北の大地をヒストリックカーで、思う存分ツーリング!

2006.07.07 自動車ニュース

北の大地をヒストリックカーで、思う存分ツーリング!

2006年7月1〜2日、ヒストリックカーで北海道を250km走る「第13回ノースビッグラン・イン・アカピラ」が開催された。札幌〜三笠〜富良野〜美瑛〜赤平と、好きなクルマで思う存分、しかもゆったり走るイベントに、別冊単行本編集室の伊東和彦は参加する……つもりだったのだが、クルマの修理が間に合わなかったので、今回はリポートをお届けする。


【写真上】7月1日土曜日。全国からから集まったノースビッグラン・イン・アカピラの参加車。ツーリングを楽しめるクルマが多い。ここに見える「メルセデス220Sカブリオレ」と「シトロエンDS」は宮城県からの参加。
【写真下】「ホンダS800」と「MGA」がスタートを待つ。黄色いエスは神奈川県からの参加。フェリーを上手に使えば関東地方からもそう遠くない!

■エンスージャストがのんびりと……

春から秋までのシーズンには、毎週末のように全国のどこかでヒストリックカー・イベントが開催されている。サーキットレースこそ数は限られているが、カントリーロードを舞台とするタイムラリーはたいへんな盛況ぶりだ。
そうした公道イベントの中で、ほかとは違う魅力的な特徴を持っているのが今年で13回目を迎える「ノースビッグラン・イン・アカピラ」だ。


このイベントはヴィンティッジカーのドライバーに好評だ。今回はこの2台のロールス・ロイスに圧倒された。

ノースビッグラン・イン・アカピラは北海道赤平市のクルマ・エンスージャストたちが主催し、赤平市がバックアップしているのどかなイベントだ。参加車両は1974年までに生産された国内外のクルマで、参加者は北海道以外に居住しているヒストリックカーオーナーに限られていることが特徴だ。


美瑛の、通称“ジェットコースターの丘”を駆けめぐる参加車。コース設定の素晴らしさが最大のもてなし。オフィシャルの努力には、ただただ頭が下がるばかりだ。(写真=studio M's)

主催者の意図が、「道外のエンスージャストに北海道の自然のなかを楽しく走ってもらうこと」にあるから、実際に参加してみると観光ドライブといった雰囲気だ。近年の公道イベントにありがちな、ナビゲーターがコマ地図とストップウォッチに首っ引き、ドライバーはただただ運転に専念し、二人とも景色を見ている暇などなく、ミスコースから険悪なムードに陥る、などということはない。
そのためか、のんびりとツーリングを楽しむ年輩のクルーや、大人しい国産サルーンでの参加者が多い。


1100ccの「ランチア・アッピアGTE」は東京からの参加。このオーナーも常連だ。その後方のMGBは愛知県からの参加。濃赤のMGBは、イベントのあと最北端までツーリングするとか。このイベントの前後にツーリングを楽しむという参加者は少なくない。(写真=studio M's)

■穏やかで豪華な参加車両

今年は26台が参加した。最も古いクルマは神奈川県から参加した1910年「ロールス・ロイス・シルバーゴースト」、もっとも排気量が大きかったのは7660ccの1927年「ロールス・ロイス・ファンタムII」。一方、もっとも排気量が小さかったのは日本の軽自動車で、1972年「スバルR2」と1970年「マツダ・キャロル」だ。「MGB」や「オースティン・ヒーレー」、「ホンダ・エス」というヒストリックカー・イベントの常連車も、ここではなにか穏やかな表情を見せている。


昼食のため富良野のホテルに到着。昼食は海鮮丼だった。今やめずらしい「ホンダ145クーペ」や「マツダ・ルーチェREワゴン」の姿が見える。白いスプライトは1週間ほど前に北海道に入り、すでに3000km近くツーリングを楽しんできたとのこと!

2004年までは2泊3日の旅程だったが、昨年から1泊2日、走るのは土曜日の1日だけになった。今年は7月1日(土)の朝に札幌市内のサッポロ・ファクトリーをスタートし、風光明媚で空いたカントリーロードをツーリングして、夕方に赤平市のコミュニティー広場にゴール。その晩は、近くの会場でウェルカム・パーティーを楽しみ、夜は地元の温泉に宿泊するというゆったりとしたスケジュールだが、走行距離は250kmある。

実はこのノースビッグラン・イン・アカピラは、日曜日に行われる「北海道クラシックカー・フェスティバル」を盛り上げるという役割も合わせ持ち、日曜日は会場に展示することが求められている。したがってエントリーフィーは、2名1組で3万円(!)と驚くほど低く抑えられている。


RRシルバーゴーストが丘を登ってきた。直列8気筒の7リッターユニットが発する低速トルクの強大さには驚かされる。

記者は、このゆったりとした雰囲気と、北海道を思う存分ヴィンティッジカーで走る快感で虜になり、毎年のようにクルマを積載車に積み込んで、一目散に札幌に向かうということを繰り返している。今年はクルマの修理が間に合わず参加できなかったが、2007年は、北海道クラシックカー・フェスティバルが20周年を迎えるので、驚くべき記念企画を考えているというから、今から楽しみでならない。

(別冊単行本編集室 伊東和彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。