立体駐車場もOK、「ホンダ・ストリーム」フルモデルチェンジ

2006.07.13 自動車ニュース

立体駐車場もOK、「ホンダ・ストリーム」フルモデルチェンジ

本田技研工業は、ワゴンとミニバンの中間的存在といえる5ナンバーサイズの7人乗り「ストリーム」をフルモデルチェンジし、2006年7月13日に発表、翌日販売を開始する。

■お得意の低床プラットフォームで

先代「シビック」をベースに、ワゴン風の5ナンバーボディと3列7人乗りシートを載せた初代「ストリーム」は、2000年10月にデビュー。全長4.5mのピープルムーバーとして市場に受け入れられ、これを見たトヨタがほとんど同じコンセプトの「ウィッシュ」(2003年1月)を後出しして対抗するなどした。

新型ストリームは、徹底的に「使う」ということにこだわったという。まずはお得意の低床化。全高を1545mm(FF)とし、ほとんどの立体駐車場に入庫可能とした。さらに低くなっても車内スペースは広くとり、特に犠牲になりがちな3列目の空間を拡大するなどした。もちろん、5ナンバー枠に収めてある。

エンジンは現行シビックと同型の1.8リッターに加え、新開発2リッターも用意。トランスミッションは5段ATとCVT(無段変速機)があり、スポーティグレード、「アブソルート」あらため「RSZ」ではパドルによるシフトが可能となる。駆動方式はFFと4WD、全グレードで両方が選べる。

価格は、180.6万円から254.1万円まで。月に5000台を売りたいとしている。

■45mm背を低く

ホンダが「クーペを思わせる」と謳うスタイリングは、切れ長ヘッドランプ、シャープに切れ上がったサイドラインなどでダイナミックさを表現したという。
スポーティな「RSZ」は、フォグランプや17インチアルミホイール、エアロパーツやクロームメッキパーツなどでお化粧したグレードとした。
なお先代のフロントピラーにははめ殺しの小窓があったが、新型ではそれもなく、視界が向上したというのもポイントとか。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4570×1695×1545(4WDは1570)mmと、先代比で20mm長く、背は45mmも低い。ホイールベースは20mm延長され2740mmとなった。
燃料タンクを薄くし2列目シート下、3列目足元に配置することで、3列目のフットスペースを拡大。2、3列目間の距離(タンデムディスタンス)を30mm広げるなどした。隅々までフラットなフロア、というのも自慢のひとつである。

いわずもがなではあるが、シートアレンジもウリである。2列目の6:4分割ウォークインスライド機構は、ショルダー部のレバーを引き上げるとシートバックが前に倒れスライドできる状態になり、3列目へのアクセスが容易にできるというもの。さらに2、3列目は、ヘッドレストを外すことなくワンアクションでフォールダウンできる。各列に収納スペースを増やしたのもポイントという。

■2リッターは新登場ユニット

2種類の直4「i-VTEC」エンジンは、バルブタイミング制御と同時に「ドライブ・バイ・ワイヤ」(DBW)でスロットルバルブも最適コントロール。効率を高め燃費性能の向上を図るなどした。

シビックで採用された1.8リッターは、140ps、17.7kgmを発生する。いっぽう新登場の2リッターユニットは、150ps、19.4kgmというアウトプット。全域でトルクフルな特性を得られるという「3ステージ可変管長インテークマニホルド」やバランサーなどを採用し、低速からのスムーズさと静粛性を両立させたという。

トランスミッションはバラエティ豊富だ。ATは先代から1段多くなり5段化、4WD向けには専用の5ATを用意した。またCVTはトルクコンバーターを使いスムーズで力強い発進ができるようした。
さらにRSZ用のパドルシフトがAT、CVT両方に設定される。Dレンジ走行中にステアリング裏のパドルを操作すると変速モードになり、その後パドルやアクセル操作などを検知し自動的に自動モードになるようにした。

サスペンション形式は前マクファーソンストラット、後ダブルウィッシュボーンと先代同様。RSZには、リアスタビライザーや17インチタイヤ、専用チューンのダンパーなどを奢った。

(webCG 有吉)


【carscope】ホンダ・ストリームの写真はこちら

本田技研工業「ストリーム」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/stream/

立体駐車場もOK、「ホンダ・ストリーム」フルモデルチェンジの画像

「低床プラットフォームで走りにさらに磨きをかけ、さらに3列目シートも使いやすくしたミニバンの枠を越えるクルマ」と新型ストリームについて語る、本田技研工業の福井威夫取締役社長。

「低床プラットフォームで走りにさらに磨きをかけ、さらに3列目シートも使いやすくしたミニバンの枠を越えるクルマ」と新型ストリームについて語る、本田技研工業の福井威夫取締役社長。



立体駐車場もOK、「ホンダ・ストリーム」フルモデルチェンジの画像

全高はFFモデルで1545mmとなり、立体駐車場にも入庫できる。

全高はFFモデルで1545mmとなり、立体駐車場にも入庫できる。



立体駐車場もOK、「ホンダ・ストリーム」フルモデルチェンジの画像



立体駐車場もOK、「ホンダ・ストリーム」フルモデルチェンジの画像

従来型の1.7リッターは、1.8に拡大。さらに2リッターユニットは新開発の物が搭載される。写真は1.8リッターi-VTECエンジン。

従来型の1.7リッターは、1.8に拡大。さらに2リッターユニットは新開発の物が搭載される。写真は1.8リッターi-VTECエンジン。

「RSZ」

「RSZ」
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • 「ルノー カングージャンボリー2017」の会場から 2017.5.23 画像・写真 「カングー」のファンを中心としたルノー・ジャポン最大の公式イベント「ルノー カングージャンボリー」が、今年も山中湖で開催された。参加台数、参加人数ともに過去最高を記録したイベントの様子を、写真でリポートする。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る