【ロンドンショー2006】電動トップ付き「ロードスター・クーペ」、現地生まれの「シビック」3ドア

2006.07.20 自動車ニュース
 

【ロンドンショー2006】電動トップ付き「ロードスター・クーペ」、現地生まれの「シビック」3ドア

2006年7月20日に一般公開が始まる「2006年英国国際モーターショー」(2006 British International Motor Show)。30年ぶりに首都ロンドンへと戻ってきたイギリスのモーターショーについて、大川悠がリポートする。
日本メーカーでは、欧州で独特のプレゼンスを持つマツダ、ホンダが注目車を出した。

 

■格納時間、最速

「マツダMX5ロードスター・クーペ」。これも「ランドローバー・フリーランダー2」などと同じくワールドプレミアだった。
世界のアイドル、「MX5」に電動トップ式のクーペが登場。これはウェバストとともに開発したスチールのトップを持ち、巧みなレイアウトによってトランクスペースの犠牲なしに収納できるというもの。開閉に要する時間は12秒と、現在世界で最速という。
重量は37kgほど増えたが、トップを立てたときの剛性は格段に上がった、とはエンジニアの説明だ。


「ホンダ・シビック・タイプS」と現地工場スタッフたち。
 

■進む日本離れ

「ホンダ・シビック」の3ドア「タイプS」が出た。何よりもここイギリス、スウィンドン工場製というのが誇り。発表時には数十人の現場労働者が壇上に上がって祝った。
イギリス工場製としては9番目のモデルという。ホンダはどんどん日本離れを進めている。

(文と写真=大川悠)

 

■ロンドンショー2006 注目モデル

30年ぶり、ロンドンにモーターショーが帰ってきた!
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018406.html
ランドローバーの末っ子「フリーランダー」一新、ジャガー「XKR」出展
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018408.html
4代目の新型「オペル・コルサ」、クライスラーの“ちょっと不明”なFFサルーン
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018409.html
スマートが電気自動車に!「スマートev」発表
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018412.html

「BMW M6」にオープンモデル、「M6コンバーチブル」出展
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018296.html
欧州版3ドア「ホンダ・シビックタイプS」の概要を発表、「タイプR」も
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018332.html
クーペカブリオレのロードスター「マツダ MX-5」を出品
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018293.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)【試乗記】 2015.11.18 試乗記 マツダのライトウェイトオープン2シーター「ロードスター」に、より走りを追求した上級グレード「RS」が登場。ビルシュタイン製ダンパーやフロントサスタワーバーなどでチューニングされたその“アシ”の実力を、ワインディングロードで試した。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る