【ロンドンショー2006】4代目の新型「オペル・コルサ」、クライスラーの“ちょっと不明”なFFサルーン

2006.07.20 自動車ニュース

【ロンドンショー2006】4代目の新型「オペル・コルサ」、クライスラーの“ちょっと不明”なFFサルーン

2006年7月20日に一般公開が始まる「2006年英国国際モーターショー」(2006 British International Motor Show)。30年ぶりに首都ロンドンへと戻ってきたイギリスのモーターショーについて、大川悠がリポートする。
日本市場から撤退したオペルだが、コンパクトカー「コルサ」が新型になった。さらに「クライスラー・セブリング」がガラッと転身したという。

■日本には来ない

世界初公開の地をロンドンとした、4代目の新型「オペル・コルサ」。イギリスでは「ボクスホール・コルサ」として販売されている。
3ドアと5ドアがあるが、いずれも現行「アストラ」的デザイン・テーマを踏襲し、スポーティな感覚に富む。外寸はやや大きくなっているが、これは歩行者安全を強化したためという。


「クライスラー・セブリング」

■中型コンバーチブルから転身

こちらは「クライスラー・セブリング」。ちょっと前まで中型コンバーチブルの呼称だったセブリングは、今回はコンパクトな前輪駆動ベース・サルーンとして生まれ変わった。どうして発表をこのイギリスにしたのかは、ちょっと不明。

(文と写真=大川悠)

■ロンドンショー2006 注目モデル

30年ぶり、ロンドンにモーターショーが帰ってきた!
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018406.html
電動トップ付き「ロードスター・クーペ」、現地生まれの「シビック」3ドア
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018407.html
ランドローバーの末っ子「フリーランダー」一新、ジャガー「XKR」出展
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018408.html
スマートが電気自動車に!「スマートev」発表
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018412.html

「BMW M6」にオープンモデル、「M6コンバーチブル」出展
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018296.html
欧州版3ドア「ホンダ・シビックタイプS」の概要を発表、「タイプR」も
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018332.html
クーペカブリオレのロードスター「マツダ MX-5」を出品
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018293.html

関連キーワード:
ヴィータオペルイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • 「レンジローバー ヴェラール」に3モデルの特別仕様車 2018.5.23 自動車ニュース 「レンジローバー ヴェラール」に「ベーシック」「プラス」「ダイナミック」の3タイプの特別仕様車が登場。「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2018」の受賞を記念したもので、アダプティブクルーズコントロールをはじめとした充実した装備が特徴となっている。
ホームへ戻る