第2回:撮影NGのGM工場に潜入取材!
〜大型SUV「エスカレード」の製造の真実(桃田健史)

2006.08.01 エッセイ

第2回:撮影NGのGM工場に潜入取材!〜大型SUV「エスカレード」の製造の真実

アーリントンファクトリーに隣接する列車線路。そこに、プラットフォームが山積みされている。
1953年稼動開始。80年代に入り、SUV専業ラインとなった。
次々と流れていくプラットフォーム。

アメ車は見かけない……といいつつ、「ハマーH2」「キャデラック・エスカレード」などのフルサイズSUVは日本でも目にすることがある。本国アメリカを主戦場とするこれらのモデルの工場は、さぞかし賑わっているのかと思いきや……。通常は撮影NGの製造現場に突撃取材!

■基本的に何を撮ってもOK

なんとも不思議な光景に出くわした。幹線道路の脇、列車線路の上には放置された長い貨物の列。その上に、何やら鉄骨が積み上げられている。近づいて見ると、その鉄骨には「Made in Mexico」の文字が。これこそ、フルサイズSUVの最新型「キャデラック・エスカレード」のプラットフォームなのだ。

テキサス州アーリントン。ここはダラス・フォートウォース国際空港の南部に位置し、MLBテキサスレンジャースの本拠地であるアメリクエストフィールドスタジアム、シックスフラッグス(遊園地)が立ち並ぶ。だが、GMアーリントンファクトリー周辺には、寂れた住宅が軒を連ね、やせ細った犬が大きなアクビをしている。“いかにも工場の街”のイメージが漂っているのだ。

今日は、地元メディアを招待して「キャデラック・エスカレード」「シボレー・タホ」「GMCユーコン」の3車種のアッセンブリー(最終組付け)ライン見学、その後に3車種の試乗会があり、最後に「シボレー・アバランチェ」新車説明会と目一杯のスケジュールが組まれている。フルサイズSUVの販売苦戦真っ只中、GM自らが製造現場の実態をさらけ出し、ユーザーへ信頼回復をアピールする作戦だ。
さらに通常はNGの写真撮影も「基本的に何を撮ってもOK」という大盤振る舞い。見学会参加者全員には、テキサス州・州旗(白地に赤/青&大きな星)をモチーフとした、ど派手なポロシャツが配られた。

車両の製造工程はいたってシンプルだった。メキシコから引っ張られてきたプラットフォームに部品を続々と装着し、ボディと合体して、はい一丁上がり。製造能力は1時間に56台。1日2交代制で1日900台がアーリントンから旅立っていく。

GMのフルサイズピックアップトラックとフルサイズSUV、プラットフォームは共通となる。
「エスカレード」「タホ」「ユーコン」、それぞれ1台あたりのライン上組みつけ時間は同じだ。

■フルサイズSUVラインにコンパクトカーがやってくる日

それにしても、工場内に人が少ない。産業ロボットが多いという意味ではない。1工程あたりの担当者数が少ないのだ。プラットフォームとエンジン+トランスミッションを組み付ける工程でも、担当者はひとり。ブラブラと吊るされているエンジン+トランスミッションの前方向を持って、長いプラットフォームの後部に見当をつけて、ドッカンと合体するという作業をしている。
それを見て、先日日本出張の際に訪れた三菱ふそう・川崎工場を思い出した。「三菱キャンター」のプラットフォームとパワートレインの合体作業は、4、5人がかりできめ細かく作業していた。

アーリントンファクトリー・ライン見学の後、話を聞いた工場の担当者は作り笑顔ではなく、終始明るい表情だ。
「いやー、これでも結構忙しいンだ。どれもフルモデルチェンジの後だからね。でも、立ち上がり時は良かったンだけど、最近は減ったね」
2006年6月/GM発表の同社米国内月間販売台数は、エスカレード3074台(05年同比▲15.6%)、タホ1万3473台(同▲46.2%)、GMCユーコン6422台(同▲49.0%)だ。販売は厳しい状況と言えよう。
GMが行った早期退職制度募集の結果、アーリントン工場の就業総数3200人(パートタイムを含む)のうちのUAW(米国自動車労組)組合員2700人中975人が工場を去る。当面、人員の補充は考えられていないそうだ。

そう言えば……。先に始まった日産・ルノー/GMの提携交渉では、GM米国内工場での日産車製造も議題にあるという。日産のSUV、フルサイズピックアップトラック製造工場はミシシッピー州キャントン工場。アーリントンから西に約800kmの距離だ。ここアーリントンにも、GM/ワゴナー社長&ルノー/ゴーン社長の大ナタが振るわれるのだろうか。

1990年代、時流に乗ってアメ車の稼ぎ頭となったフルサイズSUV。しかしいま、時流はダウンサイジングへと大きくシフトした。1953年創業のアーリントン工場の組み立てラインに、コンパクトカーが流れる日がくるかもしれない。

(文=桃田健史(IPN)/2006年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。