【スペック】コルトラリーアート バージョン R (ベース車):全長×全幅×全高=3925×1695×1535mm/ホイールベース=2500mm/車重=1110kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4 DOHC16バルブターボインタークーラー付き(154ps/6000rpm、21.4kgm/3500rpm)

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇) 2006.07.25 試乗記 コルトラリーアート Version-R tuned by RALLIART(FF/5MT)/アウトランダー tuned by RALLIART(4WD/CVT)自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加した。RALLIARTは、ホットハッチ「コルトラリーアート Version-R」と、SUV「アウトランダー」の2台をチューニングして、会場に持ち込んだ。

パワーと足まわりのバランスが絶妙……コルトラリーアート Version-R tuned by RALLIART

関(以下「せ」):2006年5月に発売されたばかりの「コルトラリーアート バージョンR」のパーツが早くも登場ですか。
本諏訪(以下「も」):この新車対応の早さは、ワークスチューニングメーカーならでは。
せ:1.5リッターターボのコンパクトハッチというだけでもワクワクするのに、これをチューンするなんて、ドキがムネムネしますね。
も:やっぱりMTってのがいいよね。これだけでも盛り上がる。

せ:ノーマルに比べてエアロパーツのたぐいがデカイですね。
も:ベースもチューニングカーのようなのに、それ以上ヤらなきゃいけないからね。けっこうハデ目。
せ:スポーツサスペンションは、車高も低くなってカッコイイです!
も:そのほかに、吸排気系、ブレーキ、インテリアパーツなどに手がはいっている。
せ:ボンネットを開けると各種パイピングが鮮やかですよ。ホント極彩色!!
も:エンジン本体はイジらずに、補機類のみのチューニング。
せ:じゃ、さっそくアタックしに行きましょう!
も:アタックって……。

せ:おおー、レカロのフルバケットシートですよ。よっこいせっと……。かなりキツイです。
も:そう? こっちはちょうどいいけど。
せ:ノーマルに比べ、さらに硬くなった足まわりで、ロードホールディング性はバッチリです。
も:いいね。パワーと足まわりのバランスがちょうどいい。
せ:スパッと切るとグリッと曲がって、グォーっと出ていきますね。
も:回頭性がよく、リアの追従性が高くて、パワーの出方も急激でないといいたいのかな?
せ:でも17インチタイヤは特に必要ない感じがします。銘柄も「YOKOHAMA Sドライブ」より、ノーマルの「アドバンネオバ」のほうがいいような……。

も:ちなみにこれいくら?
せ:ベースが197万4000円で、パーツ代としてプラスされるのは、100万円近く(注:未発売の参考商品も装着されている)にもなります。
も:え、そんなにするの! 300万なんて高級車だなぁ……。
せ:もちろんパーツ単体での購入が可能なので、セットでそろえなくても大丈夫ですが。
も:サスペンションとブレーキ、マフラーだけだったら買えそう。

せ:僕はエンジンルームの見栄えを重視したいですね。目指すは極彩色!!
も:ふむ。そういうチューニングもアリでしょう。楽しみ方は人それぞれ。

 

もっと走りを語りたくなる……アウトランダー tuned by RALLIART

せ:なかなかチューニングカーは奥が深いですね。スポーティなクルマだけでなく、SUVにまでも手を入れるとは。
も:アウトランダーはプラットフォームやエンジン、トランスミッションすべてを新開発した渾身の作だからね。大事にしているわけだ。
せ:チューニング内容はインテリア/エクステリアのドレスアップパーツとサスペンション、そして重量級には大切なブレーキ強化です。
も:じゃあアタック?

せ:これはけっこうビシバシきますね。
も:うーむ、かなり硬いね。快適性という面では、損なわれているかと思うなぁ。
せ:SUVという車種を考えれば、ガタガタ道の走行シーンも目に浮かびますが、これでいくと大変なことになりそうですよ。
も:でも単に車高を低くするだけの目的ではなくて、前後荷重配分を見直したセッティングになっているところは、走りへのこだわりを感じる。
せ:4WDのAWC(オールホイールコントロール)を活かすために。
も:ノーマルよりもASC(アクティブスタビリティコントロール)の出番が少なくなっているかもしれない。コーナリング時の安定感は増している感じがするね。
せ:確かに山坂道の運転がちょっと楽しいですよ。SUVの高い視線でこの動きは、なんだか新鮮です。

も:CVTの音はちょっと気になるなぁ。
せ:さすがにトランスミッションに手を入れると高くなりますからね。
も:これはマフラーも取っ替えて、排気音をかぶせる作戦が合理的かな?
せ:マフラーが用意されてないのは確かに残念。

せ:しかしこれは走りを語りたくなりますよ。
も:おお、どこかのCMで聞いたようなセリフだけども。
せ:こういうSUVチューニングはかなり変化が出ますね。これには正直、シャッポを脱がされました。
も:オールシーズンタイヤをスポーツタイヤに交換すれば、もっと楽しくなるかもしれないね。

(文=webCG本諏訪裕幸&関顕也/写真=峰昌宏/2006年7月)

・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(TRD篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018431.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018432.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(STI篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018359.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018351.html


 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】の画像

 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】の画像
バケットシートに身を沈め、ターボパワーを御す……これが、世界のRALLIARTによるホットな「コルト」だ!
バケットシートに身を沈め、ターボパワーを御す……これが、世界のRALLIARTによるホットな「コルト」だ!

 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】の画像

 
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】の画像
【スペック】
アウトランダー(ベース車):全長×全幅×全高=4640×1800×1680mm/ホイールベース=2670mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/2.4 リッター直4 DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4100rpm)
 
【スペック】
	アウトランダー(ベース車):全長×全幅×全高=4640×1800×1680mm/ホイールベース=2670mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/2.4 リッター直4 DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4100rpm)
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • 三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】 2003.9.10 試乗記 ……140.8万円
    総合評価……★★★

    三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る