【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1245mm/ホイールベース=2230mm/車重=840kg/駆動方式=FF/0.66リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(64ps/6000rpm、11.2kgm/3200rpm)/価格=189万円(テスト車=194万2500円/パールホワイト塗装=3万1500円/オープニングカバー=2万1000円)(T)

ダイハツ・コペン アルティメットエディション(FF/4AT)【試乗記】

山道を幅一杯に使える面白さ 2006.07.27 試乗記 ダイハツ・コペン アルティメットエディション(FF/4AT)……194万2500円新車で買える唯一の軽2シータースポーツカー「ダイハツ・コペン」に、“究極”の特別仕様車が加えられた。デビューして4年、スポーツカーとしての魅力は、いまもなお色あせていないのか?
(A)

(A)
(A)

(A)

欲しいアイテムがそろったお買い得車

60年代のライトウェイトスポーツカーのサイズは、我が国の軽自動車枠でも再現できる大きさであり、「ホンダ・ビート」や「スズキ・カプチーノ」など、当時の雰囲気を醸しだしながら近代のハイテクを以て再来したスポーツカーは、中古車になった今なお人気の車種である。
2002年に登場した「ダイハツ・コペン」は、小さいながらも電動のアクティブトップを備えたスポーツカーだ。この種のクルマの最先端にあり、今なお現行生産車として可愛い姿を路上で見かけることができる。

スポーツカーは少数派であることは初めからわかっているのに、途中で止めてしまうメーカーもあるが、長く造り続けてこそ意味があるものだと思う。コペンはノスタルジックな雰囲気を再現したスポーツカーではなく、まさに現代感覚のスポーツカーであり、シンプルな造形もあいまって、長寿をまっとうできる資質を備えているといえるだろう。

そのコペンに特別仕様車として「アルティメットエディション」が追加された。
その内容は、クルマ好きなら誰もが欲しがるであろうアイテムを装備したもので、言うなれば常識的ではあるが、あと付けで装備しようとすると結構高い。最初から全部装備しているメーカー仕様となれば、それは「お買い得」である。ビルシュタインダンパー、アルカンタラ表皮のレカロシート、モモステアリングホイール、BBS15インチアルミホイール、これら全部含めて189万円。標準車の157万2900円より30万円強高いわけだが、とてもそんな価格で揃う装備とは思えない。

(T)

(T)
(A)

(A)
(T)

(T)

スポーツカーは速くなくてもいい

この手の小さなスポーツカーを、言葉で否定するのは簡単だ。しかし逆に肯定できる人にとっては納得することばかりだろう。
それは実際に乗ってみるとすぐわかる。「小型軽量」はスポーツカーにとって何物にも代えがたい要素なのだ。室内は狭い、が、それゆえにクルマとの一体感がある。薄手のレカロシートを一番後ろに下げれば、身長174cmの筆者にはピッタリで、大好きなストレートアームも可能。アクティブトップを閉めても、ヘッドクリアランスにはなお余裕がある。

ツインカム4気筒16バルブエンジンはターボを得て64psを発生。ATが4段なのは今や効率的とはちょっといいがたいが、絶対的なパフォーマンスを求めなくてすむのがスポーツカーだ。1速は発進用、2/3速は加速ギア、4速がクルーズ用と考え、山道で楽しむのは2/3速でいい。積極的にシフトしたければ、同価格の5段MTを買えばよいだろう。

このエンジンにはめいっぱい回転を上げて、リミットまで引っ張っぱれる楽しさがある。排気量が大きくなってくると、公道ではスピードが出すぎていっぱいまでは回せない。「全開にする」ことの意味は大きい。機械と戦って降伏させうるわけで、プリミティブなクルマほどそれをコントロールする楽しさがある。コントロールを楽しむクルマがスポーツカーだ。それが今では、トラコンに邪魔されて「全開にできない」場合が多く、クルマが勝手に限界を決め、楽しんでいるところに介入してくる。スポーツカーは速くなくたっていいのだ。自分にとって速く感じられればいい。そんな極めて主観的な乗り物がスポーツカーなのだ。

(A)

(T)

軽量な車体の恩恵

使い切れないほどのエンジンパワーを持つよりも、スポーツカーはむしろパワーが足りないくらいがいいと思う。それをギアシフトで補い、アシやタイヤをいじめることこそが面白さだ。ビルシュタインのダンパーは平静時にはやや硬い乗り心地を持つものの、BBSの軽いホイールと相まって接地性をよく助け、油圧のパワーステアリングは操舵力が軽すぎない範囲にアシストしてくれる。このくらいの軽量車ならばマニュアルステアリングでも軽く作れるが、低速と高速ではその操舵力の差は大きくなる。それを適当な範囲に纏めてくれるのが今のパワーステアリングだ。

車体の軽さは、加速や減速時だけではなく、コーナリング時にも効いてくる。イナーシャが予定のラインを狂わせた時、(アンダー/オーバーステアはクルマ固有の特性ではあるが)軽いクルマであれば体勢を整えやすいのだ。だから軽さこそスポーツカーにとって重要。

狭い山道の道幅では車幅が広すぎてはコーナリングラインなど意味をなさない。小型サイズであればこそ幅一杯に使える。だからコペンは面白い。

(文=笹目二朗/写真=高橋信宏(T)、荒川正幸(A)/2006年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る