【スペック】全長×全幅×全高=4610×1800×1465mm/ホイールベース=2700mm/車両重量=1440kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ(147ps/5600rpm、20.7kgm/4000rpm)/車両本体価格=335.0万円

オペル・ベクトラ 2.2(5AT)【試乗記】

プレミアムがいっぱい 2002.09.25 試乗記 オペル・ベクトラ 2.2(5AT)……335.0万円7年ぶりにフルモデルチェンジした、オペルのミドルクラス「ベクトラ」。シャープな稲妻マーク、新しいキャッチフレーズなど、これからのオペルの姿勢を最初に具現化したモデルに、webCG記者が試乗した。
「ベクトラ2.2」こと標準車のボディカラーは全5色。試乗車のルーベンスレッドに加え、ノクターノブルー、スターシルバーIII、プレステージブルー、ムーンランド(メタリックグレー)が用意される。

「ベクトラ2.2」こと標準車のボディカラーは全5色。試乗車のルーベンスレッドに加え、ノクターノブルー、スターシルバーIII、プレステージブルー、ムーンランド(メタリックグレー)が用意される。
アルミを多用し、軽量化を図ったサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアは4リンクを採る。フロントには、水圧を利用する「ハイドロフォーム成形」のサブフレームを採用。振動吸収性や、タイヤの位置決め精度が高まり、乗り心地とハンドリングを向上させたという。

アルミを多用し、軽量化を図ったサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアは4リンクを採る。フロントには、水圧を利用する「ハイドロフォーム成形」のサブフレームを採用。振動吸収性や、タイヤの位置決め精度が高まり、乗り心地とハンドリングを向上させたという。

責任重大

「オペルという名前は知られていますが、どんなクルマをつくっているのかわからない方が多くて……」。日本ゼネラルモーターズのマーケティング部、佐藤毅リサーチアナリストがいう。2002年3月のジュネーブショーでお披露目された、3代目にあたるオペルのミドルクラス「ベクトラ」のプレス向け試乗会でのことだ。
ブランドイメージの向上を図るオペルは、まず稲妻エンブレムをシャープにモディファイ。新しいブランドステートメントとして「自由な発想−よりよいクルマのために(Fresh thinking - Better cars)」を掲げた。新型ベクトラは、新しいステートメントを最初に具現化した量産モデルである。さらにベクトラのプラットフォームは、サーブやアルファロメオなど、GMグループ内の基本プラットフォームのひとつになると噂される。オペルにとって、責任重大なのだ。

2002年7月27日から日本に導入されるのは、2.2リッター直4を積む右ハンドルモデルのみ。ベーシックな「2.2」(335.0万円)と、本革内装やリアウィンドウの電動式サンシェード、17インチタイヤなどを装着する「2.2プレミアム」(362.0万円)の2種類が用意される。
“若々しさ”をアピールしたいとの考えから、ベクトラには今年中に3.2リッターV6(211ps)を積み、大きなアウトプットによる“スポーティさ”を強調した5ドアハッチ「GTS」を追加するという。
その後は、ミニバンとワゴンの中間のような、ユニークなデザインの「シグナム」、2004年にはベクトラワゴンを導入する予定だ。

欧州車らしく、パッシブセーフティーは充実している。前席にはデュアルエアバッグ、サイドエアバッグを装着。前後席に、カーテンヘッドエアバッグも備わり、万が一の事故の際に全方位から乗員を守る。むち打ち防止のアクティブヘッドレストや、下肢のダメージを軽減するフットプロテクションなども標準装備だ。

欧州車らしく、パッシブセーフティーは充実している。前席にはデュアルエアバッグ、サイドエアバッグを装着。前後席に、カーテンヘッドエアバッグも備わり、万が一の事故の際に全方位から乗員を守る。むち打ち防止のアクティブヘッドレストや、下肢のダメージを軽減するフットプロテクションなども標準装備だ。
ベクトラ標準車はファブリック内装で、ブラックと、ベージュの2色。

