「クライスラー300C」のワゴン「ツーリング」、ようやく登場

2006.07.05 自動車ニュース

「クライスラー300C」のワゴン「ツーリング」、ようやく登場

ダイムラー・クライスラー日本は、「クライスラー300C」のツーリングワゴン、「クライスラー300C ツーリング」を、2006年7月8日に発売する。

クライスラーのフラッグシップ「300C」に、ワゴンの「ツーリング」が追加される。セダンから遅れること5か月、2003年9月のフランクフルトショーで発表されたこのクルマ、当初は“欧州専用車”として位置づけられていたが、2005年の東京モーターショーでお披露目され、日本導入が明らかになり、このたび、晴れて日本に上陸することになった。
ラインナップはセダンと同様、3.5リッターV6搭載の「3.5」と、5.7リッターV8を積む「5.7 HEMI」の2種類。右ハンドル仕様で、価格はそれぞれ、541.8万円と646.8万円。セダンより25.2万円高い。

パワートレインはセダンと共通のツーリング、その特徴はもちろんワゴンボディにある。Aピラーより前はセダンと同じだが、リアサイドパネル、ルーフ、リアゲートはツーリング専用に一新された。

インテリアの質感などはセダンを踏襲しつつ、荷室の広さと使い勝手はワゴンならでは。フロントとリアシートの広さや快適性はセダンと変わらないが、リアシートを折り畳めば、セダンより25%広い荷室面積を確保。リアシート使用時の荷室容量は630リッター、折りたたむと1602リッターに拡大できる。
リフトゲートはヒンジが荷室より前にある“逆L字型”で、リアゲートがほぼ垂直に開くため、狭い場所でも開け閉めが可能だという。リアサスペンションはセルフレベリング機構を備え、重い荷物を積んでも車両は水平に保たれるなど、ワゴンならではの配慮がなされた。

HDDナビゲーションシステム、ボストンアコースティック製スピーカー6基、デュアルゾーンオートエアコンなど、快適装備はほぼすべて標準装備。安全装備として、ABSやTCS、ESP、数々のエアバッグを標準で備える。

アフターサービスの向上もニュース。300Cツーリングは新車保証(3年、または走行距離6万キロ)とアシスタンスサービス「24h フォー ユー」に加えて、新車登録から3年間の契約期間中、12ヶ月、24ヶ月点検やエンジンオイル、オイルフィルターの交換を規定回数、無料で行う「メンテナンス フォー ユー」が標準で適用される。あわせて、セダンにも同様のサービスが無料で提供されるようになった。

(webCGオオサワ)

クライスラー:http://www.chrysler-japan.com/

「クライスラー300C」のワゴン「ツーリング」、ようやく登場の画像

関連キーワード:
300Cクライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー300C SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2006.7.26 試乗記 クライスラー300C SRT8(FR/5AT)
    ……726万6000円

    ゴツさが人気の「クライスラー300C」にハイパフォーマンスモデルが登場。ただでさえ大きな5.7リッターOHVのHEMIユニットを6.1リッターまで拡大した心臓に、併せてチューニングされた足まわりを持つ。ゴツいだけじゃない、このクルマの真骨頂とは?


  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記