最高出力218ps! もっともホットな「MINI」、160台限定で発売

2006.07.11 自動車ニュース

最高出力218ps! もっともホットな「MINI」、160台限定で発売

BMWジャパンは、「MINI」シリーズでもっともパワフル、218psを発生するスーパーチャージャーユニットを搭載した特別限定車「MINIクーパーS withジョン・クーパー・ワークスGPキット」の予約受付を、2006年7月12日に始める。
納車時期は9月以降の予定。世界限定2000台のうち、日本には160台が割り当てられる。価格は395.0万円。


3本スポークのステアリングにはマルチファンクションが備わる。シートはレカロ製のスポーツシート。
なお、写真はショーモデルのため左ハンドルだが、日本仕様は右ハンドルのみとなる。

■ノーマル比48psアップ、後席なしで軽量化

もっともホットなMINI「クーパーS withジョン・クーパー・ワークスGPキット」は、最上位グレード「クーパーS」(285.0万円)同様に、1.6リッター直4SOHCスーパーチャージャーエンジンと6段MTを組み合わせたモデルだが、各所にスペシャルチューンが施されている。

エンジンは吸気系部品や専用シリンダーヘッドを採用、排気系などひととおり増強し、パワーは48ps増の218ps/7100rpm、トルクは3.1kgmプラスの25.5kgm/4600rpmとなった。
通常オプションで選べる「ジョン・クーパー・ワークス・チューニングキット装着車」と比べても、8ps、0.5kgm増。パワー・トゥ・ウェイトレシオは、クーパーSより20%以上優れるとされる。


後部座席は軽量化のため取り払われる。

さらに、足まわりの強化やエアロパーツの装着、軽量化のために後席を取り払い2名乗車とするなどされた。

ルーフには「0001」から「2000」まで続くナンバリングが刻印され、スペシャル感アップに寄与。ボディは専用「サンダー・ブルー」に彩られ、他モデルとの差別化が図られた。

オプション・アクセサリーだけで約140万円分相当というが、ノーマルのクーパーS比110万円プラスに留めたという。

(webCG 有吉)




MINI:
http://www.mini.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る