「GT3 RS」や「ケイマン」も――ポルシェ2007年モデル、受注スタート

2006.08.01 自動車ニュース

「GT3 RS」や「ケイマン」も――ポルシェ2007年モデル、受注スタート

ポルシェ・ジャパンは、2007年モデルのポルシェ各車の受注を、2006年8月1日に開始した。
該当車種は、「911」シリーズが「GT3 RS」「GT3」「タルガ4S」「タルガ4」「カレラ4Sカブリオレ」「カレラ4S」「カレラ4カブリオレ」「カレラ4」「カレラSカブリオレ」「カレラS」「カレラ・カブリオレ」そして「カレラ」。「ケイマン」シリーズでは「ケイマンS」に加えスタンダードな「ケイマン」登場。「ボクスター」も「ボクスターS」と「ボクスター」の二本立てとなる。

■「ケイマン」633.0万円から

目玉は、ボクスターのクーペ版たるケイマンに追加された「ケイマン」。可変バルブコントロール付きの2.7リッター水平対向6気筒エンジン(245ps、27.8kgm)を搭載したよりベーシックなモデルで、ブラック塗装のブレーキキャリパー/フロントスポイラーリップ、リアエンドのチタンカラーのロゴマーク、台形断面のテールパイプなどが識別点という。

5段マニュアル仕様(633.0万円)と、5段ティプトロニックS仕様(675.0万円)の2タイプが用意される。なお3.4リッターの「ケイマンS」は、6段マニュアル、5段ティプトロニックSとも150.0万円高の設定だ。


「ケイマンS」(写真)に加え、スタンダードな「ケイマン」もラインナップ。

■「ボクスター」、ケイマン並にパワーアップ

ケイマンとボクスター両モデルのMT車に右ハンドルが導入されたのもニュース。さらに、ボクスターシリーズの2台がパワーアップされ、「ボクスター」の2.7リッターユニットは、5ps増の245ps、27.8kgm、つまりケイマンと同じエンジンとなった。

いっぽう「ボクスターS」の心臓も、やはりケイマン同様。3.2リッターから3.4リッターに排気量が拡大され、パワーは15psプラスの295ps、トルクは34.7kgmとなった。
ボクスターシリーズ、価格は579.0万円から747.0万円まで。

■「タルガ」と「GT3 RS」登場

先頃新型の4WD化が発表されたばかり、911のオープンモデル「911タルガ4/タルガ4S」と、レース参戦を前提としたホモロゲーション用ベース車両「911 GT3 RS」がお目見えする。

大型ガラスルーフがスライドすることでオープンエアが楽しめるタルガ。タルガ4は3.6リッター6気筒と5段ティプトロニックSの組み合わせで、1395.0万円、よりパワフルなタルガ4Sは3.8リッターと5段ティプトロSで、1589.0万円のプライスタグを付ける。

そして、GT3 RS。ノーマルGT3と同じ3.6リッターボクサーは、415ps、つまりリッターあたり115.3psを発生する。クロスレシオの6段マニュアルトランスミッションとシングルマス・フライホイール、20kg軽量化されたというボディにより、0-100km/h加速はGT3よりも0.1秒速い4.2秒を記録。200km/hには13.3秒で到達、最高速度は310km/hという。
価格は、1890.0万円と、今回発表されたモデル中最高値をつけている。


「911 GT3 RS」、レース参戦を念頭に置いたモデルだ。

また各国のGT選手権参戦を念頭に置き、カーボンファイバー製ボディ部品、リアアクスルのスプリット式ウィッシュボーンを含むすべてのサスペンション部品など、GT3からいくつかの点で変更が施されているという。

ポルシェ・ジャパンが、07モデルで立てた目標販売台数は3800台という。

(webCG 有吉)

関連キーワード:
911ボクスターポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • 第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ! 2017.8.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第56回は「激安車の粗悪車(?)に賭けろ!」。諸経費の高さに驚きつつも、「BMW 320d」の購入に踏み切った筆者。いったいナゼ!? 安心をとるか、リスクをとるか。中古車選びには常に賭けがつきまとう。
ホームへ戻る