トヨタ、レクサスハイブリッドカーで「24時間レース」に参戦

2006.07.05 自動車ニュース

トヨタ、レクサスハイブリッドカーで「24時間レース」に参戦

トヨタ自動車は、2006年7月15日〜17日に行われる「十勝24時間レース」に、ハイブリッドカー「レクサスGS450h」で参戦することを、2006年7月4日に発表した。

トヨタが、ハイブリッドカーをレースに投入する。日本国内で唯一の24時間レース「十勝24時間レース」に「レクサスGS450h」で参戦することで、ハイブリッドシステムの性能アップを目指す。トヨタも「今後の市販車へ技術的なフィードバックを行うことが前提」と述べており、実戦で開発実験、というワケだ。

参戦グループとクラスは、「プロダクショングループ・P-1クラス(ハイブリッド/エコ)」。参戦車両は「デンソー・レクサスGS450h」。レクサスGS450hをレース仕様に改造したもので、エンジンとハイブリッドシステムを合わせたシステム最高出力は345ps、車重はスーパー耐久シリーズ特別規定重量の1550kg以上となる。ロールケージを備えることはもちろん、サスペンションやタイヤ&ホイール、機械式LSD、ブレーキなどのレース専用パーツを装着し、レースカーに仕立てた。

ハイブリッドカーのレース参戦は、これまでプライベートチームが行ったケースはあるが、ワークスチームが、しかも準国際格式のレースに参戦するのは初めてのこと。トヨタは、ハイブリッドシステムのモータースポーツにおける可能性についても、調査する予定だという。

(webCGオオサワ)

レクサス:http://lexus.jp/
スーパー耐久シリーズ公式ホームページ:http://www.so-net.ne.jp/s-taikyu/

トヨタ、レクサスハイブリッドカーで「24時間レース」に参戦の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る