【スペック】スバル・レガシィB4 2.0GTspec.B(ベース車):全長×全幅×全高=4635×1730×1435mm/ホイールベース=2670mm/車重=1480kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4 DOHC16バルブターボインタークーラー付き(280ps/6400rpm、35.0kgm/2400rpm)

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(STI篇)【試乗記】

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(STI篇) 2006.07.12 試乗記 レガシィB4 tuned by STI(4WD/6MT)自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニンググループ合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加した。マイナーチェンジしたばかりの「レガシィB4」はSTIの味付けで、どう変わったか。

色黒だけどいぶし銀……レガシィB4 tuned by STI(4WD/6MT)

本諏訪(以下「も」):2006年5月にマイナーチェンジしたばかりの「レガシィB4 2.0GT B.spec」が素材です。
関(以下「せ」):ターボモデルにもようやく6段MTが搭載されましたからね。「カッ飛びオヤジ」も大満足じゃないでしょうか。
も:レガシィユーザーが求めるのは「大人の走り」ね。
せ:このクルマ、見た目がとてもシックです。チューニングカーっぽくない。
も:黒いボディカラーも落ち着いた感じだし、フロントアンダースカートとトランクスポイラーもごく控えめに付いてます。
せ:でもこのパーツは、高速時の車両安定性の向上にかなり貢献しているとか。
も:インテリアもシルバーのパーツを控えて、ブラック感を増強。
せ:STIのオリジナルシートもまっ黒ですね。これは座ってもタイトすぎず乗り降りもしやすいので、アベックでも安心。

も:走ってみようか。
せ:とりあえずインテリジェントモードにしました。
も:レガシィはマイチェンで環境性能をかなり意識したからね。その部分はSTIも大切にしているわけ。だからパワーユニットには手を付けず、音の演出のためにマフラーが交換されたのみ。
せ:このモードなら、私もガンガンアクセル踏んでいけます! パワーが控えめって、むしろ楽しい〜!
も:その使い方はどうかと思うけど……。

せ:しかしこれは乗り心地がバッチグーですね。STIチューニングのビルシュタインダンパーがよく働いてる気がします。特に高速コーナーがいいですね。安心安心!
も:マイチェンでアップしたベース車のボディ剛性を、さらにフロントタワーバー/ロアアームバーで強化。リアサスペンションリンクにはピロボールブッシュを採用するなどして、ダンパーの持っている性能を十分に引き出しているんだそうだ。
せ:いやー、乗り心地が快適で運転も楽しいからいくらでも走れますね。もう頭の血管がパンパンですよ。
も:……倒れないでね。

せ:アルミホイールはスピニング工法を取り入れた鋳造製法で、一本あたり約3kgもの軽量化を果たしたそうです。
も:そういう地道な努力も、こういう走りと乗り心地に効いてるんでしょう。
せ:レガシィのマイナーチェンジもかなり地道な内容ですけど、このSTIのチューニングもまた地道ですね。
も:それこそが「らしさ」だね。
せ:チューニングコンセプトは「快適性を損なわずに走りの性能を向上」という、まあ言ってしまえばよく聞く言葉なのですが……。
も:このクルマはかなり高次元でそれが両立されてますね。

せ:降りてから見つけたんですけど、このへこたれないブレーキはブレンボ製のキャリパーじゃないですか!
も:これもゴールドやレッドで主張したりせず、ブラック塗装。
せ:いやー、渋い。まさにいぶし銀の一台ですな。

(文=webCG本諏訪裕幸&関顕也/写真=峰昌宏/2006年7月)

・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(TRD篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018431.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018432.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018417.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018351.html

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.5 試乗記 6代目となり、先代よりさらにひとまわり大きくなった「スバル・レガシィ」。セダンの上級グレード「B4リミテッド」に試乗し、どのような変化を遂げたのか確かめた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る