「パサートヴァリアント」に待望の最上級「V6 4MOTION」

2006.07.25 自動車ニュース

「パサートヴァリアント」に待望の最上級「V6 4MOTION」

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は、「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」に、最上級グレード「V6 4MOTION」を追加設定、2006年7月25日に発売した。

4月にリリースされた6代目「パサート」シリーズ。セダンには既に設定されていた3.2リッターV6直噴「FSI」+2ペダル6MT「DSG」+4WD「4MOTION」搭載のトップモデルが、ワゴンたるヴァリアントに加わった。
装備面では、レザースポーツシートやウッドパネルが与えられた内容。右ハンドルがメインだが、受注生産で左ハンドル仕様もオーダーできる。価格は455.0万円。

これにより、2リッター直噴FSI搭載の「パサートヴァリアント2.0」(335.0万円)、直噴4気筒ターボの「パサートヴァリアント2.0T」(381.0万円)とともに3車種が揃ったことになる。

なお先代の「パサートワゴン」の実績をみると、パサートシリーズ中ワゴンの販売比率は約70%を占め、なかでもV6と4WDの組み合わせとなる「パサートワゴンV6 4MOTION」は、販売全体の40%を超える主力車種だったとか。VGJが期待をよせるモデルであることはいうまでもない。

(webCG 有吉)


フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

「パサートヴァリアント」に待望の最上級「V6 4MOTION」の画像

新型「パサート」シリーズは、ローンチされた4月から3ヶ月で約2300台の受注を集めたという。人気のワゴン最上級モデル追加で、さらなる弾みをつけたい。

新型「パサート」シリーズは、ローンチされた4月から3ヶ月で約2300台の受注を集めたという。人気のワゴン最上級モデル追加で、さらなる弾みをつけたい。



「パサートヴァリアント」に待望の最上級「V6 4MOTION」の画像

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回 「フォルクスワーゲン・パサート」に乗るということ 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 「フォルクスワーゲン・パサート」と過ごすカーライフとは、どのようなものなのか。新たにラインナップされた「TSIエレガンスライン」と、装備の充実が図られた「TSIハイライン」に試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
ホームへ戻る