【ロンドンショー2006】電動トップ付き「ロードスター・クーペ」、現地生まれの「シビック」3ドア

2006.07.20 自動車ニュース
 

【ロンドンショー2006】電動トップ付き「ロードスター・クーペ」、現地生まれの「シビック」3ドア

2006年7月20日に一般公開が始まる「2006年英国国際モーターショー」(2006 British International Motor Show)。30年ぶりに首都ロンドンへと戻ってきたイギリスのモーターショーについて、大川悠がリポートする。
日本メーカーでは、欧州で独特のプレゼンスを持つマツダ、ホンダが注目車を出した。

 

■格納時間、最速

「マツダMX5ロードスター・クーペ」。これも「ランドローバー・フリーランダー2」などと同じくワールドプレミアだった。
世界のアイドル、「MX5」に電動トップ式のクーペが登場。これはウェバストとともに開発したスチールのトップを持ち、巧みなレイアウトによってトランクスペースの犠牲なしに収納できるというもの。開閉に要する時間は12秒と、現在世界で最速という。
重量は37kgほど増えたが、トップを立てたときの剛性は格段に上がった、とはエンジニアの説明だ。


「ホンダ・シビック・タイプS」と現地工場スタッフたち。
 

■進む日本離れ

「ホンダ・シビック」の3ドア「タイプS」が出た。何よりもここイギリス、スウィンドン工場製というのが誇り。発表時には数十人の現場労働者が壇上に上がって祝った。
イギリス工場製としては9番目のモデルという。ホンダはどんどん日本離れを進めている。

(文と写真=大川悠)

 

■ロンドンショー2006 注目モデル

30年ぶり、ロンドンにモーターショーが帰ってきた!
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018406.html
ランドローバーの末っ子「フリーランダー」一新、ジャガー「XKR」出展
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018408.html
4代目の新型「オペル・コルサ」、クライスラーの“ちょっと不明”なFFサルーン
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018409.html
スマートが電気自動車に!「スマートev」発表
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018412.html

「BMW M6」にオープンモデル、「M6コンバーチブル」出展
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018296.html
欧州版3ドア「ホンダ・シビックタイプS」の概要を発表、「タイプR」も
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018332.html
クーペカブリオレのロードスター「マツダ MX-5」を出品
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018293.html

関連キーワード:
ロードスターシビックマツダホンダイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る