第79回:日本に残る「氷河の足跡」、木曽駒ヶ岳(その1:氷河地形を見に行く旅)(矢貫隆)

2006.07.07 エッセイ

第79回:日本に残る「氷河の足跡」、木曽駒ヶ岳その1:氷河地形を見に行く旅(矢貫隆)

駒ケ岳周辺図。右下のロープウェイで一気に2612メートル地点まで上がる。標高2956メートルの駒ヶ岳山頂は図上の左上だ。
駒ケ岳周辺図。右下のロープウェイで一気に2612メートル地点まで上がる。標高2956メートルの駒ヶ岳山頂は図上の左上だ。
こちらは、2002年に登った南アルプスは仙丈岳の大カール。
こちらは、2002年に登った南アルプスは仙丈岳の大カール。

■「モレーンって何です?」

「シーズン最後の山は、やっぱりアルプスでしょう!」
虚弱体質で精神軟弱な担当編集A君らしくもない、いつになく強気な発言だった。
アルプスって?
「ふふふ、中央アルプスですよ」
空木岳?
「いや、木曽駒ヶ岳です」

ほう〜。標高2956メートルの、あの木曽駒ヶ岳ねぇ。で、何故、木曽駒なの?
「ふふふ、実はあの山、2612メートル地点までロープウェイで上がれるんですよ、ふふふ……、歩かなくていい」

ふふふ、知ってるよ。俺はあの山に去年も登って散々な目にあったから。

というような会話があって、山小屋が閉鎖になる直前の2005年11月初旬(つまり、今から半年以上も前の話なのだ)、我々は木曽駒ヶ岳の山頂を目指して出発したのだった。今回の登山のテーマは「氷河を見に行く」、いや、正確には「氷河地形を見に行く」である。

氷河期の時代、北半球の北部はその影響を強く受けた。寒冷化の進展に伴い植物は南へと大移動し、大陸氷河の発達によって一部の海は海面が100メートル以上も低下し、あるいは氷に閉ざされ、地表はツンドラ化、などなど。

だが、日本では北海道がツンドラ化したことを除けば、本州の高地に小規模な山岳氷河が発達したに過ぎなかった。日本アルプスの山々では、その跡を見ることができる。氷河期が終わり、氷が消えていく過程でできたカールやモレーンといった氷河地形を見ることができるのである。

「中央アルプスでも?」
もちろん。
木曽駒ヶ岳には千畳敷と呼ばれる大カールがあるし、注意してみればモレーンにだって気がつく。
「カール地形は3年前に仙丈岳で見ましたが、モレーンって何です?」

(つづく)

(文=矢貫隆/2006年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。