ローバーからトヨタにエンジン変更、“新生”「ロータス・エリーゼS」発売

2006.07.13 自動車ニュース

ローバーからトヨタにエンジン変更、“新生”「ロータス・エリーゼS」発売

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、「ロータス・エリーゼ」のスタンダードモデルとなる「エリーゼS」を、2006年7月12日に発売した。

新しいエリーゼSの何が新しいかといえば、エンジン。それまでローバー製「Kシリーズ」ユニットを搭載していたが、ローバーの破綻で供給元がなくなり、ゆえに生産ができなくなっていた。

そこで、ハイパフォーマンスモデル「111R」と同様にトヨタ製の心臓を移植。136psを発生する可変バルブタイミング機構付き1.8リッターエンジンと、860kgの軽量なボディをもって、0-100km/h加速6.1秒、最高速度205km/hというパフォーマンスを得た。

ベーシックな「エリーゼS」は453万6000円、パワーウィンドウや防音、レザー/アルカンタラインテリアなどを盛り込んだ「エリーゼSツーリング」は490万3500円。納車は10月下旬からを予定する。

(webCG 有吉)

エルシーアイ:
http://www.lotus-cars.jp/

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ロータス・エリーゼSC(MR/6MT)【試乗記】 2008.9.22 試乗記
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記