【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1470mm/ホイールベース=2440mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ インタークーラー付きターボチャージャー(64ps/6000rpm、10.5kgm/3000rpm)/価格=141万7500円(テスト車=145万9500円)

ダイハツ・ソニカRSリミテッド(FF/CVT)【ブリーフテスト】

ダイハツ・ソニカRSリミテッド(FF/CVT) 2006.07.28 試乗記 ……145万9500円総合評価……★★★★2005年東京モーターショー出展の「SKツアラー」が、「ソニカ」となってデビュー。開発コンセプトである“爽快ツアラー”は、現実となっているのか? そしてターボエンジンと新開発CVTの実力は?


堅実な若者がターゲット

一見すると四角い箱型の軽自動車の典型であるが、よく見ていくと全高は低めで、ドアハンドルの処理などにも高級感があり、全体に安物感を排斥する努力が散見される。しかし「ムーヴ」や「タント」「ムーヴラテ」なども擁する豊富な陣容の中では、何がどう違うのか選ぶのに迷うほどだ。
リリースによれば「爽快ツアラー」をコンセプトとしているようだが、ダイハツの流儀としては、眉目秀麗な目立ちたがり屋ではなく、一歩引いた上で地味過ぎない、堅実な考えをする若者をターゲットとしているような気がする。じっくり時間をかけて見比べていくとここに至る、そんな不思議な雰囲気をもっている。サーフボード型ウィンドウは、近くで見ると単に平面をビジュアル処理しただけに見えるが、実際に走っている姿を少し離れて見送るような時に、ちゃんと立体的にみえる。これはなかなか非凡なクルマだと思う。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「ソニカ」は2006年6月に発表されたダイハツの新型軽自動車で、実質的には「MAX」の後継車種となる。軽ハイトワゴン全盛の中、1470mmと低い車高で居住空間よりも軽快な走りをウリとし“爽快ツアラー”を謳う。主に装備の違いによる3種のグレードはFFと4WDが設定され、どれもターボ付きの直3エンジンが搭載される。これに組みあわせられるトランスミッションは、伝動損失を減少させたという新開発CVT。これによりFFモデルは10・15モードが23.0km/リッターという低燃費が実現された。
(グレード概要)
テスト車の「RSリミテッド」は最上級グレード。エクステリアにはサイドストーンガード、ドアミラーターンランプ、フロントフォグランプなどを装着。インテリアにはオーディオコントロールなどのスイッチが配されるMOMO製ステアリングホイールが採用される。さらに、RSリミテッドのみATセレクターがゲート式となり、7段のアクティブシフトも備わる。タイヤは15インチとなり、大径フロントベンチレーテッドディスクブレーキが奢られる。





写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
MOMO製ステアリングホイールの向こうに3つのメーターがあり、ほど近い位置にシフトレバーを配置。このポジションがなによりも優先されており機能的でもある。インパネは中央部にナビ画面(オプション)、そして上からオーディオと空調のコントローラーと、シンプルな構成ですっきりまとまっている。もう何台も作ってきて手慣れた処理を感じさせる秀作だ。ダッシュの棚に物を載せる可否はともかく、つい載せたくなる場所でもあるから窪みとか段差、蓋付きトレーなどがあれば便利か。
(前席)……★★★★
低いフロアにより乗り込みが容易。シート地はふっくらソフトな感触で、座り心地も良好。ちょっとしたサイドの盛り上がりは座面も背面も共に横方向のサポートを助ける。横方向のサイズもたっぷりと採られている。その結果かサイドブレーキの居場所がなくなり、足踏み式になったのは必然かもしれないが、2度踏みリリース方式は感心しない。同じ操作でまったく逆の仕事をさせるのは間違いの元。また反復使用できないことから緊急時の役にたたない。
(後席)……★★★★
前席同様、低いフロアは乗り込みを容易にしている。サイドシルの盛り上がりも邪魔にならない範囲。座面は比較的高く設定されており、足元には余裕がある。背面も角度が寝過ぎてなくて良い。それでいてボディ形状がボックス型のため、ヘッドクリアランスも十分。サーフボード型ウィンドウはドア後端が高く、中の住人にとっては囲まれて守られている感じがする。ピラーの位置も適当で、パッドがあれば頭を休められるだろう。
(荷室)……★★★
特記するほど広くはないが狭くもない。本格的に使おうと思えばリアシートが折り畳めるタイプゆえ、広さはあまり問題にならない。バックレストを垂直位置で固定できれば、ダンボール箱など四角い荷物の収納が便利になるだろう。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
エンジンを吹かすと、ヒーン、ヒーンという甲高い音が耳についた。CVTベルトとプーリーからと思われるが、あるいは先にエンジン回転を下げてCVTを回すという新考案のリダクションギアによるものかもしれない。いずれにせよテスト時は通常よりも加減速を繰り返すので、この手の音が大きくなるのだが、町中で一定速走行に移ればこの回転帯を外れ静かになる。3気筒ターボエンジンはターボ過給が低い回転から開始され、ピークらしき波を持たずにスムーズに盛り上がる。CVTはあまりエンジン回転を上下させずに、速度上昇を変速機に委ねるのが省燃費運転のコツ。速度が上がるほど静かになる感覚を体得しよう。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
低重心は低いフロアに足を踏み入れた時から感じる。ルーフラックに重量物を積んだ時のような上体がグラッと傾く感覚はない。全体にボディも軽く軽快で無駄な動きを感じない。電動パワーステアリングは、最近の小型車より歴史が古いため、操舵フィールはより煮詰められている。フリクション感はないし概ね自然で作動もスムーズだ。あと少し落ち着きがあれば言うことなし。サスペンションはダンピングがしっかりしているのがダイハツ車の特徴。乗り心地もまずまず良好だった。

(写真=高橋信宏)



【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2006年7月14日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年式
テスト車の走行距離:1929km
タイヤ:(前)165/55R15(後)同じ(いずれもブリヂストン ポテンザRE030)
オプション装備:6スピーカーパック(2万1000円)/クリアブルークリスタルメタリック塗装(2万1000円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(5):山岳路(3)
テスト距離:268.6km
使用燃料:24.7リッター
参考燃費:10.9km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソニカの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • 「日産セレナ」に生誕25周年を記念した特別仕様車 2016.11.30 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月30日、「セレナ」の生誕25周年を記念した特別仕様車「25thスペシャルセレクション」を設定し、販売を開始した。2017年3月末までの期間限定販売となる。
ホームへ戻る