ローバーからトヨタにエンジン変更、“新生”「ロータス・エリーゼS」発売

2006.07.13 自動車ニュース

ローバーからトヨタにエンジン変更、“新生”「ロータス・エリーゼS」発売

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、「ロータス・エリーゼ」のスタンダードモデルとなる「エリーゼS」を、2006年7月12日に発売した。

新しいエリーゼSの何が新しいかといえば、エンジン。それまでローバー製「Kシリーズ」ユニットを搭載していたが、ローバーの破綻で供給元がなくなり、ゆえに生産ができなくなっていた。

そこで、ハイパフォーマンスモデル「111R」と同様にトヨタ製の心臓を移植。136psを発生する可変バルブタイミング機構付き1.8リッターエンジンと、860kgの軽量なボディをもって、0-100km/h加速6.1秒、最高速度205km/hというパフォーマンスを得た。

ベーシックな「エリーゼS」は453万6000円、パワーウィンドウや防音、レザー/アルカンタラインテリアなどを盛り込んだ「エリーゼSツーリング」は490万3500円。納車は10月下旬からを予定する。

(webCG 有吉)

エルシーアイ:
http://www.lotus-cars.jp/

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • ジャガーEペースR-Dynamic S P300 AWD/EペースS D240 AWD【海外試乗記】 2018.2.21 試乗記 ジャガーの新型コンパクトSUV「Eペース」がいよいよ公道に降り立った。“身の丈サイズ”のボディーに力強い2リッターエンジンを搭載し、スポーティーなフットワークを備えた「Fペース」の弟分の仕上がりは上々。ヒットの予感に満ちている。
ホームへ戻る