イタリアの血が入った「ハリアー・ザガート」発表

2006.07.29 自動車ニュース

イタリアの血が入った「ハリアー・ザガート」発表

トヨタ自動車の関連会社、トヨタモデリスタインターナショナルは、2006年7月28日、東京・お台場で開かれたイベント「オートギャラリー2006」内のプレスブリーフィングで、コンプリートカー「ハリアー・ザガート」を発表した。イタリアはSZデザイン社とのコラボモデルで、250台限定で販売される。


この発表会にあわせ来日したSZ社のアンドレア・ザガート社長(左)。握手を交わすのはトヨタモデリスタインターナショナルの弓削攻社長。

■ベース車プラス213万1500円

トヨタとSZデザイン社(旧ザガート)との関係は実に10年近くにもわたり、今回のコラボレートモデルは1998年の「ハリアー・ザガート(初代)」、2001年の「VM180(MR-Sベース)」に続く3弾目となる。2006年はトヨペット店50周年、その記念モデルという位置付けである。

「ハリアー・ザガート」は、その名の通り、ベース車「トヨタ・ハリアー」を、イタリアの名門カロッツェリア・ザガートがデザインした内容。フロント部では大きく開いたグリルと、フォグランプが埋め込まれた大型エアロバンパーが変更点だ。




サイドに目をやると、ひときわ目立つのが大きく張り出した前後フェンダー。ベース車比で45mmも広げられた全幅もさることながら、そのボリューム感あるデザインが見ものだ。

さらにその前後フェンダーをつなぐように、ドアパネル下半分にも加飾が行われ、一体感を醸し出す。リアとサイドには、「DESIGN ZAGATO」のエンブレムも備わる。

18インチタイヤを装着しベース車比で約20mm低く身構えたその姿を、SZ社チーフデザイナーの原田則彦氏は、「自動車のかたちをした野生の動物」と評した。


「ハリアー・ザガート」のデザインにも関わった、SZ社チーフデザイナーの原田則彦氏。「最初からこのデザインであったかのような、取って付けた感じがない」と出来を評価する。

エンジンはベース車に準じ、2.4と3.5リッターが用意され、FF、4WD両モデルがラインナップされる。
カラーリングは専用色のレッドマイカメタリックに加え、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックの全3色。装備は「Lパッケージ」車同等となり、価格はベース車比で213万1500円高い、493万5000円〜571万2000円だ。

コンプリートカーとして販売され、パーツごとの購入はできない。全国トヨペット店、トヨタモデリスタ店で限定250台が販売される。

(webCG 本諏訪)





【carscope】「ハリアー・ザガート」の写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
ホームへ戻る