶときもクソまじめ、な感じだ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年10月のパリサロンで発表された3代目コルサ(邦名ヴィータ)。オペルのボトムレンジを担う3/5ドアのハッチバックモデルである。2001年2月1日から、「1.4リッター+4段AT」モデルの日本への輸入がはじまった。
2002年モデルは、「1.4リッター+4段AT」の「Swing」(3ドア)と「GLS」(5ドア)に、いずれも5ドアの1.8リッター「GSi」と1.2リッター「Sport」が加わった。トランスミッションは、GSiが5MT、Sportが5MTながら2ペダル、オートマチックモード付きの「イージートロニック」である。
(グレード概要)
ヴィータ スポーツは、日本におけるオペルのボトムレンジモデル。とはいえ、単なる廉価版ではない証に「イージートロニック」を搭載する。装備面でも1.4リッターモデルと遜色ない、というより、むしろ「スポーティグレード」として、ルーフスポイラー、ひとまわり大きな15インチホイール、スポーツインテリア(シルバーパネル、ホワイトメーターなど)といった演出が施される。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
右/左ハンドルに対応できるよう、左右対称なパーツが散見されるインパネまわり。グレーを基調に実用一点張りでまとめられるなか、GSiとSportには、「スポーツインテリア」と呼ばれる、センターパネル、シフトノブ、ドアインナーハンドルなどにシルバーを配した内装が採られる。計器類はホワイトメーターだ。3本スポークの革巻きステアリングホイールには、オーディオ操作ボタンが付く。
(前席)……★★★
ヴィータSportのインテリアは、グレーのクロス地のみ。有無を言わさぬ硬いシート。形状、シート地とも質素なものだが、運転席にはシート全体を動かすハイトコントロールが装備される。背もたれの角度調整は、無段階で選べるダイヤル式。シートバックの内側側面にモノ入れのポケットが付く。丈夫なヘッドレストは、追突されたときに前方に動いて頸椎のダメージを減じる「アクティブヘッドレスト」だ。
(後席)……★★★★
3.8mのボディ長にして、最大限採られたリアスペース。座面長は短めだが、大人用として使える。前席背もたれの後ろがえぐられ、またシート下に足先が入れられるようにして、膝前空間を稼ぐ。背もたれが立ち気味なので、後席の乗員は背筋を伸ばして座る必要がある。当たり前のように3人分の立派なヘッドレストと3点式シートベルトが装備され、センターシートにおいても安全性に遜色ないのは、さすが。立派なクソ真面目。
(荷室)……★★
床面最大幅108cm、奥行き65cm、パーセルシェルフまでの高さ45cmと、後席の居住性アップにスペースを取られ、ラゲッジルームは日常ユースレベル。もっとも、リアシートが6:4の分割可倒式(ダブルフォールディング時、座面は一体で前に折れる)になっているから、荷室容量は260リッターから最大1060リッター(VDA方式)まで拡大可能だ。それにしても、追突時に荷物がキャビンに飛び込まないよう、後席シートバックを固定する金具のゴツイこと! 使い勝手に考慮して、ハッチゲイト内側には取っ手が付く。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
オペル自慢のECOTECツインカム搭載。体感上は、75ps、11.2kgmというスペック以上にトルキー。加速のカギとなる5段MTのギア比は1.8リッターモデル「GSi」と同じだが、(当然ながら)ファイナルは3.735から3.944へと大幅に落とされる。100km/h巡航時のエンジン回転数は約3400rpmとやや高め。注目の「イージートロニック」は、LUKとボッシュの共同開発。渋滞にはまった際には便利なオートマモードをもつ。マニュアル(シーケンシャル)モードにしていても、条件が合えばキックダウンが効くし、エンジン回転数がレブリミットに達すればシフトアップする、優等生なセッティングだ。また、弱めながらクリープもする。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
小柄なボディに似合わず、どっしりした乗り心地。高速道路での直進性は高い。一方、街なかではややバネ下がドタつく。少々荒いと感じるヒトがいるかも。ちなみに、ヴィータ スポーツのタイヤサイズは、1.4リッター車よりひとまわり大きな185/55R15。1.8リッターモデルと同じだ。ステアリングは正確で、挙動は安定志向。ただし、ピリリとホットなコンパクトスポーツ、を期待すると、ややサビ抜き。

(写真=郡大二郎)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2002年1月22日から23日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年
テスト車の走行距離:2467km
タイヤ:(前)185/55R15 82H/(後)同じ(いずれもMichelin Energy)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(5):山岳路(1)
テスト距離:489.6km
使用燃料:42.3リッター
参考燃費:11.6km/リッター



オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像


オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像


オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像
クリックするとリアシートの倒れるさまが見られます。

クリックするとリアシートの倒れるさまが見られます。


オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像


オペル・ヴィータ スポーツ(5MT-オートマチックモード付き)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


ホームへ戻る