日産の新型MPV「リヴィナ ジェニス」発売

2006.07.07 自動車ニュース

日産の新型MPV「リヴィナ ジェニス」発売

日産自動車は、グローバル市場向けに開発した新型車シリーズの第1弾「リヴィナ ジェニス」を、2006年7月下旬に中国で開催される「広州国際モーターショー」で披露する。日産が他の市場に先駆けて、中国に新型車を投入するのは初めて。




「リヴィナ ジェニス」は、日産・ルノーの共用プラットフォームを採用。開発とデザインは、神奈川県は厚木の「日産テクニカルセンター」で行われた。
エンジンは、可変バルブタイミングコントロールを備えた1.8リッターを搭載する。7名乗車可能、多彩なシートアレンジや利便性を特徴とし、「高級感と実用性を兼ね備えた新しい多目的乗用車として、さまざまなお客様のニーズに対応」(プレスリリース)すべく開発された。北米、欧州ではない、中国をはじめとする巨大なグローバル市場に、日産が放つ戦略車の第1弾といえるだろう。

日産の商品企画担当のカルロス・タバレス副社長は、「日産はこの新型モデルをグローバルに投入するため、多大な投資を行ってきた。これらのモデルが中国及び他の市場において日産の成長に大きく貢献することを期待している」と語った。

中国で販売されるリヴィナ ジェニスの生産は、日産と東風汽車公司の合弁会社、東風汽車有限公司の花都工場で行われる。他の市場に投入するモデルは、世界各地で生産する。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。