第269回:「ジャガーXK」日本初試乗
このカッコは“チーズの匂い”に通じる!?(小沢コージ)

2006.07.05 小沢コージの勢いまかせ!
 

第269回:「ジャガーXK」日本初試乗このカッコは“チーズの匂い”に通じる!?

 
 
第269回:「ジャガーXK」日本初試乗このカッコは“チーズの匂い”に通じる!?(小沢コージ)の画像
正直、2005年の東京モーターショーで見たときは「なんじゃこりゃ……」と思ってた、ニュー「ジャガーXK」。
正直、2005年の東京モーターショーで見たときは「なんじゃこりゃ……」と思ってた、ニュー「ジャガーXK」。

 

■外で見ないとわからな〜い

いやはや今週は久々の新車三昧だわさ。先週リポートした「スバル・ステラ」に始まり、同じく新型軽の「ダイハツ・ソニカ」に、3列シートクロカン4WDの「ジープ・コマンダー」、「マツダ・スピード・アクセラ」などなど。で、それらはまた後で報告するとして、なんと言っても注目は新型「ジャガーXK」!

なんせあの新生アストンマーチンを作った天才デザイナー、イアン・カラムがジャガーに移籍して作った第1作だからして。 現代のジャガーらしさ、ある種、“ダンディな大人のスポーツカー”像をどう表現しているのか。テーマはそこだ! なーんてね。

正直、モーターショーで見たかぎりは「……??? っていうか、このデザインで大丈夫?」って印象だった。でもクルマは外で見て、走ってみないと真価はわからない。俺はさっそく元アイドル・アシスタントのマノを連れて小淵沢へ向かった(マノについては、こんど紹介しま〜す!)。

 
第269回:「ジャガーXK」日本初試乗このカッコは“チーズの匂い”に通じる!?(小沢コージ)の画像
でも実物はよかった! インテリアの質感も高い。
でも実物はよかった! インテリアの質感も高い。

 

■実物はオーラを放っていた!

正直、「見た感じはモーターショーで見たよりいいじゃない!」だ。特にリアのグラマラスな造形はさすが。ちょっとアストン入ってるのは否めないが、それでも確実に違うフォルムで、文句ナシにカッコいい。特に中央道で後ろから見かけた時は、久々に「なんだアレ?」って存在感を放っていた。

そして乗るとこれがたしかにいい。率直に言って、前のXKは見た目以上に乗ると古臭くて、それはそれで悩ましいものがあったが、今回は新たに作ったという、セダンの「XJ」とも違うアルミボディが凄い。確実に剛性が高く、なおかつ軽さが伝わってくる。
それは特にステアリングフィールに出てて、走り出した瞬間、物凄く上質かつ微妙な味わいを感じる。個人的には、もっとビシバシ路面の状況を伝えてほしいが、コレはこれでジャガーらしさなんでしょう。

それからインテリアの質感が驚くほど高い。シートの本革を始め、ウッドパネル、ステアリングまわりの樹脂素材など、前よりワンランクもツーランクも上がってる。
で、それと共にスタイルもよく見えて来ちゃうんだよね。これはこれでいいか……なんて。

リアはメチャクチャ狭いっす!
リアはメチャクチャ狭いっす!
エンジンは4.2リッターV8。ちなみに06年6月30日、スパチャー付きの「XKR」が欧州で発表された。
エンジンは4.2リッターV8。ちなみに06年6月30日、スパチャー付きの「XKR」が欧州で発表された。
 
第269回:「ジャガーXK」日本初試乗このカッコは“チーズの匂い”に通じる!?(小沢コージ)の画像

 

■往年のデザインエッセンス

でね。要するに、見た目に「?」となる最大の問題はフロントマスクなんだよね。これは同様の意見を漏らす人も多いようだが、特にフロントのやや出っ張った大きなグリルとなみだ目ヘッドランプに違和感を覚えてしまう。
個人的には最初、ちょっとコイ(魚の)のクチみたいに見えちゃってね。うーん、なんかねぇ……という。

だけどクルマに乗り、さらにジャガースタッフに言われてハッとしたことがある。「これはまさにEタイプ、Cタイプ、Dタイプのエッセンスなんですよ」と。あの天才カラム氏もそう言ってたそうで、要するにヒストリック・ジャガーの韻を踏んでるのだ。
それからエンジニアリング的には歩行者保護の観点から、グリルの位置を下げられず、さらにボンネットを広くとらざるを得ない制約があったとか。

ま、制約はともかく、たしかにEタイプに感じるデザインの“クセ”というか“アク”は、新型XKにワザと残したよう。だからもしや、Eタイプを日常的に見慣れていない俺なんかは違和感を覚えるけど、見慣れてるイギリス人なんかは、新しいXKを見て懐かしさや“ジャガーらしさ”を感じちゃうのかもしれない。
いわばクサヤの干物の独特の臭みとか、ウォッシュ系チーズの匂いとかね。慣れれば気にならないどころか、逆に味わいすら感じられるという。それのデザイン版よ。果たしてこのカッコよさ、アナタはどう思うか? 今後、俺のなかでどう熟成されていくのか。もうしばらく見極めたいトコロですな。

(文と写真=小沢コージ/2006年7月)

 
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • アウディR8クーペ V10プラス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.12 試乗記 アウディスポーツのレーシングマインドを具現したスーパースポーツカー「R8」。いまや貴重ともいえる自然吸気のV10ユニットを搭載する4WDスポーツの実力を、あらためて富士スピードウェイで解き放った。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る