新型「アウディTTクーペ」予約受付スタート、440.0万円から

2006.07.12 自動車ニュース

新型「アウディTTクーペ」予約受付スタート、440.0万円から

アウディ・ジャパンは、新型「アウディTTクーペ」の予約受付を、2006年7月12日に始めた。デリバリーは10月中旬以降の予定。

■2リッター直4ターボ&3.2リッターV6の2種類

1998年に発表された、デザインコンシャスな「TTクーペ」が2代目に進化、今秋日本に上陸する。
丸みを多用した意匠は内外で踏襲しつつ、「シングルフレームグリル」で今日的なフォーリングスの顔立ちをなす。リアには電動可変スポイラーを備え、スポーティモデルであることを主張する。
ボディは、アルミとスチールをあわせた、軽量を謳う新開発「ASF」(アウディ・スペース・フレーム)とした。

日本モデルは2種類。「TTクーペ2.0TFSI」は、200psの2リッター直4ターボを搭載したFFのエントリーグレードで、440.0万円。
いっぽう「TTクーペ3.2クワトロ」は、250psを発生する3.2リッターV6ユニットのクワトロ(4WD)仕様で、574.0万円のプライスタグを付ける。
いずれも6段の「Sトロニック」(デュアル・クラッチ・ギアボックス)、つまり2ペダルMT「DSG」が組み合わされる。ステアリング位置はすべて右だ。

注目は、足まわりに磁性流体を使用したショックアブソーバー「アウディ・マグネティック・ライド」をオプション設定したこと。「走行状況とドライバーのドライビングスタイルに応じて完璧なロールの安定化を行い、乗り心地の良さとダイナミックな走りを同時に実現します」とアピールされる。

(webCG 有吉)

アウディ:
http://www.audi.co.jp/

新型「アウディTTクーペ」予約受付スタート、440.0万円からの画像



新型「アウディTTクーペ」予約受付スタート、440.0万円からの画像



新型「アウディTTクーペ」予約受付スタート、440.0万円からの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る