トヨペット店50周年記念車、「プレミオ」「アルファード」に

2006.08.01 自動車ニュース

トヨペット店50周年記念車、「プレミオ」「アルファード」に

トヨタ自動車は、トヨペット店のチャネル創立50周年を記念し、中型セダン「プレミオ」と大型ミニバン「アルファードG」に特別仕様車を設定、2006年8月1日に発売した。

プレミオの特別仕様車「1.5 F“Lパッケージ・プライムセレクション”」(1.5リッター)と「1.8 X“Lパッケージ・プライムセレクション”」(1.8リッター)は、“Lパッケージ”の装備に、専用木目調インストルメントパネル&センタークラスター、スエード調ファブリックシート表皮を採用し、質感アップを図るなどしたモデルだ。価格は、183万7500円から223万6500円まで。


「アルファードG」

いっぽうのアルファードGは「AS“プライムセレクション”」(2.4リッター)と「MS“プライムセレクション”」(3リッター)。アルカンターラと本革を組み合わせた専用シート表皮や、挟み込み防止機能付きのデュアルパワースライドドア・パワーバックドア、バックドアイージークローザーなどを特別装備した内容だ。
ちなみにチャネル違いで「アルファードV」にも同じ様な特別仕様車が用意される。
342万3000円から394万8000円まで。

(webCG 有吉)


トヨタ自動車「プレミオ」:
http://toyota.jp/premio
同「アルファードG」:
http://toyota.jp/alphardg/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • スバル、新型「XV」の先行予約を開始 2017.3.8 自動車ニュース 富士重工業は2017年3月8日、今春発表予定の新型「スバルXV」の先行予約を3月9日に開始すると発表した。2リッターに加え1.6リッターも設定するほか、歩行者保護エアバッグと先進運転支援システムEyeSight(ver.3)を全車に装備する。
ホームへ戻る