ベクトラ標準車はファブリック内装で、ブラックと、ベージュの2色。


オペル・ベクトラ 2.2(5AT)【試乗記】の画像

ジマンはIDS

ニューベクトラのボディサイズは、全長×全幅×全高=4610×1800×1465mm。先代と較べて115mm長く、90mm広く、40mm高い。1800mmという全幅は、フラッグシップ「オメガ」より15mm広い。“ミドサイズ”というには大柄だが、フォード「モンデオ」(全幅=1810mm)などライバルも大きくなっているから、「大きくせざるをえない」(オペルAGブランドマネージャー)。ホイールベースは65mm延長されて2700mm。ボディの50%に高張力鋼板を、Bピラーには自動車用鋼板より5倍の強度がある「ボロンアロイ鋼」、サイドシルには「DP(Dual Phase)鋼」を採用。車重の増加を抑えつつ剛性を強化、衝突安全性を高めた。
デザインは、細い目の先代と較べると、レンズ内で上下に分割されたヘッドライトを採用、フロントマスクはちょっと派手。後姿は、マフラーをリアバンパーで隠し、スッキリと仕上げた。空気抵抗を示すCD値は、0.28と低い。ニューベクトラも、オペルの伝統通りエアロダイナミクスに優れる。

オペルが「ベクトラのハイライト」と推すジマンは、「IDS」(インタラクティブドライビングシステム)と呼ばれる足まわり+電子デバイス群。アルミを多用してバネ下の軽量化を図ったサスペンションと、従来は1輪だったブレーキコントロールを、3輪まで拡大したアンチスピンデバイス「ESPプラス」や、車速と舵角速度感応式パワステなどを統合制御し、スタビリティとハンドリングの両立を謳う。

試乗車は「ルーベンスレッド」という濃い赤に、ベロアの黒内装。トリムにはウッドがあしらわれ、見た目にもゴージャスだ。スイッチ類が整然と並ぶセンターパネルの上部に、エアコンやオーディオ情報を表示する、全車標準の5インチ液晶モニターが備わる。
小物入れが多い。カップホルダーが前後2個ずつ、前後センターアームレスト内、シートバックポケットなど。グローブボックスにはエアコン吹き出し口が設置され、飲み物を入れて冷やすことができるとは、国産ミニバンのように気が利いている。

写真をクリックすると後席シートが倒れるさまが見られます。





マジメじゃダメ?

前後シートは、幅、座面長ともタップリサイズ。フロントの前後高さ調節は電動式、さらに、背もたれの横にはレバー式のランバーサポートが備わる。
ホイールベースの延長で、60mmプラスされたリアのレッグスペースは広い。ヘッドクリアランスも余裕ある。シートの大きさ、特に座面長は、背が小さい人にはきっと大きすぎるくらいだ。後席は分割可倒式で、背もたれ上部のスイッチを押せば、クラストップを謳う容量500リッターの荷室とスルーになる。

2.2リッター直4DOHC16バルブのエコテックユニットは、最高出力147ps/5600rpm、最大トルク20.7kgm/4000rpm。エンジンにはバランサーシャフトが組み込まれ、高回転までスムーズだ。低回転からトルクがあり、レバー操作でシフトできるアクティブセレクト付き5段ATを、マニュアルモードにしてギアを積極的に選べば、活発に走れる。パワフルではないが不足は感じない。ハンドリングはことさらスポーティではないが、コーナリングでロールが少なく、しっとり重めのステアリングフィールで安心感が高い。

新型ベクトラは、いたれりつくせりの装備や、タップリサイズのボディ&室内など、過剰ともいえる実用性、いわば使い勝手の“プレミアム感”でイッパイ。オペルがいう「若々しさ」はよくわからなかったが、むしろ軽々しいところがなくて堅実なのがイイところでしょう。あえて若づくりしないで、堅実なオペルらしさを訴えるほうが、ベクトラには適切だと思うのだが……。マジメじゃ、ダメなんでしょうか?

(文=webCGオオサワ/写真=清水健太/2002年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ベクトラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る