ボルボ、新型「C30」のオフィシャルフォトを公開

2006.07.26 自動車ニュース

ボルボ、新型「C30」のオフィシャルフォトを公開

ボルボは、2006年7月24日、同年9月に行われるパリモーターショー(パリサロン)での正式発表に先駆け、新型「C30」のオフィシャルフォトを公開した。




■初めてのCセグメント・ボルボ

今回公開された「ボルボC30」は、2006年初頭のデトロイトモーターショーに登場した「C30デザインコンセプト」の市販版だ。
フレームのない馬蹄形のガラス製テールゲートが特徴。ボルボとしては、「VWゴルフ」などがいる、いわゆるCセグメント市場へ新規参入するモデルとなる。

全長は4.25mでボルボの現行モデル中もっとも小さく、「S40」と比べても22cm短い。
車内は4人乗りで、リアにスポーツバケットシートを2つ配置するレイアウト。後席は少し中央寄りにマウントされ、よりよい前方視界を得ているという。




搭載されるエンジンは4種類。ガソリンが100psを発生する1.6リッター4気筒、220psの2リッター5気筒ターボ、ディーゼルは109psの1.6リッター直4ターボ、180psの2.4リッター直5ターボをラインナップする。

ボルボが力を入れる安全面では、リアサイドの死角で見えない他車を確認し、ドライバーを補助するBLIS(Blind Spot Information System)を装備。フロントエンドには、「S40/V50」と同様の安全構造を組み込んでいるという。さらに、サイドエアバッグやセーフティベルトプリテンショナーなどを盛り込み、ファーストクラスの安全性を謳う。

この新型C30、都会に暮らす若い独身者やカップルがターゲット。ヨーロッパを中心に、年間6万5000台を販売したいとしている。

(webCG 田中)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。