【スペック】ホンダS2000 タイプV(ベース車):全長×全幅×全高=4135×1750×1285mm/ホイールベース=2400mm/車重=1270kg/駆動方式=FR/2.2リッター直4DOHC16バルブ(242ps/7800rpm、22.5kgm/6500-7500rpm)

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【試乗記】

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇) 2006.07.05 試乗記 無限S2000(FR/6MT)/無限オデッセイ(FF/5AT)自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニンググループ合同試乗会」が開催された。今年で9回目となるイベントに『webCG』スタッフ、今回で2度目の本諏訪と、チューニングカー初心者の関が参加した。まずホンダ系ワークスチューニングを手がける「無限」ブランドのクルマを動画と共にご覧下さい。

運転は楽しい、助手席は苦しい……無限S2000(FR/6MT)

本諏訪(以下「も」):チューニングカーに乗ったことある?
関(以下「せ」):いや、まったくないんです。今日は一日中乗りまくれるんですよね?
も:おっしゃ。じゃあさっそく行ってみますか。最初は今や新車としてはホンダ車唯一といえるスポーツカーの「無限S2000」。
せ:カーボンむき出しで穴だらけのボンネットが、かなり悪党ですね〜。どんなクルマなんですか?
も:マイチェンで2.2リッターになったエンジンは、本体には手を入れずにファインチューン。吸排気系とサスペンションキットの装着、ブレーキ強化とエアロパーツの採用などが主なメニューです。ベース車は可変ステアリングギアの「VGS」グレード。
せ:インテリアにはダッシュボード上の追加3連メーターとオリジナルフルバケットシートですか。5点ロールケージはリア側のみで乗降を妨げないタイプになってます。
も:くどくどと追加説明ありがとう。リアウイングも多くの実験をもとに設計されたものらしい。
せ:オープンカーには違和感アリアリじゃないですか!
も:じゃ、とりあえず行ってみようか。

せ:ひぇー、運転がうまくなったような気になるなぁ!
も:お、メートルあがってきたね。で、どんなところが?
せ:ちょっと踏んだだけでもクンクンって回転が上がる。ブレーキのフィールもいいし、シフトもバッチグー。
も:足まわりはさすがに硬くて、街乗りはちょっと厳しいね。
せ:でも高速コーナリングではクルマがしっかり路面にはりついて安心です。路面変化のインフォメーションもつかみやすい。
も:気持ちいい排気音もオープンカーだからよく聞こえる。
せ:こりゃーチューニングカーに乗りたくなる気持ちがわかりますよ。こんなに運転が楽しいんですもん!
も:ちょっと運転かわって!

せ:……。なんだか気持ち悪くなってきた……。
も:ずいぶんさっきと言ってることが違うけど。
せ:運転は抜群に楽しいんですけどね。助手席はけっこうツライ。
も:たしかに。バケットシートは乗り降りも大変だしね。
せ:アベックだったらこのまま別れ話に突入です。
も:ま、チューニングカーに乗るなら、硬派にならないと。

「無限」が放つチューンド「S2000」。峠に響きわたるその咆哮を、動画でお楽しみください。

ミニバンの基本と要をおさえたチューニング……無限オデッセイ(FF/5AT)

も:次はオデッセイ。こちらも2006年4月にマイナーチェンジされた上級グレード「Absolute」をベースに、エアロパーツを追加し、マフラー、サスペンションなどを変更したモデルです。
せ:“ハシリ”というよりは、ドレスアップの要素が強いんでしょうか?
も:こういうクルマをイジるってのは、どういうコンセプトなのかわかりづらいね。“スポーティに”といっても、走りじゃなくてルックス重視だったりとかするし。
せ:デザインの好みはひとそれぞれ。ましてやパーツなんかは選べるものですから、ユーザーが好きなものを選べばいいんじゃないでしょうか。
も:そうなると、ワークスチューニングのパーツを選ぶ理由は、フィッティングの確実さとか、純正色の塗装とかかな。
せ:あとは、ディーラーで対応できるという特典もあります。新車購入時に付けられるのは一番の魅力でしょう。
も:「無限だから」というよりは、「ホンダで買えるから」ってことだ。

せ:しかしこのクルマにはレース活動に勤しむ無限らしいチューニングがしてありますよ。
も:勤しむって……。ブレーキの強化ね。ブレーキローター&パッドとステンメッシュホースも奢られてる。
せ:しかり。車重があるミニバンには要のチューニングかと。
も:対して内装はまったくのノーマルか。
せ:いやいやクロームメッキ製のルームミラーカバーとか、チラ見せのおしゃれをしてますよ!
も:……よく気がついたね。

も:足まわりにはスポーツサスペンションを装着、と。
せ:車高が25mmダウンしていますね。やっぱりミニバンチューンはシャコタンが基本ってことですか。
も:でも乗り心地はスポイルされてない。
せ:さりとて、運転に劇的な変化は感じませんな。
も:シャコタンにして重心が下がっている影響から安定感は増しているけどね。

せ:タイヤもいいですね! 乗り心地も快適だし、グリップもいいし!
も:それは無限チューニングじゃないんだけど……。
せ:このクルマこそ、アベックにもオススメできる。別れ話とは無縁のクルマ。
も:その話はもういいよ。
せ:……。

(文=webCG本諏訪裕幸&関顕也/写真=峰昌宏/2006年7月)

・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(TRD篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018431.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(ニスモ篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018432.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(STI篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018359.html
・2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018417.html




2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【短評】
2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【短評】


2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【短評】
【スペック】
ホンダ・オデッセイAbsolute(ベース車):全長×全幅×全高=4770×1800×1550mm/ホイールベース=2830mm/車重=1700kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(200ps/6800rpm、23.7kgm/4500rpm)

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【短評】
フロントバンパーは交換タイプだけではなく、アンダースポイラータイプも追加設定された。

2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【短評】


2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限篇)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。