独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表

2006.07.19 自動車ニュース

独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表

独ポルシェAGは、「ポルシェ911」シリーズのオープン「911タルガ4」「911タルガ4S」を、2006年11月から各国で順次発売すると発表した。今回のタルガ、なんと、4WDとなっての登場だ。

■タルガもヨンクになりました

ソフトトップの「カブリオレ」と違い、大型ガラスルーフがスライドすることでオープンエアが楽しめる「タルガ」。最新型は後輪駆動ではなく、911タルガとしては初の4WD「4」モデルとなった。

ほかの911ヨンクモデル同様、リアの幅は44mm拡大。最大の特徴、大型ガラスルーフは2個のモーターで開閉し、50cm開けるのに要する時間は車速に関わらず7秒、開口部面積は最大で0.45平方メートルになるという。ルーフユニットは2枚のティンテッドガラスで構成され、先代よりも1.9kg軽量化。ブラッククロス製ローラーブラインドがあるから、太陽に焦がれることもない。

ハッチ式リアウィンドウはガスダンパーによって上方へオープン。後席バックレストを倒すことで230リッターのラゲッジスペースが生まれる。

エンジンはお馴染みのボクサー。タルガ4は3.6リッター6気筒(325ps、37.7kgm)、よりパワフルなタルガ4Sは3.8リッター(355ps、40.8kgm)を搭載する。パフォーマンスは、4で0−100km/h加速=5.3秒、最高速=280km/h、4Sでは0-100km/h=4.9秒、最高速=288km/hという数字だ。

トランスミッションは、ショートストロークが特徴の6段マニュアル、あるいは5段ティプトロニックS。日本仕様は後者になるといわれる。

4WDシステムは、クーペやカブリオレ同様、動力伝達にマルチプレート式のビスカスカップリングを用いたもので、走行条件に応じて常時5%から40%の間でフロントアクスルにトルクを配分する仕組みだ。

(webCG 有吉)


独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表の画像



独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表の画像



独ポルシェAG、4WDになった(!)「911タルガ」発表の画像

関連キーワード:
911タルガポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(後編) 2016.10.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ポルシェ718ボクスター」に試乗する。自然吸気のフラット6からフラット4ターボにエンジンを改めたミドシップポルシェを谷口はどう評価するのだろうか?
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
ホームへ戻る