水素・ガソリンOKの「マツダRX-8」、海外初デモ走行

2006.07.27 自動車ニュース

水素・ガソリンOKの「マツダRX-8」、海外初デモ走行

マツダは、2006年8月22日からノルウェーで開かれるエネルギー展「ONS2006」に、「マツダRX-8ハイドロジェンRE」を出品。ノルウェー初の水素ステーションを利用して、海外初のデモ走行を実施する。

「マツダRX-8ハイドロジェンRE」は、水素でもガソリンでも走行できる「デュアル・フューエル・システム」を採用した実験的な車両で、2004年10月には認定を受けてナンバーを取得、現在はリース販売というカタチでデータが集められている。

今回のデモ走行の舞台は、水素事業推進のための「HyNorプロジェクト」による最初の水素ステーション。公共団体、産業界、経済界、学会などが進めているノルウェーの国家プロジェクトの一環だ。当面の目標は、水素自動車で首都オスロからスタバンゲルを走行できるようにすること。2007年春にはこのルートに沿ってグレンランドに次の水素ステーションが設置される予定という。

(webCG 有吉)

水素・ガソリンOKの「マツダRX-8」、海外初デモ走行の画像

関連キーワード:
RX-8マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記