第271回:英国グッドウッドから夢の報告
祝! 突然オレが“伝説”になった日(小沢コージ)

2006.08.01 エッセイ

第271回:英国グッドウッドから夢の報告祝! 突然オレが“伝説”になった日

四輪、二輪の有名どころが勢ぞろい。現役組では、ホンダのエース、ジェンソン・バトン(右)も。ちなみに左はデイモン・ヒル!
四輪、二輪の有名どころが勢ぞろい。現役組では、ホンダのエース、ジェンソン・バトン(右)も。ちなみに左はデイモン・ヒル!
由緒ある50年式ジャガーXK120をドライブすることに。
由緒ある50年式ジャガーXK120をドライブすることに。
第271回:英国グッドウッドから夢の報告祝! 突然オレが“伝説”になった日(小沢コージ)の画像

■急遽ドライバーとして出ることに

いやー、まいったよ、まいりましたっ! 遂に不肖、小沢コージが“伝説”になる日が来ちゃいました。それも突然に。

というのも先日ね。去年に引き続き毎年イギリス・サセックス州で行われてる世界最大級のヒストリックカーイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に行って、最初は当然“観る側”だったわけだけど、急遽とある運命的出来事に遭遇、“出る側”、つまりドライバーとして出ることになってしまったのだ。

今まで日本人で出たのは確かトヨタの元副社長の斎藤明彦さんとか元F1ドライバーの片山右京さんとか、その手のVIPしかおらず、おそらく日本人ジャーナリストでは初! なんという幸運! なんという栄誉! オレってやっぱツイてるぅ♪

ちなみに運命的出来事っていうのは友人でもあるソニー・プレイステーションの『グランツーリスモ』プロデューサーの山内一典クンとの出会いで、要するにオレが出たクルマの枠は元々彼のもので、彼が3日目に帰ることになったがゆえオハチが回ってきたってわけ。

しかもオレは前もって山内クンに「もしや助手席に乗れるかもしれないから」って言われてグッドウッドにメットとツナギとシューズとグローブを持ってきておりそれが幸い。でもまあその昔、レーサーは自分が出ないレースでももしもの時のためにメットとツナギは持ってきとくって話があったけど、ホントだよね。幸運はいつ降ってくるかわからない。

第271回:英国グッドウッドから夢の報告祝! 突然オレが“伝説”になった日(小沢コージ)の画像
このジャガー、アルペンラリー2連勝のクルマそのもの。
このジャガー、アルペンラリー2連勝のクルマそのもの。
同じグループには、あのサー・ジャック・ブラバムも! 1926年(大正15年)生まれの元ワールドチャンピオンは今も健在だ。
同じグループには、あのサー・ジャック・ブラバムも! 1926年(大正15年)生まれの元ワールドチャンピオンは今も健在だ。

■モス、スチュワート、サーティース、マンセル!

さて乗ったのはイベント最終日の日曜日の午後のピーカン照りのなか。結構、ドライバー登録に手間取り「やっぱりムリか?」って瞬間もあり、出れると確定した時は、観客からいきなり俳優になったようなもんで一瞬にして舞い上がりましたね。

とにかくそこはスターの宝庫! 今回は四輪界からは大御所のスターリング・モスをはじめ、ジャッキー・スチュワートにジョン・サーティース、そしてななんとグッドウッド初登場のナイジェル・マンセルも!

現役ドライバーでもジェンソン・バトンにジル・ド・フェランとそうそうたる顔ぶれで、ニ輪界からもランディ・マモラにロン・ハスラムなどなど有名ドコ勢ぞろい。まさしく“モータースポーツ界のオーシャンズ11”って感じで、そのなかで走るオレっていったいなんなのよという。NHKの紅白歌合戦で突然歌うことになっちゃったようなキブンかなぁ。

ちなみに乗ったのはジャガー本社のヘリテッジ部門が所有するアルペンラリー2連勝の50年式ジャガーXK120の実車で、元々創業者のサー・ウィリアムズ・ライオン氏の娘夫婦が所有していた超貴重車。

さらに同一グループで走ったのは元F1チャンプのジャック・ブラバム! ブラバムさんはなんと自ら最初にワールドチャンピオンシップをとったマシンとそっくりのクーパー・クライマックスT51に乗っておられ、まさに夢の組み合わせでありました。

そして会場は知る人ぞ知るイギリスのクルマ好き貴族のマーチ卿の自宅敷地内で、現行フォーマットでイベントが始まったのは93年からとはいえ、元々36年からモータースポーツをしていたという由緒ある場所。そのワラの塊ごしにコースとマシンを観る風景はまさにレース版フィールド・オブ・ドリームス! これまた夢のなかの世界でありました。

■“偉大なるコスプレ・イベント”

一応軽くインプレいっとくとXK120は、レーシングカーとは言え、基本は普通の足元の広い乗用オープンカーで、その3.4リッターDOHCのXKエンジンも5200回転がレブリミットの今となっては普通の奴。ギアも4速のHパターンで多少入りがシブめでゲートがあいまいなほかは今のと一緒。レーシングカーのわりにトルクも太めで扱いやすく、あえて言えば文句はハンドルがノーフィールだったくらい。

一方、コースはタイムを計測するとはいえ、1.16マイルの多少曲がった上り坂を一台一台思い思いに走るエキジビションスタイル。特に緊張はしなかったけど、最初はタコメーターが逆に回るわ、ブレーキが意外と効かないわでちょっとだけドキドキ。っていうかこんなんでコースアウトしても、なんのジマンにもならないんでゆっくり走りましたけどね。ふぅ〜。

しかしさ、有名ドライバーと一緒に歴史的マシンに乗って、アクセルふかして“同じ釜の飯”ならぬ、“同じアスファルトの上”を走る気分は格別。思わず走り終わったら、クーパー・クライマックスに向かって「ヘイ、ジャック!」とか言いたい気分でした。やらなかったけど(笑)。

まあとにかくモータースポーツはサッカーやテニスと違って、マシンに乗って動かすだけでかなりの擬似ヒーローキブン。つくづく偉大なるコスプレ・イベントだと思いましたね。ブラボー、グッドウッド!

(文と写真=小沢コージ/2006年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』