レクサス各車、装備変更など一部を改良

2006.07.24 自動車ニュース

レクサス各車、装備変更など一部を改良

トヨタ自動車のレクサスは、「GS」「IS」「SC」を一部改良し、2006年7月24日に発売した。

「お客様の要望にタイムリーに応えるため」(プレスリリース)、装備充実、オプション拡充、一部ボディカラーの入れ替え・新設などを行った。

「GS」の全車には、ドアロックに連動するドアミラーオート電動格納機能を追加。「GS430」には、カーナビゲーションの情報にもとづきショックアブソーバーの減衰力を制御する「NAVI・AI-AVS」を標準で与えるなどした。
価格は、「GS430」「GS350」そしてハイブリッド「GS450h」いずれも2.0万円アップした。522.0万円から772.0万円まで。

「IS」においては、全車のトランクオープナー・フューエルリッドオープナーを照明付きとし、「IS350」「IS250」(2WD車)の「version L」に、スポーツサスペンションおよび18インチタイヤ&アルミホイールをオプション設定するなどした。
「IS350」「IS250」ともプライス据え置き。390.0万円から525.0万円まで。

最後に「SC」。ETCとSRSニーエアバッグ(前席)などを標準装備した。3.0万円プラス、683.0万円。

(webCG 有吉)

レクサス:
http://lexus.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る