【スペック】全長×全幅×全高=4610×1800×1465mm/ホイールベース=2700mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ(147ps/5600rpm、20.7kgm/4000rpm)/車両本体価格=335.0万円(テスト車=同じ)

オペル・ベクトラ2.2(5AT)【ブリーフテスト】

オペル・ベクトラ2.2(5AT) 2002.12.04 試乗記 ……335.0万円総合評価……★★★★


夢を載せる余地

2002年7月から正規輸入が始まったベクトラは、オペルのミドサイズモデル。世界中で「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と死闘を繰り広げている「アストラ」の兄貴分にあたる。とはいえ、ボディサイズは全長が4.6m、幅が1.8mだから、ふたまわりほど大きい。寸法からいくと、日産スカイラインといい勝負だ。
オペルのデザイナーが「地味だけれど頑張った」と思わせるのが外観で、不格好になりがちなビッグキャビンスタイルを採りながら、ライトはじめ各部パーツの形状を工夫し、水平に走るラインを効果的に反復することで、全体として上手に斬新なイメージを醸し出した。好き嫌いは別にして。
実際、室内は広い。特に、先代からのボディ拡大分の大部分を消化したリアシートは余裕の空間。ベクトラをショファードリブンとして使うヒトが出てきても、なんら驚かない。
パワーソースとして、トルキーな2.2リッターユニットを搭載。5段ATとのマッチングもいいから、実用サルーンとしての動力性能に不満はない。見かけよりずっと活発なハンドリングも加点要素だ。サスペンションがスロットル操作によく反応し、活き活きとした印象をドライバーに与える。
ニューベクトラ、商品力はじゅうぶん。販売拠点として、ヤナセネットワークという伝統あるディーラー網をもつ。ブランドイメージの向上には? 「Creative German Engineering for Better Living(快適な生活のためのクリエーティブなドイツのエンジニアリング)」を掲げる。無骨なスローガンだが、要は、新しいベクトラにはヒトと荷物だけでなく、“夢”を乗せる余地もあるといいたい。オペルは、真面目に主張している。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2002年3月のジュネーブショーで、シリーズの先陣を切ってセダンが披露された3代目ベクトラ。7年ぶりのフルモデルチェンジを受けたオペルのミドレンジ・モデルである。65mm延長された2700mmのホイールベースに、「テンション(緊張感)」と「モーション(躍動感)」を高次元でバランスさせたと謳われる、先代よりひとまわり大きなボディが載せられた。
同年7月2日から日本での販売が開始された。機関は「2.2リッター+5段AT」のみで、トリムレベルによって「2.2」と「2.2プレミアム」に分けられる。ステアリングホイールの位置は、いずれも右だ。
(グレード概要)
テスト車のベクトラ2.2は、2.2プレミアムより27.0万円安い335.0万円のプライスタグをつける。上位グレードとの違いは、「レザーシート+シートヒーター」がファブリックとなり、リアガラスの「電動サンシェード」、駐車時に前後に障害物がないかを検知する「パークパイロット」が省略されること。アルミホイールは17(7J)に対して16インチ(6.5J)、タイヤサイズは「215/55R16」になる(プレミアムは「215/50R17」)。ベクトラ2.2のボディカラーと内装色は、「銀」「青」「赤」には「黒ベロア」、「紺」「グレー」には「ベージュ・ベロア」が組み合わされる。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
幾何学デザインのインストゥルメントパネルを、ウッドパネルがザックリ横切る建築的な造形。一方、パネル上下の樹脂類ほかの質感はそれなりだ。センター上部には、平均燃費、速度、走行可能距離などを表示するオンボードコンピュータのディスプレイが設置される。将来、ナビゲーションシステムに転用するには、少々、サイズが小さいか。「キーレスエントリー」「集中ドアロック」「脱臭フィルター付きオートエアコン」「クルーズコントロール」はじめ、「ラジオ+MDプレイヤー」「インダッシュ式6連奏CDチェンジャー」など、装備は豊富。革巻きステアリングホイールには、オーディオ類の操作ボタンが備わる。インパネ右端のライトスイッチの下には、内張りをした小銭入れあり。
(前席)……★★★
「整形医学理論から設計された」(プレス資料)ということは、言われないとわからない一見平凡なシート。座り心地も平凡だが、あたりは柔らかいもののズブズブとオシリが沈まないから、疲れにくいのかもしれない。意識はされないが、通常走行時のホールド性は高い。むやみにドライバーの上体が動かない。左右とも電動でポジション調整できるほか、ランバーサポートとして、背もたれの腰付近を手動のレバーで押し出すことも可能だ。運転席側は3ポジションまでのメモリー機能付き。側面衝突に備えたためか、ドアポケットがドアの前半分以下しかないのは、ちょっと残念。
