水素・ガソリンOKの「マツダRX-8」、海外初デモ走行

2006.07.27 自動車ニュース

水素・ガソリンOKの「マツダRX-8」、海外初デモ走行

マツダは、2006年8月22日からノルウェーで開かれるエネルギー展「ONS2006」に、「マツダRX-8ハイドロジェンRE」を出品。ノルウェー初の水素ステーションを利用して、海外初のデモ走行を実施する。

「マツダRX-8ハイドロジェンRE」は、水素でもガソリンでも走行できる「デュアル・フューエル・システム」を採用した実験的な車両で、2004年10月には認定を受けてナンバーを取得、現在はリース販売というカタチでデータが集められている。

今回のデモ走行の舞台は、水素事業推進のための「HyNorプロジェクト」による最初の水素ステーション。公共団体、産業界、経済界、学会などが進めているノルウェーの国家プロジェクトの一環だ。当面の目標は、水素自動車で首都オスロからスタバンゲルを走行できるようにすること。2007年春にはこのルートに沿ってグレンランドに次の水素ステーションが設置される予定という。

(webCG 有吉)

水素・ガソリンOKの「マツダRX-8」、海外初デモ走行の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RX-8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダRX-8 2008.3.30 画像・写真 2008年3月10日、マイナーチェンジされたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。そのディテールを写真で紹介する。
  • マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)【試乗速報】 2008.3.28 試乗記 マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)
    ……354万4800円/327万750円

    デビューから5年、初のマイナーチェンジをしたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。スタイリングからエンジンに至るまで大幅に手が加えられた新型はどんな走りをみせるのか。
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る