トヨペット店50周年記念車、「プレミオ」「アルファード」に

2006.08.01 自動車ニュース

トヨペット店50周年記念車、「プレミオ」「アルファード」に

トヨタ自動車は、トヨペット店のチャネル創立50周年を記念し、中型セダン「プレミオ」と大型ミニバン「アルファードG」に特別仕様車を設定、2006年8月1日に発売した。

プレミオの特別仕様車「1.5 F“Lパッケージ・プライムセレクション”」(1.5リッター)と「1.8 X“Lパッケージ・プライムセレクション”」(1.8リッター)は、“Lパッケージ”の装備に、専用木目調インストルメントパネル&センタークラスター、スエード調ファブリックシート表皮を採用し、質感アップを図るなどしたモデルだ。価格は、183万7500円から223万6500円まで。


「アルファードG」

いっぽうのアルファードGは「AS“プライムセレクション”」(2.4リッター)と「MS“プライムセレクション”」(3リッター)。アルカンターラと本革を組み合わせた専用シート表皮や、挟み込み防止機能付きのデュアルパワースライドドア・パワーバックドア、バックドアイージークローザーなどを特別装備した内容だ。
ちなみにチャネル違いで「アルファードV」にも同じ様な特別仕様車が用意される。
342万3000円から394万8000円まで。

(webCG 有吉)


トヨタ自動車「プレミオ」:
http://toyota.jp/premio
同「アルファードG」:
http://toyota.jp/alphardg/

関連キーワード:
プレミオアルファードトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】 2010.3.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
    ……502万8000円/487万3000円

    トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
  • トヨタ・プレミオ 1.8X“Lパッケージ”(FF/CVT)/アリオン A15“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2007.6.26 試乗記 トヨタ・プレミオ 1.8X“Lパッケージ”(FF/CVT)/アリオン A15“Gパッケージ”(FF/CVT)
    ……241万800円/223万2300円

    トヨタのミディアムセダン「プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジし2代目となった。2つの顔をもつ新型セダンに試乗した。
  • 第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ 2017.9.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第59回は「『EV化の流れは止まらない』のウソ」。内燃車のEVシフトが叫ばれる中、ディーゼル車の存在意義が揺らぎ始めている。ディーゼルは本当に消えてしまうのか!? 「BMW 320d」を購入した筆者が、疑問を投げかける。
ホームへ戻る