(後席)……★★★★★
大きくなったベクトラの魅力のひとつが、広い後部座席。シートのサイズはたっぷりとられ、余裕ある膝前空間、高く、後までのびた天井と、居住性満点。トンネルコンソール後端にエアコン吹き出し口と、アクセサリー電源用ソケットが設けられる。センターアームレストはもちろん、座面前端中央部には、2人分のカップホルダーが収納される。容易に引き出せるサイドウィンドウ用サンシェードは、ありがたい装備だ。身長170cmくらいまでなら、しっかりしたヘッドレストと3点式シートベルトをもつセンターシートも、(両脇の乗員の体型にもよるが)さほど快適性を犠牲にすることなく実用に使える。
(荷室)……★★★★
“実用”に“プレミアム”を足すべく、よく研究されたラゲッジルーム。トランクリッドは、2本のダンパーで支持され、荷室を浸食しない。後席センターのアームレストには、トランクスルー用のフタが設けられる。もちろん、リアシート背もたれを分割して前に倒すことも可能だ。キャビンとの境、バルクヘッドを長方形に切り抜かなかったのは、ボディ剛性を考慮してのことだろう。容量は、先代より20リッター増えた500リッター(VDA法)。床面最大幅=113cm、奥行き103cm、高さは50cm。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
オペル自慢のオールアルミ「ECOTEC」ユニット。2.2リッター直4DOHC16バルブで、147ps/5600rpmの最高出力と、20.7kgm/4000rpmの最大トルクを発生する。2本のバランサーシャフトとマスフライホイールを備え、「6気筒エンジンに匹敵するスムーズな動作(プレス資料)を狙った。たしかに回転はスムーズ。ただ、走りはじめの低回転域では、車内にこもり音がたまりがち。欧州の排ガス規制「EURO-IV」はもちろん、基準の差を乗り越えて、わが国でも平成12年排出ガス規制値25%低減レベルを達成、星ひとつの「良-低排出ガス」認定を得た。先代より1段増えた5段ATは、「ドライバーの運転スタイル」「勾配」などからシフトプログラムを判断する「アダプティブプログラム(学習機能)」付き。シフターを左のゲイトに移せば、前後でギアを変えるシーケンシャルシフトも可能だが、「D」レンジに入れっぱなしでじゅうぶん。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
前マクファーソンストラット、後マルチリンクの足まわり。アーム類、ブレーキャリパーなどにアルミを使用、バネ下の軽量化を図った。乗り心地は、ことさら感銘を受ける類ではないが、ステアリングレスポンスのよさが、街なかドライブでも感じられる。フォルクスワーゲンと比べて相対的に“ちょっとラテン入ってる”オペルのサルーンらしく、ハンドリングは予想外に活発。一方で、「ESPプラス」と名付けられた最大3輪のブレーキを同時に制御するアンチスピンデバイスによって、ドライバーの“過度なお遊び”は拒否する。
ニューベクトラは、カーブ中のブレーキをコントロールしてラインを外さない「CB(コーナリングブレーキ制御システム)」、発進時のスリップを最小化する「トラクションコントロール」、ブレーキを踏んだときの制動力を前後に配分する「EBD(電子制御ブレーキ制御システム)」、緊急時にブレーキを踏む力を補助する「ブレーキアシスト」など、エレクトリックデバイス満載。受動安全性としては、前席ダブルエアバッグ、サイドエアバッグに加え、後席まで広がるカーテンエアバッグを標準で装備する。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2002年7月22-24日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)215/55R16/(後)同じ
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • オペル・ベクトラ 2.2(5AT)【試乗記】 2002.9.25 試乗記 オペル・ベクトラ 2.2(5AT)
    ……335.0万円

    7年ぶりにフルモデルチェンジした、オペルのミドルクラス「ベクトラ」。シャープな稲妻マーク、新しいキャッチフレーズなど、これからのオペルの姿勢を最初に具現化したモデルに、webCG記者が試乗した。


  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 「フォルクスワーゲン・パサート」に装備充実の「TSIエレガンスライン」が登場 2016.11.22 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「パサート/パサートヴァリアント」について、一部の装備やモデル名を変更し、2016年11月22日に発売した。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
ホームへ戻る