独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表

2006.07.19 自動車ニュース

独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表

独ポルシェAGは、「ポルシェ911」シリーズのオープン「911タルガ4」「911タルガ4S」を、2006年11月から各国で順次発売すると発表した。今回のタルガ、なんと、4WDとなっての登場だ。

■タルガもヨンクになりました

ソフトトップの「カブリオレ」と違い、大型ガラスルーフがスライドすることでオープンエアが楽しめる「タルガ」。最新型は後輪駆動ではなく、911タルガとしては初の4WD「4」モデルとなった。

ほかの911ヨンクモデル同様、リアの幅は44mm拡大。最大の特徴、大型ガラスルーフは2個のモーターで開閉し、50cm開けるのに要する時間は車速に関わらず7秒、開口部面積は最大で0.45平方メートルになるという。ルーフユニットは2枚のティンテッドガラスで構成され、先代よりも1.9kg軽量化。ブラッククロス製ローラーブラインドがあるから、太陽に焦がれることもない。

ハッチ式リアウィンドウはガスダンパーによって上方へオープン。後席バックレストを倒すことで230リッターのラゲッジスペースが生まれる。

エンジンはお馴染みのボクサー。タルガ4は3.6リッター6気筒(325ps、37.7kgm)、よりパワフルなタルガ4Sは3.8リッター(355ps、40.8kgm)を搭載する。パフォーマンスは、4で0−100km/h加速=5.3秒、最高速=280km/h、4Sでは0-100km/h=4.9秒、最高速=288km/hという数字だ。

トランスミッションは、ショートストロークが特徴の6段マニュアル、あるいは5段ティプトロニックS。日本仕様は後者になるといわれる。

4WDシステムは、クーペやカブリオレ同様、動力伝達にマルチプレート式のビスカスカップリングを用いたもので、走行条件に応じて常時5%から40%の間でフロントアクスルにトルクを配分する仕組みだ。

(webCG 有吉)


独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表の画像



独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表の画像



独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表の画像

関連キーワード:
911タルガポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る