第1回:大丈夫か? “どアメリカン”なNASCARにトヨタが挑戦(桃田健史)

2006.07.19 エッセイ

第1回:大丈夫か? “どアメリカン”なNASCARにトヨタが挑戦

NASCARは市販車に近いカタチの「ストックカー」でオーバルコースをメインに走るレース。なかでも「ネクステルカップ」はNASCARの最高峰カテゴリーとなる。アメリカの携帯電話事業者であるスプリント・ネクステルが冠スポンサーだ。
最近では、F1のトップドライバー、ファン・パブロ・モントーヤが電撃的な転向を表明したことでも脚光を浴びている。
2006年のネクステルカップ参戦マニュファクチャラーは、フォード、GM(シボレー)、クライスラー(ダッジ)のビッグ3のみ。ここにトヨタが加わることになるのだが……。

フォードの不振、GMの悪いウワサなど、あまり芳しくない話が耳に入ってくるアメリカの自動車業界。日本でも「アメ車」を見かけることは少なくなっているが、どうやら世界的に見てもその傾向はあるようだ。さらにお膝元でさえも!
アメリカの自動車産業、そしてアメ車はどうなっていくのか? テキサス在住の自動車ジャーナリスト桃田健史が、さまざまな視点から検証する。

第1回は、米国モータースポーツシーンに注目した。インディをしのぐ人気のNASCARに、2007年からトヨタが参入。日本企業の襲来に、10万人の観客はバドワイザーの缶を投げつけるのか!?

■“どアメリカン”なスポーツ、NASCAR

NASCARをご存知だろうか。フォード、ダッジ、シボレーなどが参戦する米国のストックカーレースである。2月から11月のレースシーズン中、ほぼ毎週のように全米各地で様々なカテゴリーを開催している巨大組織だ。

その事業規模はフォーミュラレースのインディカーとは桁違い。F1に匹敵するか、もはやF1以上かもしれない。NBA、NFL、MLB、PGAと同格の一大スポーツエンターテイメントなのだ。

NASCARの魅力は“どアメリカン”なところなのだが、その最高峰カテゴリーであるネクステルカップに、2007年日本のメーカー、トヨタが参戦する。
すでにトヨタはNASCARトラックレースに参戦しているとはいえ、今度はトップカテゴリーである。本当に大丈夫か? 「ジャップ出て行け!」だのと、バドワイザーの缶が観客席から飛んでこないか? その実態は……。

話は遡って1990年代の中頃、私はNASCAR参戦のためノースキャロライナ州シャーロットで暮らしていた。NASCARの本部、ISC(International Speedway Corporation)はフロリダ州デイトナビーチにある。だが、NASCARのトップチーム、ドライバー、エージェント、TVプロダクション、マーチャンダイジング(Tシャツなどの企画販売業)のほとんどは、シャーロット周辺に点在しているのだ。
ストックカーレースの発祥がテネシー、ノースキャロライナ周辺であること、また、米東海岸の縦の線、ニューヨークとマイアミのほぼ中間に位置するシャーロットはロジスティック(物流/移動)の面で便利なのがその理由だ。

シャーロットでは当時、日本人は物珍しがられた。私にとっても、フライド・オクラ(オクラのから揚げ)を筆頭とする南部料理の味が舌に堪えた。そうしたNASCARにどっぶりつかる生活が続くなか、当時のトップカテゴリー、ウインストンカップをはじめ、ウィークデー開催のローカルレースなど様々なレースを見て、自らも走った。南部のブルーカラーたちがうごめく“どアメリカン”の真ん中で、武者修行が続いた。

2007年から参戦が予定される「トヨタ・カムリ」NASCAR仕様。
(写真=トヨタ自動車)
バドワイザーレッドのゼッケン8番、デール・アンハートJr.はどこでも大人気のドライバーだ。

■お調子者で、現実主義者のアメリカ人

そんな90年代半ばから、NASCARはビジネスとして急成長を遂げた。
“南部のローテクマシンレース”はあっという間にインディカーたちを追い越した。その背景には当然、米ビッグ3による巨額の資金投入がある。それはマシン開発費用ではなく(実際マシン製作費用はF1と比較すればごくわずか)、テレビを軸とする広告宣伝費であった。

時は現在に移り、GM、フォードは緊縮財政がMUSTな時期。ダイムラークライスラーも屋台骨をしっかりさせたい時期である。一般論として企業経営者たちは「レース=無駄な出費」と考える。となると、NASCARが、これまでの“米ビッグ3一本槍路線”から軌道修正しようとするのも無理はない。

NASCAR社長も創業者の3世代目だ。たとえ異国の企業(トヨタ)が参入しようとしても、突っぱねるようなことはしない柔軟性を持っている。また、米南部を中心とするNASCARファンたちも、実は日本車に対して友好的だ。それはけっして、在りし日の日本車が引き起こした経済摩擦時とファンの世代が変わったからではない。米西海岸から全米に徐々に広がってきた日本企業による“啓蒙運動”の賜物だ。
アメリカ人は「質が良くて、適正価格の商品。そして、それを裏付けるような安心できる(=頻度の多い)宣伝広告」があれば、簡単に過去体験を捨ててしまう。“どアメリカン”が日本車を歓迎するというNASCARの変貌は、実にアメリカらしい現象なのである。

よくアメリカ人は「Money talks.(地獄の沙汰も金次第)」と言う。これをNASCARにあてはめてみると「金払いが悪くなったらGMだろうがフォードだろうが、即お払い箱」という意味だ。

「トヨタがネクステルカップに来るって? ノー・プロブレムさ」と、アメリカ人たちは笑顔一杯。アメリカ人は総じて、お調子者だ。つまり、徹底した現実主義者なのだ。

(文=桃田健史(IPN)/2006年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

桃田 健史

桃田 健史

東京生まれ横浜育ち米テキサス州在住。 大学の専攻は機械工学。インディ500 、NASCAR 、 パイクスピークなどのアメリカンレースにドライバーとしての参戦経験を持つ。 現在、日本テレビのIRL番組ピットリポーター、 NASCAR番組解説などを務める。スポーツ新聞、自動車雑誌にも寄稿中。