第270回:スクープ! エスティマ・ハイブリッド最強説
2代目は“プロの料理人が通いつめる店”だ!?(小沢コージ)

2006.07.13 エッセイ

第270回:スクープ! エスティマ・ハイブリッド最強説2代目は“プロの料理人が通いつめる店”だ!?

第270回:スクープ! エスティマ・ハイブリッド最強説2代目は“プロの料理人が通いつめる店”だ!?(小沢コージ)の画像
第270回:スクープ! エスティマ・ハイブリッド最強説2代目は“プロの料理人が通いつめる店”だ!?(小沢コージ)の画像
プリクラッシュセーフティ用のカメラが付いてます。ヒゲみたい?
プリクラッシュセーフティ用のカメラが付いてます。ヒゲみたい?

■トヨタ社内で一番人気

いやー、聞き捨てならないことを聞いちゃいましたよ。2代目エスティマ・ハイブリッドの試乗会。

「実はこのクルマ、社内で一番人気があるんですよ。特にハイブリッドの開発に絡んだエンジニアたちの間で」。
というのはトヨタ・ハイブリッドの父の一人、田上エンジニア。単純にハイブリッド・システムの開発をプリウスをはじめ、エスティマ、ハリアー、カムリ、レクサスとすべて見てきたとってもエラくて優秀な方だ。

なんで一番人気なんですか?
「それはね。元々、僕らはエスティマみたいなクルマにこそハイブリッドが必要だと思ってたのがある。ワンボックスはどうしてもボディがデカくて重いから、燃費が悪く、パワーも足りなくなるでしょ。それでいて買う人は家族が多く、金銭的にも余裕がない場合が多い。そういうクルマにこそ、よりパワーが増して、燃費が良くなるハイブリッドが相応しいじゃないですか」。

そりゃそうだ。超正論。でもそれだけが理由じゃないでしょ。“プロの間で人気”ってのは?
「まずはハイブリッドの開発がここに来て一応一段落したっていうのがあります。FFをプリウスとカムリでやり、FFベースの4WDをハリアーとこのエスティマでやり、FRをレクサスGSでやった。エンジンも1.5リッターの直4、2.4リッターの直4、3.5リッターのV6とひと通り組み合わせてみた。そこでだいぶ分かってきた部分があるんですよ」。

第270回:スクープ! エスティマ・ハイブリッド最強説2代目は“プロの料理人が通いつめる店”だ!?(小沢コージ)の画像
「たがみ」さんじゃなくって「たのうえ」さん。間違えると怒られます!?
「たがみ」さんじゃなくって「たのうえ」さん。間違えると怒られます!?
第270回:スクープ! エスティマ・ハイブリッド最強説2代目は“プロの料理人が通いつめる店”だ!?(小沢コージ)の画像

というと?
「この2代目エスティマには、FFベースのハイブリッドとしては、現在考えられる最良のシステムが積んであります。まず、作動電圧は初代プリウスの288ボルトじゃなく、650ボルトに昇圧してあるし、加速が良くなるリダクションギアが積んであるし、CVTは初代エスティマが油圧式だったのが、電動CVTになってるし、バッテリーだって樹脂ケースから放熱がいい金属ケースになってる。パワーコントロールユニットもGS用ですよ。ホントに機能が充実してる」。

■今もっともお買い得なハイブリッド

要するにマージャンで言う満貫みたいなハイブリッドなんですね。バンバンババンと役が揃いまくってる?
「ある意味、そうかもしれない」。

一言でいうと“お得”だと。しかも今後、すぐにバージョンアップされ、機能アップされる心配がないと。パソコンみたいにね?
「ん、まあそうかな? あとコイツは10・15モードでリッター20キロとバツグンなのはもちろん、実燃費にも気を使ってるからね。これは数値に表れない性能でね……でもさ。他のハイブリッドだってがんばってるんだよ」。

とまあ最後はだんだんクチを濁してきた田上さん。しかし家政婦(どこが!?)小沢は感じた! これこそ単純に“今もっともお買い得なハイブリッド”ではないかと。もちろん、ミニバンが欲しくなきゃ仕方ないんだけどさ。
しかしこれまた一つのクルマ選びの指針。ひとつ、ご検討くださいませませ(笑)。

(文と写真=小沢コージ/2006年7月)

第270回:スクープ! エスティマ・ハイブリッド最強説2代目は“プロの料理人が通いつめる店”だ!?(小沢コージ)の画像
メーター類はますます充実。ハイブリッドであることがよくわかるように進化してる。
メーター類はますます充実。ハイブリッドであることがよくわかるように進化してる。
ハイブリッド用のニッケル水素バッテリーは、ちょうど前席の間の下にマウントされる。
ハイブリッド用のニッケル水素バッテリーは、ちょうど前席の間の下にマウントされる。
第270回:スクープ! エスティマ・ハイブリッド最強説<br>2代目は“プロの料理人が通いつめる店”だ!?(小沢コージ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』