スマート北米上陸決定! 日本の軽自動車も海を渡るか?

2006.07.20 自動車ニュース

スマート北米上陸決定! 日本の軽自動車も海を渡るか?

ダイムラー・クライスラーとユナイテッド・オート(ロジャー・ペンスキー社長)は、2006年6月28日、2008年から「スマート・フォーツー」を北米で発売すると発表した。
これを受けて、アメリカの自動車関係者の間で、ジャパニーズマイクロカー(軽自動車)へ関心が集まっている。

■アメリカでも需要が見込めるウルトラコンパクト

究極のシティムーバーとして、欧州各国ですっかり定着している2人乗り乗用車「スマート・フォーツー」。フランクフルト、シュトゥットガルト、パリ、ロンドン、ローマ、マドリードなど、過密な都市部での需要はまだまだ伸びるといわれている。とすれば、ニューヨーク・マンハッタン、サンフランシスコ・ベイエリアなど、アメリカの狭い都会でもフォーツーの需要は見込めるはずだ。

さらに現在、アメリカではガソリン末端価格の高値が続いている。「近所のちょっとした買い物に便利だから」と、全米各地で「サイオン」の各車や「ヤリス」(ヴィッツ)の人気が高まっているように、フォーツーが売れてもおかしくはない。

ロジャー・ペンスキー氏率いるユナイテッド・オート社(40の自動車ブランド、296の販売箇所)は、実にタイミングよく、スマート北米導入を決めたものだ。

こうした状況下、日系各社も北米への軽自動車導入を検討している。現在、数メーカーが日本から右ハンドル軽自動車を持ち込み、アメリカ各地で実験的に走行させているのだ。懸案となっていた衝突安全基準問題についても、スマート・フォーツーの前例ができれば、日系軽自動車にも追い風となる。

ダウンサイジングの大きな波を受け、数年のうちに一気に北米市場で軽自動車が普及する可能性もあるだろう。

(文=桃田健史(IPN)/写真=ダイムラー・クライスラー)

スマート北米上陸決定! 日本の軽自動車も海を渡るか?の画像



スマート北米上陸決定! 日本の軽自動車も海を渡るか?の画像

関連キーワード:
フォーツースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る