トーヨーの新スタッドレスは、「天然素材で横滑りに強い!」

2006.07.19 自動車ニュース

トーヨーの新スタッドレスは、「天然素材で横滑りに強い!」

東洋ゴム工業は、乗用車用スタッドレスタイヤの新商品「ガリットG4」を、2006年7月18日に発表。8月1日からオープン価格で販売する。


六角形のサイプ(細い溝)を中心に、さまざまなサイプが配された「スパイダーサイプ」。

■横滑りに強いスタッドレスタイヤを

新商品「ガリットG4」は、従来型「ガリットG30」から“ひっかき効果”を引き継ぎつつ、まとまりやすいシリカを広く分散させることにより、温度変化による性能低下を抑制したものだ。

一番の特徴は、「横滑りに強いスタッドレスタイヤ」であること。自動車メーカーがESC(横滑り防止装置)の採用を進めている点、そして一般ユーザーが冬道で横滑りに不安を感じている点を考慮しての設定だ。

横滑りの原因となる路面とタイヤのミクロの水膜を取り除くため、新素材「吸水カーボニックパウダー」を配合。これは同社が採用するクルミの殻などと同様、天然の素材であるという。加えて、六角形の「スパイダーサイプ」を採用し、横方向を含む全方向に対する高いグリップ力を実現したと謳われる。


東洋ゴム工業の片岡善雄代表取締役(右)と握手をするのは、「ガリットG4」のテレビCMに出演する、タレントの宮川俊二さん。

新商品の販売は2006年8月1日からで、40〜70シリーズの合計64サイズをラインナップする。

(webCG 本諏訪)

トーヨータイヤ:http://toyotires.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。